2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
職場の新年会でマワされちゃいました
 
ブラック会社の最高経営責任者になった
 
学年一ブサイク女に恋をした
 
全裸の女を拾った
 
妻が浮気をして、3人の子供を置いて間男に元へ行ってしまった。借金も発覚した。
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
嫁に13年も裏切られり続けていた。汚嫁は自殺を計ったが、俺は徹底的に復讐する事を誓った。
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
汚嫁と間男の結婚前からの関係が発覚子供も自分の子ではないらしい。週末から本格的に戦闘開始する。
 
9年間にもわたるメンヘラとの戦いを書いていく
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
偶然、嫁の本音を聞いてしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
バイクで日本一周してる女の子と仲良くなった話
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
山でありえない体験をした話
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
同僚に寝取られた嫁が調教にハマってしまっていた
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

喪失








わたしが昔、体験したことを書き込みます。

当時のことはまだ誰にも話したことはありません。気軽に話せることでもありませんし・・・。

かなり暗い話になると思いますが、ご笑読ください。


当時、わたしはちょうど五十歳でした。

妻の寛子は一回り若く、三十八歳。

晩婚だったため、子供はひとりで幼く、幼稚園に通う娘がいました。

わたしたち夫婦はエヌ市で個人商店を開いていました。

わたしは商品の仕入れ先や、お得意様を回るのに忙しく、店のほうは妻の寛子にまかせっきりになることも多かったのですが、なにしろ、まだ幼児の娘を抱える身なので大変です。

幸い、当時は経営状態もわるくはなかったので、わたしたちは相談して、手伝いのアルバイトを募集することにしました。

その募集を見て、ひとりの青年がやってきました。

須田勇次(仮名)という名の、いまでいうフリーターで、二十歳をすこし過ぎたくらいの若者です。

いまはフリーターとはいえ、勇次は見た目も清潔で感じもよく、はきはきと喋る快活な男でした。

もとは名門と呼ばれるH大学へ通っていたけれども、イラストレーターになるという夢のために中退し、いまはアルバイトをしながら、夜間の専門学校に通っている。

後になって、彼はわたしたちにそう言いました。


わたしたちはすぐに彼を気に入り、雇うことにしました。

勇次は、わたしが外に出る月、木、金曜日に店に来て、店番やらそのほか色々な雑務をすることになりました。


最初は何もかもが順調にいくように思えました。

勇次を雇って二週間ほど経った頃、彼について寛子に聞いてみると、

「店の仕事は熱心にするし・・・愛想もいいから商売に向いているみたいです」

「そうか。名門を中退してでも夢を追いかけて、夜間学校へ通っているくらいだからな。今どきの大学生みたいなボンボンとはちがって、ちゃんと仕事への気構えが出来ているんだろう」

「そうですね・・・ああ、そうそう、この前なんか彼、仕事が終わって下宿先へ帰る前に、

<奥さん、なんか家の仕事でおれにできることがあったら遠慮なく言ってください>

なんて言うんです。

ちょうど雨戸のたてつけが悪くて困ってたものですから、勇次君にお願いして直してもらいました」

「ほう。寛子もなかなか人使いが荒いな」

「いや・・・そんなこと」

「冗談だよ」

そんな会話をして、夫婦で笑ったものです。



そのときはやがて訪れる破滅のときを知りもしないで、遅くにできた愛する娘を抱え、わたしたち家族は幸せでした。


--------------------


勇次を雇って二ヶ月ほど経った頃のことです。

その日、妻は外出していて、わたしが店番をしていました。

わたしがいるときは、勇次は非番です。

近所で電気店を経営している金田さんが、店に入ってきました。

しばらく雑談をしていると、彼が急に妙なことを言い出したのです。

「この前の木曜だが、どうしてこの店閉まってたんだい?」

「木曜・・・何時ごろのことです?」


「さあ・・何時だったか・・昼の二時くらいだったと思うがなあ。

ちょっとうちを出て、この店の前を通りがかったときに、店の戸が閉まっているのが見えたんだよ。

中を覗いてみたけど、誰もいなかったような・・・」

(おかしいな・・)

