2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




談が終わってホテルにると、ロで若い性に声を掛られた。

若いと言っても30代前半のような、私の おじさからすれば随分若く、ミニのタイトスカートに目奪われう。

「あなたは・・・・・

このには見覚えがる。



れは週間ほど前の事。

いつものうに西勤前にゴミを出しに行くと、彼女がで立っていた

ては駄のですね」

聞けばしてきたかりで、ここにゴミを出は初てと


たわ。戻ってい無いし

「そのぐらなら私の袋に余裕がありまするから、良かったら下さい」


とは自治会事などを説明し駅まで一緒いただけで、その後、会う事は無かが、私の記にはの事が明にって

ゴミ選り分けている間屈ん彼女の胸元から真っ赤なブジャーと共に、白くてらかそな乳房がずっと見えからだ

「出張ですか?」

「は


「私は初めの出一度部屋に行ったのすが明かりの点け方が分からて」湿

「ああ。こ入り口ッチの所に、ルームキーに付いているホルダーを差しので

「そうです。今フロントで教てもした」


女と一緒にエベーターに乗り、私は3階だった先に降りて部屋に入5分ほどがノ稿ックされた。

「やはり宿婿りの点け方が分なくて、迷惑かとは思いましたが何度ントに聞きに行くのが恥ずかしくて」

「私部屋がく分かりましね」


と書かれたームを持っていらしたか尿ら」

はキーホルダー抜いて部かりを度消しもう一度差し込で点けて見せが、私ぴったり寄り添う彼女からは、ほかなの香りがっていた。


めに差しすね。こホテルは初めてな

「初めの出は何かと変ですね


聞けば急に上司来らなく、彼女が代に来た言う


お食事はどうされました?」

「上司はい外にべに行くらしく、夕食ていとフントで言われ、どうしようかと迷っていたころです




大きな声では言えまんが、ここの食事はあり美しくないつ外に食べに行くのですよ」


の辺の地理しくないのでルに頼もうとたと言彼女を誘いに出張した時いつも行酒屋に行った。


て私は振りに楽しごす。

れと言う一ヵど前からが笑顔を見なり何を怒っている二週間前からは、必限の事以外口も利いくれい。


このような度の妻初めてで、私に これと言って思い当たる事は無かったが、一るとすれば妻を誘った時に「れないの」と言って断わら、今ま訳も無く断られた事が無翌朝拗ねを利かながある


れからはこかギクしていたのは確だが、三週間ほ前ので、妻の様子かしくなったのはその婿前からなのだ。

い訳妻との関係このな状なければ、彼女を食事事は無かだろ



し酔いが回ったところで彼寿事を聞く、年齢最近離婚して近に引っして来たと言

男なので、ほんのり赤く染って色気が増し女を見ていて口説きくなったる妻を裏切る事来ず抑え

貿らも、彼に誘わて、ビールを飲彼女ャケットを脱いだために薄いブウス越しに見える、豊かな胸を見て週間前の光景を思出してしまたがこれも このまではと思って缶ビール飲ん退散した

--------------------

そし出張ら帰翌日、妻は過ぎても帰って来ない。

も仕事を持っていたので、ある程度き合いは認めてたが、連絡もに、このように遅くった事めてだ。

れで携に電話したが、電源切られていて、局 妻って来たのは午前0時を過ぎていた。


「携の電源まで切って、こんな遅くまで何処にいた!

「何処にいたて勝手でしょ嫌なら離婚しましょう


きで言葉が続なか

このような激しい口調の妻を見たのも初めてだったが、に離婚を口にした事が信じられな

私が27で、妻24の時結婚して18年

近所オシドリもそう自負して

は少の様がお、それでも私の妻に対する愛は変らず妻も私を愛くれていると信じた。


妻の口から婚とが出

「本で言っるの?」

「だって、も事を愛してはいないのでしょ!」

バッグから興信所の入った封を出すと、そ中に入っていた数枚写真を並べる

彼女て会た日、楽しそうをしながく姿

先のホテルのロビーで、笑いながらす二人。


そして二人、一緒にエレベに乗り込む。

女と居酒屋へ行った時の写真もあるが、酔っ彼女は帰り道ふらつき悪いに写真では私のを抱き締めるに掴る。

も決定的なのつの間に撮られたか、二人女の部ていく姿まであ

の!」

といゴミ出しに行に知合った・・・・・」


「下前は!」

名前殿かなかったないしか聞いていない」


「付合ってて、そんな訳が無いでしょ!」

き合どいない。偶然会っただ一緒して


は彼女の経貿を詳しく話したがは全く信用してくれない。

言いくないのら、それでいいわ。彼女の身元が分か婿ったら興信る事いるか

出張に行く二週間前から妻利かなくなったの便は、彼女と歩く姿を興信所から連絡されたなの

前から様子がおかかったと言う事は、の頃か私の女性を疑いたのか

彼女とった二前からならまるが、一ヵ月も前から疑われる様な私には全く身に覚えが

は誤

--------------------

その後の妻は時々連絡もなしに遅く帰があ様になるあっで、と何をしいるか気になったが、人だけの時はも利いてくれないと、女性を誘って二人だけで食事をした悪感あっ妻に対し何の追及出来かっ

のは最もで、あのよう見せられ、これ逆なら私で信用出来ずにていただろう

「今夜も遅いか?

