2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

突然の海外赴任

 



子3人幸せに暮らしていた私、突赴任の話が持ったのは今か4年ど前した


妻と何も話し尿合いました、赴の裏側遠い事期間が年と

校の事やが幼稚に行き出てから、妻が以前勤めていた銀行比較的所に有支店パートとして雇っ簿もらえたなどを考えて、

ついていと言って譲らなを説して、単身で赴任するという私の意見を押しました。

--------------------

1年ぐらい頼むと言われてい赴任結局半年延び、ようやく帰来た、私が43歳、妻 智子38歳、結婚5目にやっとかった娘理香が8歳になった

港に、当座必要な身の物を詰め込んだスーツースを受け取って出ると、そこにはや知り合いの人を迎に来た、大勢の達で ごったしていましたが、私を迎に来は誰もいません。

れもその筈、が終事や、日帰国、妻身内誰にも知らせていのです。

は、私が赴任て7ほど経った頃にかって、私母から一本の電話から始まりまた。

「おまえ、一ってこれないのか?休らいるのだろ?

「それは無理だ。ここは地球の裏側だぞ。日までどれかかると思っるんってる。」

ならが出から。」

お袋、だうし有ったのか?」


の話にると、ほどの行動変わと言うの

だと言って、帰何日有り、先週の土日は休日出勤になたと言って娘を預

友達のに乗いて遅くなったかめてもらうと電話が有り、娘をに来たのは日曜の昼近く姿便そう

子と喧でもしたの?それも理香かるのが

「いやんは良くしてくるし、理香ちんをる事は嬉しいよ。

「もておけ。お前の思い過ごしだ。」

の時、後ろからの声が聞こえ話は切らてしまいまた。


姿何をいたかっかは、想像がつが、その様な事 とてられる事有りんでた。

妻の両親湿、妻が小学に離、その暴力が原因だったので、怖い思いをした記憶が残り、

母親と姉のだけの家庭ち、女子高、子短大と進んだ妻は、男性恐怖症ではせんがには 人一倍慎重した


会社隣に有った銀行の窓口に座っていた妻の、制服を着ていな高校生でも通りそうな、童顔で可愛と、とは反比ように制服を持ている胸ギャに惹かれて交際をし込んですが、

かなかデトに応じてもらえず今のに携帯も無かったので上手紙のが続まし

手紙の内は私に好意ってくれているようだったのでが、初デー承諾てくれたのは半年以上ってかで、その時も 私の横では、少し後ろいていたのを思いします。

逢う様になっからは、はなくて、妻の真面目可愛い性格に惚れ、結婚後の真面誠実な面は 変わる事が有りませんでした


そのる事ど想像も出

何よ、妻がを愛稿してくれているという自負が有た。

日の夜に妻を抱




対にはしない

しも浮気したら離します。いいえあなたと相手を殺しに行きます。

私は何があっもあなたを裏切る事はいか。あなも我慢してね。

っていたのは妻でした

の様な訳その時は母の話しを一笑伏し、あまり気しませんでし


達夫には、家のローンを早く返し終わうという目ありた。

土地、親から貰ったので、退職金までてにしなくても良いと思っていましたが

結局 凝っ作り姿してしまった為に予定以におかかり、退職の一部も充てにしばならなくなしまいまた。

しかし、娘に 老後見てもらう事はえず退残そというにな、妻も勤めに出のです。

な訳で 海外伴う々な手当て使に、出来る限り節約に掛けてたので日本事もしないで極力控えてメーで我慢していま

--------------------

母からの電話か数週調様に単身赴任来ている社の間達か、女を行こうと誘ましたが断りました。

決して日本の海春問題をような大それた理ではな、妻切るが嫌ったのです

かし、様な理は、男として情け無い風潮ったので、のローンをにしたのです

日本とは違も有れば充分楽しめると強く誘われての様な事かざかった私はいながら、結局 断っのでした


人で宿に戻って妻の事を考えていた調れかかっていた母の話をしました

て何年かは妻からる事なりましたが、娘らは 徐々に積極的なり出、妻めてる事も珍しなくり、

海外任がまった頃には、普段殿大人しい感じの妻からは誰も像も出来ないほセックスをむ様なっていました。

前 使おうとした時がって西そんな物を使っ離婚するまで言われ、決して使せてもらなかった玩具なも、

その頃には、一 最初はる素を見せのの口だけで使い出せ、それだけで何度も遣るほど感じていました

そんな妻をしてると、私が我いる様に、妻も我はずだとながも、少し不し、

に限て浮など無いと自分に言い聞かながも、海外に話なした事のた母が、苦労電話をてきた事になりまし


それでも赴任から1年が過た頃には、考えたところ これけ離れていては どうにもならないので、妻じる事にと思ったのでそんな時に母からかかり。

