2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

快楽漬けの宴

 



しばらく車でると、し大きめ酒屋に到着しまた。

先をていた稿車から、男性が2人降りてきて軽くご挨拶され主人も含めて4人で店に入した。

内さた個にはに2人の男性がいらっゃいましたの主人と私と男4人の計6人緒に飲ことにりました。

人の横手を握り緊張ぱいで


男性の同年代でみなさんしく婿き、お酒飲んだこともあり次第にれ、楽食事なりました。

んの色々な体験談ら、下ネタにも花が咲席を替りながら飲んだりしているとくボィタッチをされりししたがれはそれで楽しい席た。

りに時間も経ち、誰かが「そろそと言いましたので、お開となり席を立つことになた。


「奥さん大丈夫」の声に、これらの事気が付き、一瞬張が戻って来ました。

主人男性に勧られるうに外へ出て、主人と迎えに方が、車を近の駐車場へしに行きました

残され私と男性達く店の駐車場で待っていまし

その間に何か話したのかも知れませ、覚えていせん

程なくして主人ってきたので、みんなで1台の1BOXカーりました



はしばらく走っのホに着きま

ごく緊張がら稿、みんなで部屋の方入りまた。

部屋は広くみんながれるようなソファり、右奥ッドが2ました。

部屋に入って中のコニで買ったビルで乾使、雑談をしていたら、誰お風いた」の声に、「奥ん、お風呂は言ったら?」と勧めら主人風呂に入りました


お風呂は外にあきなャグジーでし

に「やぱりするの?」と聞くと、「今帰れないよ」と

は返す言葉もなく無言いると、主人がキスしてました。

私は張と少の怖さをすよ主人唇を重ね、を任ました

胸をまれ、秘部を弄必死に感としていました。


しばらくして湯どうですかがして我にました。

そこには他が立ってました。

主人の勧一緒にお風呂に、「奥んに綺麗だね」はよしくお願いしますねどと言われに勧められながら来ました。


緊張の中、主人の男性の手で肩を抱れ、をさす綿首筋や肩にキスをれ、「あぁ、からこの人に抱かれるんだぁ〜」と感じている内を奪れ、その手は私の胸を揉秘部を弄めまし

秘部かった時は、頭まで電婿が走るうな衝撃を感じた。

は何拒否も抵抗もせず彼の行為を受け止め声がした

そう主人の男性にお酒とお湯で火照っは、浮いた沿覚の中で人の前にも関わらず感じてしまい




気がくと、私の身体に触れる手の数が増えていました。

その時人はいなくなていて、新2人の方がそばにいました。

が付いたのも束間、3人の男性に愛撫され体中を触っているもあるで、れは体たこの無い感覚で、まるで全身の毛穴がき産全て逆立ったよな感じで、彼らの愛だけで何度も絶頂を迎えまし



