2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻




私はクルで妻と知合った。貿

い美人と言う訳でも無く、特に目立つでは無かっ、笑可愛くて清潔感があり、

いつも皆よりも一歩下がっでいる人し惹かて交を申しんだ。


既にったが、いざ付合っ半年経っすら許さず、か性的に問るのかとさえ思事もあ

の問題が、過去に酷い性待を受けたか、以前合っていた男に暴的なセックスを強られて、精神的に受け付けない様になとすればくやく自信など無かたが、妻に惚れてしまっていた私は更に半年付き合ってから結婚した


外にも初夜では拒むくスムーに終わり、妻が処女だた事に簿て今まで拒んでいを聞くと、

信じらに「結婚して、子供が欲しいからという目的があれば良、そなく本能け出すだけの行為は、恥ずかしくて出来なった」う。


そのが誘えば否する事無く供もすぐに来たが、何年経 あくまでも受身で何せず、が覆い被さる体位以嫌が受け付けない。

そのうなは、他人からもセクス縁に見えるら、家で人達飲ん時に「子供が一人いるとは、優低で回はセックスをし事になる」とかわどだ


確かに妻は、拒みはきな方は無かったと思う。

らく分を全て曝け出すが恥かしく楽しむどころでは無かったろう

--------------------

そんが変わり始たのは、35らだ。

その頃が自分の部で眠るようになった事も大きった様だが、徐々にり、言は出さない色気のあ下着を着けなどし遠回しにではあるが妻からも誘ってようになる

けにどの様な位もなくなり、私もの様な化が嬉くて、妻の要求には全て応えていた

半年もして娘が小校にがった頃には、理の時以外毎晩られようになり、5綿歳上のに毎晩は応えらない。


「あのー・・・・い難いのだけ・・・・・」

婦じゃないか。何で言っみろよ

「アダル・・・ビデ・・・・

「AV?」

他のお母さん達が・・近のはと話していて・・・・最近何も、は一度も見た事がら・・・・・」


りてきて見は恥ずしそうに横ていも、次第私の存在など目にらなくなり、画に釘付けなって瞬しないで見入っていた。

あの妻AVを呼吸乱していを見て興奮し、次ビングされた増えていく。

そのいつの頃からか、妻はオを真似るようになり、ら私も腰使わないと物足りなかフェでも油断すると出されてしまいそうになほど巧になった


も、今迄恥ずかそうにじっとしているだけので私下から突上げたが

ビデオ見るうになってらは自ら積極的に尿動くようになり、時にはクワットをしるかの、大股を開いて上下に激しく事る。


私はそのな妻に満足してたが、妻の欲求それだに止らない。

「あんなのでて、当にいのかな?んなの使われたら、どのなのだろう?」




デオを見らそう言う

バイブ買ってやろう?」とと、流石

いかは無理」と言っ

じゃあローターを買ってやろうか?」と言う問い掛けには、恥ずうに俯きながら「はい」と答えた。


道具が1つ加わった事でセクス巾が広がり、妻前にもして快感様になって行ったがの急激な化に驚いばかりいた私も、昼は淑女で夜娼婦の様な妻を楽しんだ。

--------------------

な妻にた変化が訪れたのは2年生になた頃だ

今度はセクスの回数が減し、終に私が誘っても「ごめんなお仕事で疲れてしまってと言って拒否するようになる。

うのは、娘小学なっ機会に、一年ートとしてめ出した縫製工場


拒む妻に浮疑っみたが、には大れて未だに海水浴場水着なれな妻が、私以外に体を晒すなえらず、妻無い打ち消す


に私は妻を心配し、一度医者看てもらう様るが、妻は ただのれだと言って行ない

私はシンを担当しているから、るらしいの

の頃は張寿っているし、慣れない仕事でから逆に感じらしいけ

な仕事だから一年くて慣れた根を詰め出る事があらしくて

夫だら心配しないで。ありが便う」


しかし後もされ続けセックスの状態なっまう。


「夫婦生活も出来ないほど疲れるのなら、そな仕めてしまえ」


ごめんなさ。よやく慣れてた仕事だ続けたの。今日は大だから」

々妻応じたが、いざ始まってしまうと以れ、久しりのセックスで興奮した私が今迄に無いほ責めると、我を忘れた妻は、最後に私を奈落のに突き落とすような言葉を叫んで果てた。

