2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

バイクで日本一周してる女の子と仲良くなった話

 




1 :兄貴:2011/12/26(月) 07:34:55.31 ID:1cC3Eoi70
何年か前にバイク板の某スレに書いた話だけど、ヌクモリティに触れてるうちに ここのみんなにも読んでもらいたくなったから立てた。



3 :名も無き被検体774号+:2011/12/26(月) 07:39:19.92 ID:DP/9YheF0
お盆休みにバイクで北海道をツーリングしていた時、同じくバイクで日本一周していたオニャノコと仲良くなった

リーマソの漏れは仕事の為 すぐ地元に帰ったが別れ際に必ず会いに行くから必ず会いに来いよと約束して別れた

二ヶ月後 約束は果たされ再会し

もー燃え上がった燃え上がった( ̄ー ̄)

でもオニャノコは旅の途中だからと涙涙でお別れし、その時は敢えて何の約束もしなかった。

あれから何年前だか数えないとわからなくなるくらいの時間がたち、お互い別のパートナーと結婚して幸せにやっている。


今は年賀状のやりとり程度の付き合いだが お互い元気でバイクに乗れてて何よりだ

では以下kwsk行きます



4 :兄貴:2011/12/26(月) 07:42:42.72 ID:DP/9YheF0
当時は二人とも二十代半ば、ニセコのキャンプ場で隣どうしだったのがナレソメ



東北の地方都市出身在住、生産技術職。

見た目はエンセン井上にクマ髭。

175センチ75キロ。

バイクは同い年のシャベルローライダー


日本一周ムスメ

火の国の女、素朴な原沙知絵て感じ。


高校までバスケやってたそう、身長173センチ、太ってはいないがゴツイ。

旅に出る前は信金の窓口係だったらしいが、ストレスで自律神経失調になり辞めたそうな。

バイクは過積載のXR250バハ、女が乗ってるようにはとても見えん。




6 :兄貴:2011/12/26(月) 07:45:12.51 ID:DP/9YheF0
俺は夜中発のフェリーで朝五時頃 函館に着き、日本海側を北上しながら何年かぶりのホカイドーに感動していた。

天気は快晴、言う事なし。海も山も底抜けに青い、行き交うライダーとピースを交す交す。

バイクは この春手に入れた、念願のシャベルローライダー。

ちなみにフルストックだ、カスタムには ほとんど興味がない。

タンデムシートに防水バッグ、中身は最低限のキャンプ道具と下着の替え。

後は酒とツマミのカワキモノ、ツーリングマップル北海道。

弁慶やら親子クマーなどを冷やかしつつ、昼過ぎになったら眠くなってきたので寝床を探すことにした。

オンボロシャベルにあまり無理もさせられないしね。

何と無く辿り着いたキャンプ場には、連泊らしきファミキャンがひと張り居るくらい。

まあまだ午後三時前だからな、そのうち増えてくるでしょ。


受付を済まして荷物を降ろしていると、サイトの奥に小さいテントがあるのに気が付いた。サイズからしてソロに違いない、恐らくはバイク乗り連泊者だろう。

少し考えて十メートルくらい離してテントを張り、近くの温泉で汗を流し缶ビールのプルタブをカシュンとね。

テントの中で横になっていると急に眠くなり、日が暮れる位まで一眠りする事にした。


二時間くらい寝ただろうか、起きると 周りの様相が一変していた。大小様々なテントが林立し、炊事場は順番まちしてるような状態だ。


ありゃー参ったなと思ってたら、最初からあった隣のテントの住人が帰ってきている事に気が付いた。

どうやら女性の様だ、スラリとした長身で、美人と言ってもいい位の外見だ。しかも何だか逞しいぞ、トゥームレイダーに出てるあの人みたいだ。


目が合ったので取り合えず会釈をし、俺の方から歩み寄って挨拶をした。

誓って言うが、この時点で下心や期待みたいなモノは全く無い。ソロキャンパー同士の仁義と言うかマクラと言うか、社交辞令みたいなもんだ。


でもこれが出会いだったんだよな、この時が二ヶ月後の別れまでの短い恋愛?の始まりだったのでした



7 :名も無き被検体774号+:2011/12/26(月) 07:47:52.79 ID:RYOnUC5a0
これは、wktkだが。仕事が始まる....orz


8 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 07:51:39.04 ID:DP/9YheF0
とりあえず当たり障りの無い挨拶を交わす、お互いにスマイル0円で掴みは おkってな感じ。