お風くなり高揚は、彼らに支えられがらお風呂を出てバスを掛けら屋にりました

れ替りに残った方が風呂へ入私はバスローブをまとったファーへらせられました。

ビールを出してもら口にし、ホッすると一緒に入っていた彼もビールを空け乾杯した。

一糸まとわの左右に腰す。



が目のやり困りながらビール飲んでると、一人が後ろきつき首筋にキスをしてきました

クンとする私の手を取り、隣の方が自分ペニスを触らせ、反対が胸を揉み乳を舐めます。

私はルを片手に感じしまい声が出ます。


私にペニスを触らせている方、主人に「さんすごですね。」、「何度も感じちゃっ」等風呂での状況を話します

は恥ずかしさと主人への申し訳ない気持がいっぱいした、感じる自抑えれず、彼らにせ、手は初てあった男性のペスを握しめていまし

主人れはよかった。これからは私も乱見て楽しませてらい好きにしてあげてくだいいな事を答えした

私の中で、「あ〜のAVのなるんだ〜」「なるのぉ」と思いと不一層いきまし


ァーで彼らの愛を受け感殿ている、もう一人がお風呂戻ってきまし

「もう始まっの?」と言いながはペニスを私の

は主人外のニス、それもつい先までにがっいたの何の躊躇もなく含みした

彼はゆっくり、そしく私の中でペ寿かし

くなり手で彼のペニスり、彼の動きをめ、自分で彼のペニスめ口に含ゃぶ退た。

彼は「苦手といていしっかりェラれる西ないですかぁ」と主人へ…

は「んでたから…」今日は皆さっかりと仕でくださいね」などと言っていま

「それじゃみなでくちゃね」とって、私の口らペニスを抜き、ソフーから降れ彼は替わって座りました。


方も揃って、「ほら、みんなにそ口でてごらかりとえてあるから…」

私は前にいる方のペニスを手ると「違う違使っゃ駄!」する」と言われまた。

私は体を彼の膝の間に入れ、そっと股間にニスを口に含みました。

軽く吸いようにニスを口の奥へと導頭をき戻そうするとペの重み舌に感す。

必死に舌ペニスを支た吸う様に口の奥へ…

もっと舌絡めて」「もっい付よう彼からの声がかりま

の中のニスは殿々と固ていきます。

しっかりと固くなるとペニスを抜、隣

度は手も使って」「しかりしごがら」「先の方を舐めなどとまた声ります

の方の時、「吸って」「もっと舌使って舐めて」…

る代わる彼らのペニスにしんな事を言わ必死従います。

くすとアゴが疲れ調い、「も、ちょっとキツくて来たって、座込んしまいした

「じは元てもったペでお返ししくちゃ」と言われ、私は抱きかえられベッドへ運ました



ベッドに運ばれた寝せ4人男性達囲まれます。

唇を奪われ験したことない激しいキス

両方の胸をまれ乳首、腰や背中を舐め回さ、足の指から、太もも、お好きなうに身かされ全身を舌や指って来ます

手も舌も何十もあるよう感じます

んとって良いか、全身を愛撫さめられているようでした

何人も男性AVの様に攻めている実感、私ので望んでが私感度を高めます

もうれだけ、感じたとの快感と絶頂が押し寄せす。

残さていた大事なとろに性の舌がと舐めされま

の瞬間、私は全身に電気が走たような衝撃を感、「あぁ〜」ときな上げたました

から、舌が動何度も電気走り、身体を大きく仰け反ら大声上げました。

ようとしても身体の反応と大きな声がませ

そし、私はあっけな逝ってしまいまし


は身体を起こし、」って

が離れでホッたのも束の間、他の方が私のう、腰を持ち上尻をき上げさす。

「え、なに?」た瞬間後ろの穴舌で突、舐められまし

れて初めてアナルに舌のを受けます

「え、い、だめ…」

身体をくせ、に逃ようると持ち上げられ、四つん這され、ごを持ち上げら、口にペニ

「ほらこうす動けないだろ」「いやと声も出せないだ

頭を抑られ、口いぱいペニスを入られ前後ゆっ動き、お尻を掴れ舌で責れます

両横からは乳房寿を揉まれ腰や背中を2人の舌が回ります。

誰かの膣の中を弄回しま

せない声でうん、うーん」と呻きがら、をくらせ、またも経験したことない快感を体中で受けめます。


して私の中で、何か崩れるような感じがしました…




「いい、。。ごくいい---。。。」

こうして身体中を男性に責められ、好きなことを悦びじました

それハッリと意識としまし


その瞬間です

外の初めが私の中にした

れは私のひだき分け、ゆっくりとって調まし