「オメコ・イク〜」

セッ積極的になって時でも、妻がその様な言葉を口にしたは一も無く、仮に見たビが浮かんしたとしても、持っるビデオに出て来るのはコと言う呼方だが、確かに妻はオメコと言


は不感でいっぱいになったがその様な言葉にした事すら覚えていない。

情けい事に、気しるかも知れないと思っだけで、きそうになるほど動し、真知るのがくて自分で必死に打消し稿動を調べる事すせずげていが、私持ちなど知由も無い娘止めを刺さ


「お母さん。今日どこに行っの?ちゃんと一緒に黒くて大きなに乗っていたよね」

娘は以前妻が忘れ物をしに、一度職に連れてってもらっり、社長をもらったのでを覚理科の授業で川にった時、その社長運転る車の助手席に妻がっていたのをたと言う。


に疑いを持前なら、もしで聞流して知れが、私は読む振りをしなが会話に聞き入っていた。

・・・ええ・・社長のおじちゃんと・・職さんの所お仕事をに行ったの」

妻はミシン担当してのにて社と内の所へ行かければならないのか。

よりかにていて、言葉にまってい事が気になる。

お母んは、のないお洋を着ていたよ

を言っているもうその話はいから、く食べまいなさい

妻の服の事はれない思ったが、使をするのに、高級事も


つも社長自ら内職回りだな

私はを見なが、あえて妻がなぜっていたのかかずに尋


「えっ・・ええ・・・あな知っているよに、会社と言な会社だか係りの人時は・・・・・・・・

私は2人のもったが、他の従業員のあり、昼間から社長と不倫しているは考え辛い。

仕事中に妻と社が何時かいなくなれば、当然他噂にり、人前では大きな声すら出せな、他人の目を人気にす耐えられないだろう。


妻がいると仮定て考えた。

人が昼間テル行っいる考えず、そかと言って5時30分には帰っている話からも間違いので、事が終ってから会っているも考えられない。

仕事が忙くなった頼まれた言って、2前から 事に行く様になたが、私が休みなのでもよりも早い4時には仕切り上げさせても4時30分迄は必帰っ

休みの日ったり、娘の同級生ん達と食事に事もあるが、ほとんどが多く、別怪しい行動無い

そう考ると社長と浮気するどか、他の男とも妻が浮気出来るよ間はない


それからは多少気にはなったもののとは20歳近く離長に嫉妬、妻姿疑っいる自分が情けなくえた

し そっても、やは心のどこかでていたのかも知れい。

何故なら、よりも妻注意見るようになっていたから。

そしが付たのは、は必ず夜の9時トイレ入る

れは何かの途例えトイレに5分前に入ったばでも変わらない。

は忍び足でトイレに近付いて、悪趣と思いながき耳てた

「・・・・・はい・・・・主人とは・・・・・・」

妻は誰かと話していたが、声が小さくて聞き取ない

翌日はもう少し近付いたが、やり消していて、分たのは敬語で話しいるぐらいで、内容までは分からった


不信が増、思い切て妻場に行てみうと心し次の尿日、を近所の同級の家に預け妻の勤先に向と、まり返っていない。

私が呆然としてち尽くその縫製工場退ったラトバンが止まり、降りてきた年の男に声掛けられた。

何か用かい?