向こうも旅なれた感じで、適度な距離感と旅人同士の親近感が絡み合って、いい出会いの予感がした。

俺『こんにちは、混んで来ましたね』

ララクロフト『そうですね、私はここ三泊目なんですけど、昨日あたりから急に増えてきて』

俺『お盆ですからね、まあこんなもんでしょ』

ララクロフト『トヨタ関係がいっせいに休みになったからかなって、今朝誰か言ってましたよ、どちらから来られたんですか?』

俺『俺?、昨日の夜うちを出て今ここで・・・みちのくから一人旅ってとこかな?ww』

ララクロフト『じゃあ名前は山本譲二さんですねww』

俺『俺演歌歌手かYO!まあいいよ譲二で。それであなたはどちらから?』

ララクロフト『じゃあ・・・当てて見てください、ヒントはね・・・あたしは冬美、坂本冬美かな?』

俺『坂本冬美って言ったら・・・火の国の女かな、じゃあ熊本?』

ララ『火の国の女、舐めたらいかんばいw』

〜その後 本名も名乗りあったが、ここからは譲二(俺)と冬美で行こうと思います〜

ちょww舐めたらいかんばいってwww

舐めるも何も会ってまだ十分www

まあ空気読むとドラマか映画か、歌の文句なのだろう。

ノリのいい子なのでこのノリを壊したくない、控えめな大笑いで誤魔化した俺GJ



9 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 07:54:38.88 ID:DP/9YheF0
その後 自れで飯をに食おうってにな、二で連麓の町ま一緒に買い物かけた

スカンだ、やっり。こは道だしこんな旅のハの日ジンギカンで決りだ

俺は革ブルジャン、半分ったエ金髪に近い茶髪ににー髭

うみてもハ珍です本当に(r

れに対して冬美は靴はガエルネ下赤FOX、ッキバイザーのVFX-Rにトイリー玉?柄のステーキトがバッチリ似合っる。

バイXR25BAJA、の子が乗るにはきすぎる気も長身の冬美アンコ抜きなせずに堂々と跨っ

実は俺もドベルーライダーの二のだ、レ珍にて鈴者です本当ry

さてそ備とち居振るから、冬美のバイ対す本気度すぐった。この女只モンじねえ・・・・、なんちゅう男前w、ます興味が湧いてきた。



10 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 07:56:04.86 ID:DP/9YheF0
あ、初にバイク板にたもんだから専門用多くてだと思うけど、適当脳内補完て理

わかんなから質問おなゃす



11 :二兄貴:2011/12/26(月) 07:57:29.49 ID:DP/9YheF0
ダー珍し無い土地柄時候でレ珍とFOXねーちゃんのわせはナカナカ珍しいのあろう

農協ストアの店内で、レジのーちゃんい物おばちゃんン見しているw

冬美『私、何か立っているというかているいう

キニスンり腹減から早く帰って肉焼くぞク!』

冬美『菜もちゃ食べないダメでYO!、それと生ラムのレは空知ベルどっしますか?』

俺『何それ?まあどっちでもおk、肉とえあれば何でいいお(^ω^)』

『だから野菜もちゃんと小一時間(


買ったのは生ラムが五百グラム350缶6パックのクラシッ、キャツがひと玉w、色々入ったカッ野菜ベル生ラムのレ。

サイトに帰ると俺と冬美ントの間にテント増えている、はとも明らかなですw

レ珍が3とラフト似のFOXねゃん、当たり前のように四人宴を催すとになりたw

りないという事でレ珍と二号が新たに買貿に出け、てきてンギスカ始まっ退八時過ぎ。

冬美持参の庭用フイパくって、とにかく喰う喰う、ビールガあっという間にビールくなる。




12 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 07:58:44.14 ID:DP/9YheF0
ビールがなくなったが、もう補充の手段がない。

