2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

媚薬で調教された妻

 



が43才で妻が4才だった1年前、妻のを知った

知ったと言っても怪しいと感じたの, その半も前なので、分の実を認年前言った方がも知ない

一応ではな父母を敷地家を建てさった間から見ば養子とじで、妻もその様ないたようだ

私がそこでして妻と結婚したかっ理由は、人ではないが口元のクロが印的で、どこ顔とムムチ厭らしい持ちながら、そ姿とは全く違ってやかで一歩下がって男を立てる古風ところに惹かれたから。

かし, それは、被っていただけでの姿でかった。

結婚して間もなく妊し、そから早くも本性を現し始め、妊娠をに何もせずに、お茶杯煎れない。

か、のようにマッサージをられる

馬鹿な私は、結婚も最初が肝心と先に教えられながら、こ娠した精神的に不安定に沿なっるのだと思ってらわかった。

双子の娘が生まれ、これで普通の生に戻れる思いき、今は育児疲れ理由こき使

かに双子児は変なのれも妻に言われるまま句もわずに手伝っが、それいけったの

娘達学生になにはの意見く聞なくっていてでも勝手めてしい、私が口を出うもなら大変な騒に。


局, 私はただ黙って働い活費を運び、歩も下がって思い通りに行動していれば機嫌が良い。

がて義母が亡く妻が義父の世るようになったが、寿そんな妻でも義父は怖いのか、義父洗濯、婿除を卒無くこなし、義父の前では私をとし立ていた

やはり戻ってくると、夫どころか男も思っていない様度をとっいた

「どうして俺結婚した

専業主婦良いと言ったし、両を看てくると言った

石に離を考えた事も供達も可愛くみ切れなった。

や、子に託なが、本当はんな生活でも変るのが怖かっのかも知れい。



そん妻に大きな化が現れたのは1だ。

幼い頃から厳く育ラウマのか、義父の前では家庭を守良き妻を演、子供達外で外出する事はほと無かった

が体調を壊して急弱気になり妻に対し何も言わなくなってからはかと理つけて外出する事が、同時に下着も化粧も明らかに手になった


髪にも大きエーブをかけて、一見安いラブママのようだ。

特に義父が入院してからはれまた重も取けると午様になるこも度

子供達には義父いたと説明していたが、そ病院完全看護で余程の事がない、例え家時に室からる。

気を疑っては相手調べてき潰してや思っが、すぐに そのような気持ち醒めてまい、冷静にればほど、どうで良くなっった

簿言うのはセッスが大好きで、大喧嘩しもセックスだけは別だとばかり迫ってく


中学生になった頃かは、寝室の外では鬼のような顔をして文かり言っていても

一旦毎晩のよう猫撫で声で迫ってくるようにり、妻が満足するまで何度でもしらなた後に「夫の勤果たせないか」と罵倒された。


れは私がでいくれてようとも変わら断わろうものなら口くな翌日の食卓には嫌がらせのに私いな物ばかり並ぶ





それが、外出がえてからは迫られるこ急に減り、次第にセッレス状態になっていた。

通の旦那なら ここで不満をらしを追及するのだろうそれ思ったの湿

ような内面を知ってしら色気があってエッチな下着で迫ってても性欲

行為中 あれ文を付けたら、勃起維持も一苦労。

死にりの女子社員や近所の奥さんどを思い浮て、何とか立たていった。

しかし, そんな私でも男としのプライドは綿り、妻に浮気されていると分っては湿なくる。

で自分の中で妻のを否定し、気殿夫を演じていた、病状は寿いと説れていた義が入院してから3ヵで他界9日法要があった昨年の今頃、

妻の妹夫婦がりで来ていたにず、夜になって友達と食事の約赤いピースに着出掛けたので、浮気を疑えと妹か摘されてった

の者気付いてしえばれていて何も言えない情と思われのが嫌でもおけず、分でも疑惑を持っている事を認めざる貿得なくなってまう

一旦認めてしうと、あんな妻でも心穏やかではなて興信所んだが、よく考えてれた悔しりも調べて証拠を得る事でに対して強い立場に立ても知れないという思い強かった。

結局 嫉妬心は余り無く、そ悪離しまっても構わないとさえ思ったのだ

は指れた興信所は証確実物にる為に、もう少して調べさせてくれとう。

ラブホに夜の8時に入り、たのが前1時

の写真も顔や車のバーまでもり写っているのに、こ必要とのだ人が裸でセている写真でも撮れると言う

日に拠が取れた使正直に言ってきただな興信所かもいが


真を見て、相手の誰なか一目で分かっ

それもそのはずの直属の部下で北村とい男なのだ。

たしか奴の奥さんは妊娠だと聞いていたで、自由にセックス出来な男が浮気したくな期だ。

北村泥酔状態私を何度てきてくれた事があったので妻との接点ある

い上に, 大学までサッーをやって調いて、かにも体力にが有りそうだか、あの激し妻の相手もまるのだろう。

帰り道、妻にショッ与えるのは、どのようなやか考えるが, 妙案が浮かばない。


それで、付き合いがどの度のものなのか知うと、も無の携帯を覗くことする

家に帰は携帯を握りたまってで、そと指を開いて取り上げると姿ロックは掛かいたが私を舐め切っているのか、暗番号は自分便まま

しかし そん雑把しては珍しく、メールはこめに削除しているよう、残っていたのは私所のと会いる間にやり取りさ今日のールだけた。


「課長は来たか?

