2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ある日突然敷地内に引っ越してきた嫁

 




969 :名さん@おぱい2010/01/20(水) 23:43:56
いなそうだけど書こうとう。

つもロム専だけど、ちょたら一回の結婚記なもん記念に


初に出会たのは俺が学校六年生で、二年生だったと思う。

の家業が失結構借金背負って一家頭に迷ているの高校の先輩だうちの親父が世を妬くこになのが会いのきっか

借金はわりして、無にするからゆっくり返済しろ、うこになったようだ

んでうちの実家でも会社経営しそこで働借金を返せばいいと。

らにもなくした嫁家族に敷地内にあった蔵?貿なの装して住めるようして格貸したり。

ーよくやるわちの、と

まあそのおげで嫁を出会ったどもね



で、日突然稿地内に引っ越してきた嫁。

げー明る拶をかましてくるもだから今記憶に残って

くに世代がいな鄙なところにんでいたって、学校から帰ると嫁とよ

には弟と妹いるんだが、三兄弟が四兄弟になっじで、ごい仲がよった



特に妹士で同こともあとに姉妹じゃ ってくらい仲良

中学まは学校がと近かのもあっあ相をしんだけど、高校になると電車で少しくまきゃ行けなかったから便減っいっ

ちなに俺だけ高違っていて、弟と妹と嫁は緒の

も時期三年のとき妹一年で被ってて、時々四まることがあるちょっとだ疎外感をことあった(まあ気のせど)