ここには売店も自販機もない、ここは俺の秘蔵の・・・まあ そんなに大袈裟なもんではないが。

防水バッグから紙パックの芋焼酎を取り出し、皆の前にドンと置く。

ちなみに一升サイズの紙パックだ、黒霧島だかさつま白波だかだったと思う。

今ほど芋焼酎がメジャーでなかったからか、ハレ珍1号2号は怪訝な顔。

だが火の国の女は目を輝かせていた、やはり本場の人だからかね。

冬美『凄い!、これ頂いてもいいんですか!?』

俺『どーぞどーぞ、ご馳走しますよ』

冬美は大喜びだが他の二人はちょっと引き気味、あんまり酒が好きな方では無いみたいだ。

嫌がる人に酒を強要する趣味はないので、自然俺と冬美の呑み比べの様相を呈してきた。

うーんさすが火の国の女、男の中でもかなり強い部類に入るであろう俺相手に全く負けていない。

いや、酒ウェイトレシオでは俺が負けてるかも(´Д`)

あまり酒が得意でない1号2号は途中でダウンしたが、俺と冬美は一升の芋焼酎が全て無くなるまで呑み続けた。

馬鹿騒ぎするでも絡むでもなく、泣いたり怒ったりもしない。あまり立ち入った話はしなかったが、八幡平がいいとか阿蘇が素晴らしいとか。肉の脂でテカった顔で目を輝かせ、語る語る俺と冬美。

うーんいい酒だったな、今思うと最初にフラグが立ったのは この時だったか。



13 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 08:00:28.22 ID:DP/9YheF0
気が付いたらキャンプ場は皆寝静まっていて、起きているのは俺と冬美だけ。

俺『おっともう十時半か、そろそろ歯磨いて寝るか〜』

冬美『そうですね、今日は本当にご馳走様でした〜、また明日〜』

俺『おう、んじゃね〜、さて流しに逝って歯磨き歯磨きっと、』

冬美『待って下さい〜、あたしも行くから』

そう言ってゴソゴソとテントに歯ブラシを取りに入っていったのだが、五分経っても出てくる気配なしw

ついに潰れたかwやっぱりかなり酔ってるなー、でも入り口もちゃんと自分で閉めてるし、まあ大丈夫でしょ。

なるべく物音を立てない様に、フライパンやコッフェルを体でも食器でも洗える液体石鹸で洗い、水を切ってテントの前室に置いた。

こういうのは翌日に持ち越したくない性質なのだ、歯を磨いて脂でテカった顔も洗ってオヤスミナサイ・・・・・・。


朝七時頃起きたら1号2号がパッキングを始めていた、もうお別れだ、寂しいけど旅だしね、仕方ない仕方ない。

来春に東北で行われる某バイカーミィーティングでの再会を約束し、2人と携帯アドレスを交換して別れた。

(この2人とは今でも連絡を取り合って、あちこちのミーティングで酒を飲む仲だ、旅っていいね)



14 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 08:02:30.57 ID:DP/9YheF0
1号2号のサンダーヘッダー×2の爆音が遠ざかり、駐車場にはポツンと俺一人。