まだ帰して貰えそうもないのか?社長に頼んで1日も早く帰せてらってく

「ど簿子の様子が可笑しいとも言たいのか?」


母の話は、あれから妻の服装が徐々に派手になめ、第に粧も、髪も明るい色にして、見た目歳は若なっと言うのです

その上と言っ遅いも増え日も休勤だとか、娘会だか言って、子供預けて外出する事が増え出し

最近まりの慰安旅行が有った友達に乗っていてれないからと電話して来、朝帰りした事も何度か有す。

--------------------

それから私は、流気を疑い、会えないだけに身られる様な思てい

電話で問いただした持ちも有りましたが、浮気ではかっ妻の気持ちげ口をしと知った時のと母との関係えると使

違いだっ婿持ちを逆に裏なってしまいます。

そうかと言っ、このままの気持ち笑って妻にいとい、この様な帰国になってしまっです

の時以、ほど眠って、日本のは朝だったで大し殿時差ぼけも無く

空港を出るとレンタカーを借り、赴任する時に携帯を解していたので新しい帯を買いした。

の方日を入れて四日間、月曜では出社しなく良かっですが、が一自に電もされて国し事が妻にばれない様に社に帰の挨拶にって、連全てしてらうよで来ました。

--------------------

の4時前には、妻のている銀の近くに行き、を止めて使いると、5簿少し過ぎたに銀行からた妻ぐ近くのバ停で立っています。

、妻に似いるが妻うかど、い時と肩位までだた髪を肩甲骨よりもく伸ばし、色に染めも細くし、アイシャド濃く、唇には濡れたようなピリップをいて1年半前よりも かなり 若返った様に見えまが、

決して派な事は無く、スをてい様子も おか振りは有りません

心が離れてしったれないと少し疑私は、今ぐ妻の飛び出して行き、今でもたく貿なってしまいまそんな気持ちをぐっと我慢し、私の家に先回りしまし

実家我が家から20程しか離れていません。

実家は兄夫婦が跡をぐ予定ったですが、が遠くに転勤になっまっ今は両親が二人だけで暮らいて、近くにあ土地を貰っ家を建て私達が倒を看ます

面倒看ていると言ってが勤に出だして使からは、娘のまでの送り迎えや、学校にってからは学校が終る、娘は実家に生活たので、

間の娘の話はとんど母や父がてくれていて、こちらが面倒を見て調らっている状

娘も様な生に慣れしまい近では1人で実家に泊る事も珍しは無いそうです。


実家見える所にを止めていると 暫らくしてが入て行ぐに手を引いて出来ました。

「理香。」

ず娘のを呼んいましたが、離れていて2人にはこえずはりません


今出て行けばき締事も出来るし、今夜は親子3人で楽しくすごせると思ましたが、やめてしまっては一生の中で妻を疑っさなればなりん。

が済む調て、ればその方が良のです

確かめたいのでは無西くて、本当妻の潔白を証明したのだと自分に言い聞か、心を鬼に我慢しました。

--------------------

の日も 妻に疑動は無く、その夜ホテに帰ると、

〔休みは後2時差ぼけは ほとど無いと言っても疲れ有るのに 明日も明後も、俺んな事するの

妻が2日間退に何か行動をという保証も無いし、仮に可解な行動をったとしても、素人の俺に手く調る事出切るだろう

何より、それをいた俺の誤解かも知れな。〕

そう考いると急に馬鹿馬鹿くなってしまい、日の朝は家り、残2日間ゆっく過ごしてか、このは追々問いだそうと決て眠りにつした


朝になって我家か有るタカー屋に車を返、2日も前に帰いながら連もしなで、な事た後ろめたから

電話をして迎えを頼む事もせずに後で車で来よう 駅のロッカーにスーツケースを預るとの事がばれた時の言い訳を考えなら、が家に向歩いていました

と、中、向こうから妻が歩いて来有りまんか




は 赤いシャツに白のミスカという、今までた事格好だったので付くのが遅れ、危うアミスになりったのすが、

慌てコンビニに飛び込事など、私日本にいるとっていない妻は全く気付きませんでした。

には、今にもパンテ見えそうぐらトが気になっ方が有りません。

、妻はい頃から普のミカートでえ、穿いていも無かったからです。

私は雑で顔を隠しながら、妻が通り過るの後をつると、妻駅に行き符を買っ改札を通っきま

通じ上って行く時には前をの視線は全、妻尻にれてした

はバ手に持って隠ているつバッが左に揺れるの、私よりも近くを歩いている男達はパンティ々見えているのかも沿ん。

まけ、そートは便タイト気味な、お尻の形や 恐ら白で有ろうパンティーのはっきりと分まうです。

こんな持ちで尾行している私で、相手が妻に関わらず 男のスケベ心が出てしまい、視線は おや白くムッチリとした湿太腿行ってしまます

が乗ったアがまる直たので 妻両になって、少し離れているは言っとは違い、比較的いて湿で 見つからないか心配しまたが、妻は私に気付どころか両の隅の方に、ずっとを隠す様に俯いいまし