「あぁ〜た瞬間、それは強くい私の奥

口にえてたものを振り払い「あぁ〜」っと背中を仰け反らせ大きく一声上げ、ベッドに伏せてしまいした

私は、気をってしまました


ベッせ、の中感じます

頭が少ボーっとしていしたが、私の中にいっぱているものは しっかり分かります

使主人とうペニスが、主人しか迎えたこい私の中に少しの隙もな中をいっぱにて、確かに入っいます。

私はゆっり返彼の顔見ます。彼と目が合うとニコリと笑み浮かべます

そして彼は、しっかり押さえ中のひだきず彼はニスゆっくり抜き始めす。

「あぁ〜」が漏れます。

り口近くまで引き抜かれた彼のペニスこで一瞬止まりました

して、に私の中を奥まで突か

の先まで彼のニス突き抜けたような感覚に、私はきな声張り上げ、今度はしと受け止めす。

貫いペニく太くの中を引っ掻き退し、掻きながら襲って来ます。

その動き度も繰り返され、私仰け反らせ調張り上げ、を振、髪を振乱しがら、女としてと主人は違感覚かれている快感女の奥底から感じます。

もっっと…と、私のの「女」しが

私は主人とハッキと違う彼のモノ先から根必死に締めて内壁全てじ取ろうとしした。

するの動がハッリと分かります。

そして、更に感じ


い大汗をかき、身跳ね上がるくらい合わせ仰け反り、髪を振り乱し、私の中の女反応し、絶頂を繰すのに、終こと綿ません。

の中の何かきく膨らみ、絶頂時にます。


第に彼の吐息も大きくな、今でで一番強く私の奥を瞬間、引、彼は私のアゴを上げそれを口のに入れたかと思う、熱い物がを突き、口中にがりました。

そうです。彼はの口中に出したのす。

スは口の中で脈を打、何度飛び出して口の中の香りとも言いドロリとした感を放ちす。

がペニスをくと、私は咳き込み、出された精液飛び出します

あの嫌な記憶以来、人のさえも出さたこはない口の中

も、時のような怖く思いはそなく、手のひロリ尿精液を見、主人ではない男を受け入とを実感しま

れをき取ろうとすると、「だめだよぉ〜ちゃんと飲まなきゃぁ〜声…

「えっ」思っていると、次の彼が私開き、腰をせ私を貫き

は、すぐし、新しい彼のオトコを受け入れます。

の中の女びを、そや身体の反応となって表に出てきます。

これまで主人しか男らなかった私が、そ以上を受入れました

主人の、先ほど彼の物ともう、大きさも形も固さもて責めら

良いではなく、どれもす。

持ちいいのす。


を何度も行き度に今まで私の殻便していきして更にそれを幸せのごとく行き、昇り詰めて行きます

もう感じまで

私は、ハッキリと自分が女とて男の物に貫かれ感じ、昇り頂にる「女なんと言ことを知りす。

そして、それを知っ、只々少しでも深、少しでも強く受けようとします。

るで今までくててたらなかっ、夢の宝物迎えるように…

もうそこに、恥らいも照れもて苦い過去も、た男に抱れ、身体の中を貫、そを悦ぶ「の女」配しました

彼も同じように私の口にペニスを込み、私に中でてます。

今度は少しも漏らさないよかりと唇をすぼめ彼のニスり、少しでも男の精を絞りだそうとした


綿彼のペニスをえているのに、3人目の彼が私の中に入っきます。

の衝撃咥えていたニスは口を離れ、出れた精液アゴ流れ出てきます。

は口から精液を垂流しがら、3人目の彼ペニスに乱れていす。

「奥さん湿いやしいよぉ〜」と言う声も、私に心地い響きでしかりませんでした

らしい」と言われば、更感じ持ちが高揚しま

そして同うにギリギリで私の暴れ回ったペスは、私の口の中で果て、最後の4人目に貫かれす。

口の周精液でビショビショ舌の口は自らのの液でびしょ濡なり、いやら響かせなを受れ続けます。

後はの中では、顔中に精を掛けられま


果てたまま動けずくな身体ぐる回るの中…膣の中に暴れ回った男達の触を感じながら、だボと大の字でベドに横た、早い鼓動と酸素を取り込と方を揺らしが大く伸縮するのだけれました

男達の話し声も、遠くで聞る喧噪のようで、身体が浮ような、雲の上でもいる思議なした


、私はこのまで全くしたない、女の身体便変化を体験ししまいます。

お相手していただいた4の方に、逝ってもてても次々にれ、けしかかったは、こなに長く貫かれ続たこ婿く、慣れるとか鈍るく、使け快中に居続した。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様