2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

妻の償い

 

\ シェアする /



から十数の出来事、今で思い出す度に胸が苦なってきます。


やっぱり私も

「無を言うなよ。供達学校どうする?」

「お・・・・・

かに妻実家が近いので、共働きの私達は絶えず供達預かっもらっていました。

それに久美も仕尿事がるだろ」

「分かているの。無理な事分かっいる。でも・・・・・・」

「工場が軌道乗っら現地の人間に任帰って来られるからくても退の辛抱から

月帰っ来てくれ

「無理をよ。いくらいと言も国内じゃお盆や正月以外に休暇をとって帰って来るようにするから、子供の事



からの私は新婚時にったかのに、毎しく交わを確め合い、十港に向かっていました。

「遊びでも対に浮気しないでよ一度でも浮気たら離婚だからね

空港で別れる時にような事を言っていた妻が、まさか,こような事をしようとは思いもしんでした姿

とは高級生で、付合いをめれば二十年くも一にいるになり、3になっても関わら日は ほとど行動を共に、出掛ける時は供が一時でも腕を組んたので、所でもオシリ夫婦で通った。

それ,勤めてた会社が中国進出をめた事で、高校の時から三日以上逢わずにいのない私れ離れになってします。

その,いざ向こうに行ってみると,思ったよう休みの態では無く、ゴールデンークにも帰国出来ずに、どうにか帰って来は日本を旅立てか四ヶ月も経ったした。


その時の私,赴が決まのように交わり、赴る前夜の妻は、終わった後も涙を流しなき付いて来て離れません

「寂しい

のよう愛し思えて眠りました次にて来た時の妻に変が起ます


それ分かっとですの時の便は私へのめようといたです。

めると言うりも、れていく気持ち、もう一度っかりと繋ぎ止てもらおとしかも知れま

「私 の事愛る?私は好き。私はあなを愛婿ている」

わり付き、絶えずを口にす。

になれば妻から毎晩迫ってきて、私の全身舌をなど、このような妻は今まで見た事がありません

が好き。あ好き

は自分に言い聞かせる葉だったすが、こには分かりませんでし

そして,次に帰国出来翌年春、妻は違った変化を見せます

--------------------




それは三日間だけの国で、は その足で会社に行かなければならなかで土曜は一日 妻と過ごし、後に先に戻る予定たが、前もって言ってたにも関わらず、仕事になったと言います。

その時のは なぜか暗く沈んでい前回のよ私に愛を囁く事も無く、事あるごとり続けていま

めん

「何をに謝てい?」

ん。帰って来くれたに、になったから」

それは夜も変わらず、は謝り続けていました。

あなた、ごい」

から、ずっと謝ってばかりな」

「こんな時に生理が来まったから」

方ないよ。合って眠ればいいじゃな

「そうだ。子供達も寂しがっていたら、今日は四人で寝ましょう」

引に運び込む妻自然さを感がらも、トラル続出で転が半びる事なった私申し訳ないという気持ちが強くて何言えません

し,妻年の夏季も私と二人なると謝るばかもまた生便を理拒み続け、の私もいと思いも仕事ははくれず、後ろ髪をる思いで赴任先に戻りまし

そして,十月に ようや単身任も終わ、帰って来と一番に妻をき締めまたが、妻身体を硬くして涙していま

私は その涙を嬉だと思ってしまい、貿も忘れて速妻を誘ってみる生理がと言ってられ、一週間経つ度は身調を訴事も無く十日が経ちました

夜は?」

私はの限界をいて、すと妻は私と間に腕を差し込み、私を遠ざけよう胸を押しを流しがらキスを拒みます。

ごめん湿・・出の・・・ごめんなさい」

来ない?ど言う意味だ!」

彼が・・・・・・・

私には妻の言っ意味が理出来ません

「彼?

なさい・・好きな人がるの」

ての物が去る音が聞こえ、怒りより悲しみがってきます

「こんな時に冗談はめて

「本なの・・ごめんなさ・・・ごんなさい」

私は妻から離れ屋を飛び出し、一人にと猛烈な悲しみ襲われましたがき過ぎる不思議とは出て来ません調

すると いつの間に、後に妻が立っいま

「あなた・・・・・・」

相手は誰だ

それは・・・・・・・」

「相手は誰だ

は今・・・離婚調停をいて・・・・・・・な時期だから」

悲しみは々に怒りへとわってす。

「だから相手は誰だ!

私はの頬張っていました

えませ・ごめんな

りましたが、あれだけ愛していた使り倒減を加えてまい

「叩いて!あなかれてもないをしま殺されても文句も言いような事

れなら殺してやる!