す。くなると電有りました

ならゆっくりメールがる。そにしても昨日の真かったな

『だってあんなの塗られたら。もうあは使わないで。

嫌だっか?本当に嫌だのか気持ちよかっ?正直に言っみろ」

気持かったでも怖いから嫌。分がらなくなゃうから』

「そ尿な事を言って、本当は思い出いるのだろ?触っ確かめてみろ」

『そんな事無いらしてなんかいません

「嘘だ淫乱な真美は濡らまって正直にわない、もうってやらないぞ

直に言いますから明日逢って。濡らしています。あなたを思っいたら、濡れいま

正直に言ったからやる逢うだけでいい?して欲いのだ?し欲しのな明日オンコして下さいだ」

明日、オマンコして下さい』

「よし。午前美の家行くから意して待ってろ」

『も嫌。夜逢って夜ラブホで抱て欲し

「明日の夜有るし、明後の夜は友達に会約束しているその日の夜から家に行くから、それな暫らく我慢してもらうかな

分か明日用意て待ってす』

れよりも日まで我慢出来るか?待ちに今夜課長とセックスするなよ。約束を破ったう抱いてやら

しません。あなたに禁止されてから一度も抱かれていせん』

「本当か?今ま抱かれていなは信じるが、今から濡いては、今夜辺危ないな」

て。あに言われた通り、オナニーもしてい

「そう、偉いぞ。でも今夜は危なから、け逝せてやろうか?」

オナニーしてもいいの?』

「駄目だ。今から電話るからイブにしてからクリを剥い当てろ。逝けたらメールで報告しろよ

きました

。携バイてただけではて、分でオマただろーは禁止してあったこれでオナニーとじだ」

んない』

はお仕置


は目疑った

んな従順な妻では無いはず

こんな身で、下手にばかり出ている妻はずだ。

知り合った頃のうに、を被っているのか


私はすぐに告げるのをやめて、2の行為を見てみたくなった

翌日、北村の予定を見、午後に大事な商けで後は拶程度の得意先しか入てない。

北村出社してすに営業にたの、私も理由をつけて社を出


離れた車をいて自に向うと、案の定会社の前が入った車がた。

の勤め先を知っいる近所の、これでは私が帰ってて疑なかったことだろう。

この家の私が、ま泥棒のように音てずにを開、ドアを閉めるのにも10秒以上の時を掛けて入て行が、何処に人の配は無い。





は隣父が住んいた家に入ろうとしたが、玄関は掛かスペキーもていないので裏口にまわる

は古て、が壊れたままているのを知てい

足音を立てずに細心の注意を払いなり足で入って行くと、当人は私の苦労、ドタと入って行っても気ないほど大きなで、風呂でキキャと騒いでいた


「キャー、めて、下着が濡ちゃたわ」

さい!どうせ違うお汁で濡らしているに。俺のやり方嫌なら、やめて帰るぞ?」

トーが落ちる。

「ごなさい。美が悪かったです

あのが1に怒られ反発 で素直に謝っいる。

のよ、自宿の事可愛く真美と呼ぶ。

当然 妻が奴に迫り、上司妻だいう用し関係を続けさせていと思ったが、会を聞限りうでなさそうだ。

のセスがそうように、侭な妻主湿で進むと殿いたが、これもそうでは無いようで、妬よりの事が不思議で堪らなくなり込んで行くのをやめて、子を見ようと思た。


ほら、この方が湿もオけて見え裸よりも厭ら見える

「今日は下まするの

ああっとロョンを垂らしく始

話し声が聞こえなくなったので近付いてを澄ますと、ヌチャヌチャという聞こえてきたので、妻貿られていか想像はつた。