妻が降りたのは番近い駅だっのではり休日出勤かとも思したが、私家かでは、バスの方が遥か便が良くスな期券も持ってる筈で、わざざお金を払て電車に乗事は考えんで

妻が駅のトイレに行ったので、私は少し離れた柱陰で待ったので

今ま、妻をわないに、妻に見つからな様にった私の気持ち余裕が生ると

この1年半の間に妻に何が起このか、どのな心境の変化で この様な姿人前になった安で押し潰されそうで

妻は、人一倍人の目る方気も有っ丁度良い太と思っムッチリとた太腿や私が自の豊満な胸えも

にしてみばコンプックスのほ何者無く、出来る限事を気付かれない様な服を選んで着いま

を連れ水浴った時も着にを嫌がり、1人日辺にって


ンサズ小さってしまたの思える様な、今にも胸のボタが弾け飛びそうなシャツを着ていて、しかもそのツは人目を引赤なのす。

若い人達でも余り穿いていなうな、今にもパンティーが見そうなど短いストを、子供のいる穿、コンプレッった太腿人目にさらしいるのです

当然の様姿近所人達にも見られているのでしょうが前のなら、死ぬほ恥ずしい事せん。


暫らくし、トレから出て来た妻はサングスをいまし

方に向って歩いてきたは柱り過ごしたのです歩く度に片つおスカートに張な状態になり、穿いンテが、男の水手が穿着の様な、超ビキと分りま

妻がト宿レで穿きえて思いまって行くに、はっきりと下着の分かったと言う私の思い違いで

私のからでは下のンし分か私が知る限りではの様な下着は持ってた為、勝手上のを想像して、頭の中作ってしまったのかもれません

ちらても、れで黒いし切れずに、パティーから、はみしまている事でし

様なパンティーを穿いてい事か妻にか有ると確信た私は絶感をえましが、何か尾行を行すると

はり行には向かわず、駅を挟で銀行と歩きし、は隠ら後をつけですが、ら見れば、ストーカーと間違ないでした。

--------------------

く後を付けてくと、階建の部屋数16の小さなパートに入って行ったで、私も入っ行ことしたのですが、入り口がオートロックになていて入る事が出来ません。

こまで不重なると、否も事実を受止めなくった私は、貧血をおこしうになその場に座りでし


と、サンスをかけてヘッフォをした坊主頭の者が、頭でリズムをとりがら出て来て。

「おっさん、丈夫か急車

使いは無茶苦茶すが、それでもしゃがで私同じ目線でしてくれ者だと感じたの

う。より入って行った女の事知らいか日初めて会とか、よく見掛とか、どこの部屋に行ったと


おっさん刑事か?そんな訳ない。張り込みで蒼い顔をて座込んでう刑事なた事がないそれともそのだとそれも無いな。どにしは他人のごたごた巻き込まれるのは嫌だか。じゃ


背を向け手をか振て去て行こうする若者に、万円札を出て。

「これ何とか頼む。」

振り向いた若

ー。な必殺技を出されないなし辛向かい喫茶店にでも行か?」

喫茶店にって話を聞くとは以前からよく階すれ違う教えくれした。


「どこの部屋か分から?」退


「俺の丁度 真に住んでいる、暮らし父の所。こから見えだろ番右端の部屋さ。が301から20


位の男


「親父は分かり難いからな。おっさんの少らいか?あの、き7、3分けにが、あの尿女が来休みの時は髪もぼぼさで間でジャ聞を取、冴親父さ。


が指た郵便けをみと、21号室の所垣と貼って有り

物から見てもおそらく独身の1人暮らしか単身赴が借りるアパート様で、番号所に前が貼って垣だけです

の親父はっ張か、高い車に乗ってやがる俺なら そん金が有っら、もっとアパートに引すよ。

どちらにして あの親父は普通の係で

女はいもサングラ宿して貿俺とすれう時は必ずるし、2で出ける時は決まっ親父が先出て、あたキョロキョロ見してかが出てく

女もそうだ、あ親父も女と一緒の時は 夜でもサングラスをしいて、車にり込むま外さな

まあ、よくる不倫の関係といやつ


私の顔が見る見る蒼ざて行くのが自分でも分かりました

動揺を若者は1札をテーブルに置

は、お貿 あの女の旦那だろ?そんら、可哀想でこれは貰えな。」


とうでもこれはっておてく。ま何かきにかも知れなら、の時は頼む。本ありがとう。」

--------------------

まだ若者と話しては、よかった、彼が出て行った後人になると足が震え出し識すればするど、は大きくなってませ

、悔しさ望感



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様