妻に馬乗りにな首を締めましたが、を入れたのは最初だけで、り妻を殺すなど、閉涙を流しる妻を見いるの恋が真剣なが分かって怒りはえようの無寿わっていきした。

私はの首から手を放すと、殺しての横に胡坐いて座り込んでいした

?」

妻もゆ上が頬をそっと手でります。

去年の十月ぐらいから度々われようって、二人で食に行ったりするようにのは、十一月の終わりぐららです」

私は一聞き事が怖て聞けずに黙ってしまいましたが、その事を妻から話稿しました

「彼もう・・・・・身体の係も・・・・・・めんなさい・・・」

これは罪悪て話そういはこ事を話て私にめてと考えたのかかりませんが、相貿手の素性さないえれば、後者のよます。

のよった いつからだ?」

初にを持っ・・・・バレン・・・・・

それで妻は、春に帰った時私を拒んだのす。

彼に私と関係をもつなわれ 、自分ら彼に操をたてたのかは分かせんが、どちらにしも好な人のために私に抱かれる事を避けた。

まりは浮気ではなくて、本とい証拠です

下さい・・・いしま

浮気なら私が離を宣湿言し、泣いて許しをのでしょうが、本気の妻は自婚を望んでいるので私が妻を止められ方法は一つしかせん。

子供達はどうる! 子供達にも知れるぞ」

正直に話します。子供達にも謝らなければならな、私からさせて下さい。子供達は どうしてもき取せて欲しです。でもでは軽て、許してれないかな」

これで私には、妻を引きとめるが無くなっまいました。

とは泣いてる事しかありませんが、裏切られた上にそのよ事はプライドが魔をして出来ま

仮に離婚をしたしても、心が戻ってこなればじ事です




しかし,寝耳に水だった私がすぐに返事出来る訳も無く婚については先延ばししましたが、妻も少しは誠意を見せようと思ったのか、の時間帰って来ていまた。

「俺がになったか?殿

嫌いになんかない・・・今でもあなたが好き・・・・・でも・・・彼の事を・・・・・」

は私の事を嫌いはないりも彼を愛してしまったとったでしょ

私は消極的になっていて、このまま妻が彼と会わなれてくれるかれないと情け望みを抱いていまたが、れも三日ともちません。

絡もく遅く帰っ来た妻は、入ってくるな私と目をわさいように俯、小で寝室に行く声をしていています。

うした?」

る事を、あなたにち明に話したら、約束もれないのか怒っしまって」

「逆れか。自分の西の責任もろうとしない男に惚れたのか?」

任は取るいます」

「それならなぜ堂々と俺の前に現れな

「今の離婚問題があって・・時期が悪からと・・・・・」

「俺の人無茶苦茶にておいて時が悪い?逃げてるだけで誠意も何もだな

顔を合わせれば姿絶えず私に謝り続ていた妻でしたがの事沿く言われるのは堪えられなのか、明も彼と会って私に謝るよ稿説得すると、初めて強い口調言いまし

しか,翌日帰て来た妻は少し待って頭を下げます。

倫なんかする奴は、所詮その程度の前もだか 稿徹底的に調べて、そいつの人生も無茶茶にしてやる」

「待って。明会って、ちんとをしに来てるようすから」


れでは娘の彼の許しをもいに来を待ってる、嫁ののよです

にも妻に捨られしているしで妻に嫌われないように手加減を加えてない自分に気付き、れが更に最悪の事態に進ませているような気がしは ようや綿彼と対決するを決まし処のか分からなは動きようがありません


「相誰だ!」

しかし,彼を庇っている妻は言う訳も無く、日私所に飛び込み、会う事かっている早速相手の男の身辺調査を依頼しましたが

人がホテルに入ったと連絡があり、

にでを問い詰たい衝動に駆られたのを調査がしくなるの我慢してれとわれて、

うやく五日後詳し報告来上がっと連絡が受け取りに行く

実に妻が男に腰かれてホテルにっていく写真を見られて、烈なりが上げてきました。

何故なら相手は かなり年上の中年の親父で、日前はな昨日もホテに行ているのです。

「おの好な彼、いつまで逃げてもりだ?

「逃げてる訳では・・

を本気で愛していればここまで来れば普通の男なら出て来てしょう

しかし,甘葉を囁れて分を見失っている妻彼が明に逃げている事分かり

当に話をているのか稿日は何処で話し?」

て・・・・・・」

ホテルで何の話が出切こんなに苦しんでい婿は会度にホテ楽しに俺を苦しめて楽しいか!」

「ホ沿テルなんて・・・

「違うな、昨は何処にい言ってみろ

「ごめんなさい。今後の事を静かな場所でそうと言て。それより調うしての事・・・・」

「木下部長」

「えっ・・・・・・

報告書によると,相は妻の上司で、妻は昨春に配置転換っての片腕として働いて、二人だけで行動する事多かった為に、社内二人の仲を噂する者もいて、意外と簡単に調べがついた調査員尿は言っていました。


「木健吾、五十。相手は十八も上のスケベ父か

うの。彼とは仕事上の付いだけで関係ないの」

私が証拠を持ている事らない妻定ししたが、上司彼と呼ぶ事が全てを物語っています。


「関係無いだと!関係ない、明日会社に行って話ても構わない?」

「私悪いの。あなへの責任は私とります」


しかし私には、どうしても木下に責任をなければならな事があす。

社が駄目な今すこに

電話を掛けると木下は一時間後にやきま

彼は入っるなり正座して頭を下げます。

「すみまでし。人のに外事をした私達ます。来る限りの償いはし寿すが、分かれる事は出せん

この男は妻手前もあってか、その後も堂々と愛を語り、妻に対し誠実な男を演続けす。

て,恋愛経験が乏い妻は彼に愛されていると信じいて、彼と並んで私に頭を下げいました。

愛している?愛ていれば何をして許されるのか?おに妻やがある身ろ!」

「そ通りです。申しない事致しまし。ただ私の方はず協議中で

そうかそれら明日にでも婚しろ

「そう簡単には・・・・すから・・・・と協中で・・・・・・」

議などしても、全奥さんの望む件を飲んで離すればいろ。そのぐらいの覚悟も無しに、俺生を苦茶したの

「そういう・・・理的なのでは無くて・・・・精神的な・・・」

「ごゃごちゃ言ていな、奥んを湿れて来い」



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, SM_調教, 夫婦生活,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様