さーて、俺も出かけるかね、その前にコーヒー沸かして、と。そんな事を思ってたら 冬美が駐車場にやってきた、潰れていたわりには早起きだな・・・。

冬美『おはようございます、昨日は楽しかったですね、次は私がおごりますからね〜』

俺『おーありがとう、でも俺これからすぐ移動するからよ、また縁が有ったら、な』

冬美『え・・・もう行くんですか?、そうですか・・・それでどこに?』

俺『おー、あんま時間も無いし、ボロバイクにあんま無理させたくないからな、奥尻にでも行って二、三日ノンビリしよかと思ってんだわ』

冬美『奥尻とはまた渋いですね、ハーレーなんだから道東とかの方が楽しそうなのになんでまた?』

俺『まあ、なんとなくね、じゃあ俺もう準備すっから、ここでお別れだな』

冬美『そうですか、じゃあ、気をつけて行ってくださいね・・・』


そういって小一時間でパッキングと朝飯を済ませ、サンダル履きの冬美に手を振って奥尻に向かった。

少し寂しい気もするけど、いつもの事だ、なんてこたーない、真っ直ぐ前を見てトップギアに入れて前に進むだけだ。

ズパ、ズパパン、ズパパパパパアアアアンン!(シャベルの音)、あ、しまった、アドレス交換してなかったorz

折角仲良くなれたのになあ、まあいいか、遅れそうになりつつもギリギリで何とか船に乗れた。

夕方には小高い岬のキャンプ場(無料)でテントを張り・・・・盆だっちゅーのに俺一人だったorz



15 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 08:08:09.12 ID:DP/9YheF0
奥尻最初の夜は一人キャンプだが、一人でもネイチャーストーブの火を見ながらウイスキー飲んだり。

まあ少し寂しいのは いなめないが、携帯もテレビも何もない夜もなかなか乙なもんだ。

自然と早寝して早起き、ゆっくり朝飯を食ってインスタントコーヒーをズルズルと飲む。

小一時間で一周できるくらいの島だが、あちこち見ながら半日かけてまわった。

トコブシ入りのシーフードカレーで昼飯を済まし、午後からは津波の記念館だか資料館だかを見学することにした。

一通り見学して、順路の最後にあった子供の作文を目を真っ赤にして見終わった後、再びローライダーに火を入れて走り出し、青い空と若干荒れ模様の海を見ながら当ても無く適当に走った。

気が付いたらフェリー乗り場にバイクを停めていた、情けない話だが人恋しくなって居たのだろう。

とにかく人がたくさん居る所に居たかった、見知らぬ他人しか居ないと分かっていても。

丁度今日最後の船が着く時間だったのだろう、お盆時期の奥尻港は それなりに賑わっていた。

道東だの函館だのの賑わいには比べられないが、バイクも何台か停まっているのが見える。

といっても三台くらいかwww、ヤマハのテネレと、カワサキ色のSSと、トンボみたいなライトのオフ車・・・・んんんんええええ!!!!?

あの過積載のバハは・・・いやまさかね、奥尻島の〜奥尻港で

〜こんな場所に居るはずもないのに〜www



16 :譲二兄貴:2011/12/26(月) 08:10:08.01 ID:DP/9YheF0
桜木町だろうが何処だろうが居るはずもないのだが、どうやら冬美その人が居るようだ。って言うか、奥尻逝くって有言実行してるから、当たり前といえば当たり前。

周りを見渡すと、土産物屋の店先で上下赤のFOXハケーン!

もう間違いないわ、とっくに俺の存在に気付いチラ見しているみたいだが、何故だか気付かないふりをしている様だ。

うーんどうすっかなー、こっちから行くべきか、来させるべきか・・・俺も冬美もアホかww、さっさと声掛けよっと。

バイクを停めて最短距離で冬美に近づき、挙動不審なFOX 女に声を掛けた。


俺『おう、奇遇だな、こんなとこで何してんだw』

冬美『あっれ譲二さん何でここに そういえば奥尻逝くって行ってましたね 忘れてました あたしも気が向いたんで来て見たんですけど』

俺『昨日の朝言ったこともう忘れんのかよw、まだ芋焼酎残ってんのか?www、それに なんで一息に喋ってんだよwww』

冬美『あたし、べ、別に譲二さんが居るからって来たわけじゃないですYO!』

うっはwwwツンデレktkrwww

俺『まー何でもいーよ、今からキャンプ場探すのマンドクサだべ、俺がテント張ってる場所案内するから付いて来いよ』

冬美『わたしまだキャンプするって決めたわけじゃないですYO!、温泉が近くにある所じゃないとキャンプしたくないんです』

俺『温泉が近くにあるキャンプ場って、この島じゃ自動的に俺が居る場所しかねーんだよ、昨日 観光案内所で聞いたから間違いないYO〜』

冬美『そうなんですか!じゃあ仕方ないかな、・・・・付いていっていいですか』

俺『何だよ その仕方ないって、人に物頼むときの心遣いに付いて小(ry』

冬美『・・・・・スミマセン、連れて行って下さい、おながいします。』


多少の脚色wwはあるが、こんな風に最初の再会を果たした俺と冬美。

この時の俺、もう冬美に惚れかけてたな、間違いない。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 胸キュン, すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様