今日は休み

「今日は言う何年も前か土曜はずっみだ」

っと休み?最近忙くなって、曜も仕事になった



どんどん事は減って時はの社員が4人いて、さん0人以上いたが、は中国製の安いのされ男は俺だけでパートさも7人しいない

などは80も抱ていた今では10だけ


これで妻浮気する時間が出来まった。

時間出来たとうよも、朝の時から午後4時ま7時間も

後も、暇なって土曜休みった理由を一生懸命てく、私にはうでも良い話だた。


みん休みなのに職回りです

く話が終わってくて、嫌なにしい様割り込んだ今度はの事ついて話し

定年も過ぎているかのぐらいの事はしないと。だかこ2年は俺だけ土曜も出てているし、一日も休んだが無い」

曜意外も休んだ事無いですか

「だから、こ2年一度も休んだ事は無い

つ妻の嘘が明らってしまた。

「ところで、たは何の用?」

妻の事は言い難く、嗟に者だと嘘を吐いた。

「仕事が無くて、何か回け無いかと思って」

長は自宅にいるうが、無理だと思うぞ。ちも仕事が減って困いる状だから

駄目行ってみると言、社長の自宅を聞きて向かったが、近付くに連れて心臓の鼓動が早まる。


社長の自宅古くて大きな一軒家で、苔の古い門柱にチンが埋め込れていで押が、壊れているのか事が無い

仕方なく勝手に門を入ると、黒い高級車の横に妻の軽四が止めてあった。


玄関のチャイを押したが、や返事が無いで裏口ると洗濯物してあり、の中の真赤なパンテとブラジャー目を惹く

「はーい。どなたですか?」

その時 表の方から、き覚えのある声がしで玄戻る、そこには見た事も無のワンース着た妻が立っていたが、私のを見るなり絶して震え出


後ろし乱れているのに気付いた、絶望から何もに そ場を立ち去ったって家辿着いたのかさえ覚えい。


時間経っ便て、よやく妻は帰っ来たが、何もずに涙がら座する。

「泣いていては分かない。詳しく説明しろ」

得意の一が倒して、退さえ減続けていた仕事は激一番新入りの妻は人員整の対象になたが、その 社長からう仕事を頼まれる

どうて隠してた!

すつもりはす・・・・ただ・その様な目と言わうで・・・・・いつかは話すもりでした

「俺に言えような仕、どの仕事を

にはいかないけれど、新しい商の生地やを選んでり・・

他所の商品を見行ったり雑誌を参考にしたデザイン決めり・・・・・・

他には除、濯、炊事などの家事一切を・・・・・・・


「社の奥さんは?」


半年前に離行かれ・・・・・」

離婚したさんのわりをしていたよ、そこは性欲処理も含まのではないかと疑ってしまう。

「社長に子供は?」

ませ

話しだと長は人暮らし、それでは洗濯物貿あった、真っ赤なパンティーとブ説明がつかな

「社長姿物の下を穿くか?」

「えっ?」

「真っ赤なパンィーが乾してあっ

「そ・・・・・・・・・私は分かりません。

私は脱衣籠の中物を洗っているら・・・・・

の事は分からので・・・・・」

妻の話を信じたい気持ちは大きが、余りにも不審すぎる


の格好は何だ!若時でも穿かなかたよな短カートを穿

お客様も多ので・・・・

私の服装は趣味が悪いからと・・・・・

服のものだと・・・・・・・・」


嘘を吐かな寿ければなないような仕事は今日で辞めろ。分かたな!」


「はい・・・・・ごめんなさ


なセッレス。嘘を吐いて仕く。

トイレに隠れて携帯。ミカート

てあった真っ赤な下

何よ簿ているの おどおどした態度など、不審な点が多すぎて信用出来ないが、私は真実をるのが怖くなり、そは娘のたでもかせて、このまままそうてい


し昼間は どうにか持ちてもなると考えてしまう。

妻が真っ赤なパンィーを穿かさミニワンピース着てをして

れをした満な五十男がみを浮かべて見ている。はたして見てけで済むのだろうか。

や、済むはずが無い。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様