わたしは思いました。

昼の二時といえば、まだ娘を幼稚園に迎えにいく時刻でもなく、店には妻の寛子と勇次のふたりがいたはずです。

どちらかが何かの用事が出来たにしても、残るひとりは店番をしているはずです。

妻からは何も聞いていません。

金田さんは何事もなかったかのように話題を変え、しばらく雑談しましたが、わたしの頭は先ほど引っかかったことを考え続けていました。


その夜、わたしは居間でテレビを見ながら、台所で忙しく食事の用意をしている妻に、何気なさを装って尋ねました。

「この前の木曜の昼に、店の前を通りがかった金田さんが、店が閉まっているようだったと言ってたんだが・・・何かあったのかい?」

「ああ・・・はい、娘の具合がわるいと幼稚園から連絡があったので、勇次くんに車を出してもらって、ふたりで迎えに行ったんです」

「聞いてないな」

「たいしたことはなく、結局、病院にも行かずじまいだったので、あなたには・・」

妻は振り向くこともせず、そう説明しました。

わたしはきびきびと家事をしている妻の後ろ姿を眺めながら、ぼんやりと不安が胸に広がっていくのを感じていました。

心の中では、妻の言うことは本当だ、と主張する大声が響いていたのですが、その一方で、本当だろうか、とぼそぼそ異議を申し立てる声もあったのです。 

結婚してからはじめて妻に疑いをもった瞬間でした。



もし、寛子が嘘をついているとして、それではそのとき寛子は何をしていたのか。

一緒にいた勇次は? 

まさか・・いや、そんなはずはない。

妻と勇次では年が違いすぎる。

心の中では嵐が吹き荒れていましたが、顔だけは平然とした表情でわたしは妻を見ます。


妻の寛子は、そのおとなしい性格と同様に、おとなしい、やさしい顔をした女です。

どこかにまだ幼げな雰囲気を残していましたが、スタイルはよく、特に胸は豊満でした。

年甲斐もないと思いながら、当時のわたしは週に三日は妻を抱いていました。

とはいえ、妻の魅力は野の花のようなもので、誰にでも強くうったえかけるものではない。

わたしが惹かれるように、若い勇次が妻の女性に惹かれるようなことはない。

わたしは自分にそう言い聞かせました。


--------------------


そんなある日のことです。

妻は体調がすぐれなそうだったので、滅多にないことでしたが、わたしが娘を幼稚園に迎えに行きました。

そのとき、幼稚園の先生から妙なことを言われたのです。

「昨日は奥様はどうなされたのですか?」


「え? 何かあったのですか?」

「えっ・・・ああ、はい。

昨日は普段のお迎えの時刻になっても奥様が来られなかったのです。一時間遅れでお見えになりましたが、娘さんは待ちつかれておねむになってました」


「・・・そうですか・・・あの、つかぬことをお伺いしますが、この前の木曜に娘が具合が悪くなって、妻が迎えに来たということはありましたか?」


「・・わたしの記憶にはありませんが・・奥様がそう仰ったんですか?」


「いえ、違います。なんでもありません。すみません」

わたしはうやむやに打ち消して、娘を連れ、家路につきました。

ぼんやりとした疑いが、はっきりと形をとってくるのを感じ、わたしは鳥肌が立つ思いでした。

妻は間違いなく、嘘をついている!