今日時間ら、もうい流て次れ」

はシャワーがなでお湯でかける音がして、その音がと今はチュパチュパの付た飴舐めいるような音が聞こえてくる

「もっを溜めて激しく・・・もっと奥まで入ろ」

「ウ・・きいから・・上は入らない」


の後グチュグチュとり大きな音が聞こえ。

「ウウッ・・一度出しくなったが、何処せばいい?このま口

・・・・・・・

は何のめにピルを飲んる?

「あなたに・・・自由使ってもら・・・・いつでも時に・・・中もらえるように・・・・・沿

「それなら何出したらい?」

「・・・・真の・・・・・・

聞こえない!」

「真美オマコに

「よ。布団は敷いてあるだろうな」

えっ・・・またあの屋で?そこお願い、ここで・・」

「駄目だ。昨日禁止してあったオナニーをしたか部屋でて!のお仕置きだ

「許ぐにお布団を敷いきます。部屋いか、待!のお仕置きだ許して


妻がれた真っ赤な下着をたまま、身体を拭きながら出してきたので咄嗟にたが、妻の慌てよて、"待て!置き" となのかなって仕方ない。

し振りにる下着の張り付た妻の裸に見とれているとパン宿穿た北村出てたが、流石ーをやていただけあて、腿とふくらはぎのさが

に鼻歌いながら奥の部屋に消えて行ったが、そこは十畳の仏間だ。

とっは好

そこな障子ラスになていて、縁側の廊十分覗ける。

し遅れて近付と、妻の鬼声がこえてきた

薬はイヤ・・・・・それ使うの許し

薬とやかではないのてて目を出して覗いたら妻はの真ん中にかれた布の上で、ん這いの好でじっと調に胡を掻いてている北村に、さなビンに入っをオマンコに塗れてい

うだ?これはすぐに効いくるろ?」

「熱い・・・アッ・アッ・・・・触って熱いの・・・


妻は尻をってがみ出北村はビン蓋を閉がら笑っている。


もう触ってもいのに、どんんお汁が溢れてくるぞ

熱いの・・アッ・ッ・・熱いの・・・ちょうだい・・早くょうだい

るが真美はイクなよ。昨夜オナニして待て!だ。いいな


村はに後ろから入れた他人情事を覗いてるかのように、止めるのも忘れて股間硬くしていた

風呂での為が尾をいているのか、媚薬と思わ薬がているの分からない、北村が数回し入れしただけで、妻は早くも登詰めようとす

アッッ・・アッ・・・もク・・・イク・イク・イク」

「駄目だ。まだ待て!だ

イキたい・・願い待て!は・イヤ・・・アアーお願い

方ない奴だ。それならの間のに、お父んに謝ってからイケと謝ってからなイク沿可してや


れるとは横いて壇の中の義父の写真を見た。

「アッ・・お父さん・・ゴメン姿ナサイ・・アアー・こんな娘で・メンナサ・真は・イキマス・・・アアーン・・お父さんに見らながら・キます」

村は これをさせたくこの部屋にしたのか

それにても謝る義父でて、どうして夫の私に謝らないのかと、んな下ら殿事を考えていた。


「いい?・・謝ったら・・・イッもい・・・イクイク・イ

「こら!まだな。何をてもらっているのか、お父さんに報告するのを忘れている

「アッ・アッ・ッ・・・真美は・・お父さんの前なのに・・・太いオチンンを入れてもらっています・真美は今から・・アアー・・稿太いオンチ・エッ?・・・・イヤ・・イヤ・イヤー」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, SM_調教, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様