というか弟はフラブ? みたいなのがるくイケメンなのよなデブサイクを好になったのかがいまだに謎

況考えると弟うに惹かれそうなもんなんだけど

いわ「弟ちゃぜかと弟をゃん付けで呼ぶ)っこいいけど頼り

ゃんはがっちりるし、何かい安心する。

ど不細工じない?」しい。

聞いたと殿正直テンあがった。

まあそんなこんなで俺が大卒業すまでは特に何もなかっ

は彼女とかがことく、のまからびて死んいくんだ思っていた。




971 :969:2010/01/21(木) 00:12:58
読みにくかったらすまん。飛ばしてくれていいです。続き。

大学は県外の大学に行ったが、地元にはあまり帰らなかった。

親も俺はほうっといても生きてると思っていたらしく、かえって来いとはあまり言わなかった。

時々帰ると決まって嫁実家のほうの夕飯に誘われた。

こっちの家族総出で嫁家(徒歩三十秒)に行き、うまい飯を食わせてもらった。

借金を肩代わりしているとか、されているとか、そういった優劣関係はまったくなかった。

ほんとに家族ぐるみで仲がよかった。



そんな幸せな家族づきあいが、嫁の親父さんの事故で一変した。

そろそろ冬かという寒い日、雪が積もっているなか、会社から帰宅中の嫁父を雪でスリップした乗用車が轢いたらしい。

結構なスピードが出ていたらしく、頭の打ち所も悪かったのもあってか即死だったようだ。

その話を聞いたのはその日の夜で、次の日の始発で実家に帰った。

うそであって欲しいと思ってた。まるで自分の子供のように俺を可愛がってくれた親父さんだったから、すごいすごい悲しかった。

ただそれ以上に嫁の悲しみようはすごかった。もともとお父さん子だったからか(思春期特有の反抗期もとなかったらしい)病院でも、通夜でも、葬式でもずーっと泣いていた。


嫁のお袋さんは強い人で、涙を見せずに毅然と喪主を務めていた。

そんなお袋さんには頼れず、嫁は泣くときはずっと俺のそばで、時々手を握ってきたりしながら泣いていた。

妹は妹でまたずーっと泣いてて、弟も呆然としていた。

お袋も沈んだ顔をしてたし、親父は無表情に何か言いたげに遺影を見つめていた。

とにかく家中が暗くなった。


俺はというと、講義もバイトもあるし大学に戻らなきゃいけないのは分かっていたが、戻るのはなんとなくためらわれた。

泣き続ける嫁が心配だった。なぜか俺がそばにいてやらんと、とか使命感が出てきていた。

二週間くらい実家にいて、その後自分のマンションに戻った。

その二週間の間嫁は夜になると俺の部屋に来て、ずーっと何も言わずに過ごして、日付が変わるころに自分の家に戻っていった。

マンションに戻る日は「行かないで」って言われて正直心がぐらついたが、「すぐにまた来る」といって実家を後にした。







974 :969:2010/01/21(木) 00:33:30
それからは頻繁に帰るようにした。

嫁も段々だが昔のように笑うようになってきていた。


が、そこからまた別の問題が浮上した。

嫁が大学に行かずに働くと言い出したのだ。

もともと学校の先生になりたいと夢を言ってて、県内屈指の進学校でも成績がよかった嫁だったが、父がいなくなり母に負担がかかることを気にしたようだった。

生活費なんかは絶対にうちに頼ろうとはしなかったので、母子家庭で母の収入だけでは辛いと考えたのだろう。

結構な長い期間、親子で言い争いをしていたと思う。

親父さんが亡くなったのが高校一年の冬のときで、高校二年の進路希望調査のときにはすでに働くと心に決めていたらしい。

嫁母がどれだけ説得しても折れないのをみて、とうとう説得の鬼のうちの親父が動き出した。

たった二回の話し合いで嫁陥落。

どういう説得の仕方をしたのかは教えてもらっていないが、その話し合いのあとであったときに

「俺ちゃんのお父さんにはかなわない」といってたので納得はしたんだとおもう。

そんなこんなで大学に行くことになった嫁。

もともと頭のいいこともあって、まったく問題なく大学には受かった。

なぜか俺の大学のある県と同じ。というか俺の大学とすごい近い。


俺はというと、卒業したあとは実家の家業を継ぐ前に外で修行をしようと、今住んでるマンションから割りと近い企業に就職することになっていた。

たぶん、そこを狙われたんだと思う。

二月末だったかな、急に実家から電話がかかってきた。

すげー酔っ払った親父からだった。


父「おう、元気か。お前今度住むマンションはどうすんだ」


俺「え、学生時代と同じだよ。なんで?」


父「あそこ狭いだろ。べつんとこにしろ。

今な、○○さん(嫁母)と話してたんだけど、

もっと広いところ借りてお前嫁ちゃんと住め」


俺「……え? 馬鹿じゃね? なんでだよ」



嫁は教育学部希望だったんだが、うちの県ではまともな教育学部のある大学がなくて、嫁の実力だと県外になる。

で、どうも嫁母は娘の一人暮らしが心配でしょうがないと。

たまたま俺が一緒の県だし、確か就職先が学校からも近いからもし俺さえよければ面倒を見てやって欲しい。

もちろん家賃も生活費もこちらの分は出すとのことだった。



972 :名無しさん@お腹いっぱ:2010/01/21(木) 00:14:07
いるぞ!一周とう!!



973 :名無しさ@お腹いっぱ。:2010/01/21(木) 00:25:43
>>969
見ています。気に待っいます。





975 :969:2010/01/21(木) 00:43:41
>>972
りがとう! ぶっちゃけ誰も見ないだろルタムでと思って、書き溜めてな。遅く

>>973
ありがう! んばる!



続き。

どううつもりなのか分からかったね。

て仮にもの部自分の娘を押し込もうって言話だ、俺いう扱いなんだよ

親父と電話してるとがてと代わることになた。


母「俺ちゃん急話でめんねんと緒ならおばさごい安心できるんだけど」


「えっと、応男ですけまずいですよね」


嫁母「なに、うちを女としてみてる ー?」


俺「いや、ことじゃてあいつだっ頃だ、一緒に生活するは限界ます


嫁母「、も子は承して


俺「え?


聞けばかな承諾ではないが、俺となら一緒でもいいかなーとかたらしい。アホすぎるった。

々断る理したが、親父に口で勝てるけな、遠ま空気みたな雰囲気になってきたのでやけくそでした。

一週間後緒に部屋を探していた

まあ正直いなもんだ間違いは起こらないだう。

むし後のを考えたら起こないろうと

は思っ



自体はすった。引越しの日りも無事にまった

三月の終わりには二人の同生活が始まった。




977 :969:2010/01/21(木) 01:04:26
嫁は最初
「ごめんね、うちの親が変なこといって」と謝っていたが、俺と一緒だと安心できるから許してくれてよかったって喜んでいた。

嫁としては、俺の近くに住めば何かと頼れる程度に考えて大学を選んだらしいが(どんな動機だよ)

まさか一緒に住むことになるとは思っていなかったようだ。


そんなこんなで同棲が始まってしまったわけだが、最初はやっぱりギクシャクした。

だって下着とか洗濯機の中で見つけちゃったりしてたしね。

当時童貞だった俺には正直そういうのは拷問だったが、ここでいろいろな信頼を裏切るわけには行かないと理性全開でのりきった。


段々この生活にも慣れてきたころ、半年後くらいだったかな。

嫁がサークルの飲み会に行ったきりなかなか帰ってこない日があった。

いつもなら早々に帰ってくるか、遅くなるなら連絡が必ずあるんだが、その日はなんもなかった。

まあ子供じゃないし、とおもって放っておいた。心配だったけど。

十二時回ったころに、携帯がなった。

嫁の携帯からだった。

が、出てみると嫁ではなかった。

嫁の友達と電話相手は名乗り、嫁が酔っているので迎えに来て欲しいということだった。

場所はマンションから近かったので、すぐにむかった。


嫁友「あ、嫁ちゃんの彼氏さんですか?すいません、飲ませすぎてしまいました」


俺「ああ、いいよ、こういうのは自己責任だから」


嫁友「酔いさめてから帰そうと思ったんですけど、ちょっと今日の飲み会に危ないのがいたんで」


俺「あー…危ないのってお持ち帰りとかそういうの?そうなんだ、ありがとありがと」


嫁友「嫁ちゃん、彼氏がいるって言ってるのに危なかったんですよ」


彼氏彼氏ってほんとは違うんだけどなー。とかおもいつつ、嫁を負ぶって帰った。

その帰り道。


嫁「ねー、俺ちゃん、彼氏って否定しないんだねー」


俺「あ、おきてたのかお前。重いから降りろ」


嫁「やー!」


とかいいながらすごい首筋に抱きついてくる。正直、女の子に体押し付けられるとかないから、興奮した。平静装ったけど。


嫁「ねー、俺ちゃんは彼女は作らないの?」


俺「てめー、けんか売ってるのか。俺みたいなのが作れるわけないだろ」


嫁「えー、結構いい男だよー?」


俺「酔っ払いに言われたってうれしかねぇよ」


嫁「えー」





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:純愛, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様