そのことがわたしを苦しめました。


これまで夫婦で苦しいときもつらいときもふたりで切り抜けてきました。

店がいまの形でやっていけているのも、妻の内助のおかげだと思っていました。

その妻が・・・。

嘘までついて妻は何をしているのか。



わたしはそれを考えまいとしました。

しかし、考えまいとしても、脳裏には妻と・・・そして勇次の姿がいかがわしく歪んだ姿で浮かんでくるのです。



「店長!」

いきなり声をかけられて驚きました。

勇次です。

わたしと娘の姿を偶然見て、駆けてきた、と彼はわらいました。

「いま、学校へ行く途中なんです」

勇次はそう言うと、娘のほうを見て、微笑みました。

娘も勇次になついています。娘と戯れる勇次。

しかし、ふたりを見るわたしの表情は暗かったことでしょう。

ただ、いまの勇次の姿を見ても、彼が妻と浮気をしているなどという想像はおよそ非現実的におもえました。

むしろそのような不穏な想像をしている自分が恥ずかしくおもえてくるほど、勇次ははつらつとして、陰りのない様子でした。

「どうしたんです? 店長。具合でもわるいんですか」

「いや、何でもないよ・・・ちょっと疲れただけさ」

「早く帰ってゆっくり休んでくださいよ・可愛い奥さんが待ってるじゃないですか」

「何を言ってるんだい、まったく」

わたしはそのとき、勇次とともにわらいましたが、背中にはびっしりと汗をかいていました。


--------------------


わたしが幼稚園へ娘を迎えに行き、先生の話から、妻への疑惑を深めたその夜のことです。

ちくちくと刺すような不安と、爆発しそうな憤りを抱えながらも、わたしは妻を問い詰めることは出来ませんでした。

何も喋る気になれず、鬱々とした顔で風呂に入り、食事をとりました。

妻は、もともと口数の少ない女ですが、その日はわたしの不機嫌に気づいていたためか、ことさら無口でした。

ところが、寝る前になって、妻が突然、


「明日は、昼からちょっと外へ出てもいいでしょうか」と言いました。

明日は水曜なので、店番はわたしと妻で務める日です。

「どうして? どこかへ行くのか?」

「古いお友達と会おうかと・・・」

なんとなく歯切れの悪い妻の口調です。

妻を見つめるわたしの顔は、筋肉が強張ったようでした。

(あいつに会いに行くんじゃないのか・・・!)

わたしは思わずそう叫びだしてしまうところでした。しかし、そんな胸中のおもいを押し殺して、

「いいよ。店番はおれがするから、ゆっくりしておいで」

そう言いました。

そのとき、わたしはひとつの決意をしていました。



「幼稚園のお迎えの時刻までには帰ってきます」

そう行って妻が店を出たのは昼の一時をまわった時刻のことでした。

わたしは普段と変わらない様子で妻を見送り、妻の姿が見えなくなると、すぐに店を閉めました。

そして、わたしは妻のあとを、見られないように慎重につけていきました。

妻はわたしに行くと言っていた駅前とはまるで違う方向へ歩いていきます。

十五分ほど歩いた後、妻はある古ぼけたアパートに入っていきました。

前夜、わたしは勇次の履歴書を取り出して、彼の現住所をメモして置いたのですが、確認するまでもなく、そこは勇次の住むアパートでした。

しばらく、わたしは呆然とそのアパートの前で立ち尽くしていました。

が、こうしてばかりもいられないとおもい、震える手で前夜つけたメモから勇次の部屋番号を確認した後、わたしは中へ入りました。

胸中は不安と絶望、そして怒りでパニック状態でした。

これからもしも浮気の現場を押さえたとして、わたしはどう行動すべきだろうか。

勇次を殴り、妻を罵倒し・・・その先は? 

これで妻との生活も終わってしまうのだろうか。

家族はどうなってしまうのだろうか。

わたしの胸はそんなもやもやした考えではちきれそうだした。

興奮と緊張で壊れそうになりながら勇次の部屋の前まできたわたしは、次の瞬間に凍りつきました。

妻の声が聞こえたのです。

それも寝室でしか聞いたことのない、喘ぎ声です。

高く、細く、そしてしだいに興奮を強めながら、妻は啼いていました。

わたしは思わず、勇次の部屋のドアに手をかけました。

鍵はかかっていませんでした。

わたしはそろそろと部屋へ忍び込みました。

狭いアパートの一室です。

居間兼寝室は戸が開き放しでした。



妻がいました。

素裸で、四つん這いの格好で、ひっそりと中を窺うわたしに尻を向けています。

その尻に、これもまた全裸の勇次がとりつき、腰を激しく妻の尻に打ちつけています。



>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 


 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

AmazonPickup

 
 

おすすめ記事2

 
 

おすすめ記事3

 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様

 
20200419061841