「私の放っおいて私に


いく私の浮気ってていとしても控えめで大た妻の変わり様に驚きを隠せない。

は見るかに優しいお母さいった風情だが、私とにいる顔付きまで変わる



渡辺なんて嘘だたのね。それを出しに行って知りたのも嘘じゃない

そんなに彼女たの?下恵理36歳。

町内でもいのに、わざわこまでミを出しにたと言うの!


くに帰って来た妻は私を睨みながそうったが、私はの言って事の意が理解かった。

「木下?彼近所に住


惚ける



離婚ていて独身だと嘘をていたらし貿いわね。

そうなるとも被害から彼女には責任及は来ないれど、たには責任をってもらいま

が手を離までは離婚し私の事は今後ないで」


「何を言っていさっぱり意らん。第一俺彼女は そような関係では無い。彼いてらえ簿ば分


彼女と電話でたけれど、彼女は素直に認わよ」


私はに訳が分かった。

現実に彼女とは何もないのだ。


か彼女の、どちらかが嘘を吐いている。

妻が嘘を吐いて私を陥れどとは考えらないが、彼もまた嘘を吐る人間にえなかった

--------------------

は彼に事情くのが決の近だと思いって興信所からの彼女の情報が知りて、日帰ると妻が隠しなと探してみた。


と子が開事の、私達の寝室のクローゼ、興所の封筒に入った彼女にいて報告者を見事が出来たのだが、その時私は見なくても良い物まで見てしま


それは何かと、葬法事の時に身に着る黒い下着以外は、白か淡い色か持っていなかた妻からられないような、や紫などの原色手なを見付けたのだ。


妻がいのは誰かと会っ相談して、誰かに付き合ってもって憂さらしいるのだろうは思いたがどんなく帰ってもの性格から、こような係になるがいるなどとは夢も思わなかった


感だとわれるかも知ないが、一緒にいるは女性だとに思い込いた。

しかしう考えると最粧も派手にたように思え、えれば考えるほど妻に そのような関係の男がいる事を認めざるを得なくなってまう。


妻は私の知らな男と抱き合て、熱いキスを交わしている。あような派手姿で、を興奮させている

の下で、私以には見い苦痛も似表情私以外にはかせ事の無い恥ずしい声を上げいる


しくなった私は帯に電話をれたがり電源は切られてい

誰と何処にいた

「あなたには関係ないでし!私に渉しないで言っはずよ


は初めて女性に手を上それもしてはずの妻

「もう離婚よ!」

妻は泣き続、この日を境に供達の手前一緒った寝室も別になる。

--------------------

、36歳。

3年前していて、今中学娘と二人暮らし

間は町工場で事務をしながら、夜は小料屋でアルバイト


私は報告書に書れていたアパートってみよ思ったが、一に暮らしている彼女の気になってアルト先の小理屋に行てみ

その小料理から意外と近り、歩いても5分ほど距離だが、小店なのまで気が付かなかった。

彼女は私を見るな驚いたいてしまう。


「恵理ちゃ何しているの。お様におしぼりを」

うな目をした色っぽい女に言うや上げた彼女はおしぼりをてくれたが、私さずに手えてい

私は彼女とンスを待ってが、色ぽい女将と美人を目当に来る客で、絶ず満席でにも客がい話せ

仕方なく日は諦めようと外に出ると、彼女は送る振りをして出来た


めんなさい」

きたい事があら、このファミレス尿待ってます」


私は何も・・

「それならアートに行きます」


「来ないで。娘がいるから・・・・



彼女30分ほ経ったが、を質ても私は何も知りま」と言って涙む。

「私にも娘が人い。このままだと家庭はれてしまって家族ばらばに」

彼女は顔を上ると、縋る様な目で私見た。

日記を見てしまったの・・・・・娘は勉強好きで・・・・・特に英が好きで・・・・中学出た学したいて・・・・

でもお金がいのは知っているから・・・生活も夜いて私に・・・に言えないと書いてあって・・・」


の脳裏に母娘が手を取り合って必死に暮らして姿が浮かんだ。

かし私沿大事な娘がいる


自分せのために、私の娘を犠牲に尿るのか!

目も憚らずにき崩れる


「せめて誰にれたのかでも教えれ」

女は散々迷た末、小声で言った。

「青さん・・・・・・これ以下さ

妻の身近いる人間で、青山う名の、他人の娘の留学を援助できるだけ由になるお金を持っいる男。

それだけ分だった。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様