2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

喪失

 



わたしが、体験しを書ます

時のことはまだ誰にも話ことはあ稿ません。気軽に話せるでもません・・・。

かなり暗い話になるとが、ご笑読くださ


わたしはちど五十歳でし

の寛子は一回若く、三十八歳。

晩婚、子供はひとりで幼、幼稚園に通う娘いま

したエヌ市で個人商店をいていまた。

わたしは商品の仕入、おを回るのにく、店のほう妻の寛子にませっりになることも多かですが、なにしろ、幼児を抱える身なので大す。

幸い当時経営状態わるはなか、わたたちは相談して、手伝のアルバトを募集するこにしました。

そのを見て、とり青年がやってきました。

須田勇次(名)いう名の、いいうーターで、二し過ぎた西いの若者です

いまはフリーターといえ、勇は見目も潔で殿感じもよく、はきはきる快活な男でした

呼ばれるH大通っていけれども、イラストーターになるというのために中退、いまはアルイトをしながら、夜間の専門学校にている。

後になってはわたしたちそう言いました。


したを気に入り、雇うことにしました。

勇次、わたしが出る、木、金簿店に来て、店番やそのか色々な雑務ことにりまし


最初は何もかもが順調いくように思えました。

次を雇って二週間経った頃、彼についてに聞いてみる

店の事は熱心にいいから商売に向いているみいです」

「そうか。名門退してで夢を追い、夜学校へ通っるくらいだからなの大学生みたいなボンボンとはゃんと仕事気構来てだろ

「そうですね・・・あこのんか、仕わって下宿前に、

ん、なんか仕事でおにできことがあったら遠慮く言って

なんてです

うど雨戸のてつけ悪くてものすから、次君にお願いして直してもらた」

「ほ。寛子かな人使いが荒

いや・・・そんなこと

「冗だよ」

そんな会話をしで笑っものです。



のときはやる破のときを知もしないで、遅くにでた愛る娘を抱わたしたち家族は幸せでし


--------------------





次を雇ほどった頃です

その日、妻外出していて、わしが店番をしていま

わたしがいるきはは非番です

所で店を経しているさんに入てきた。

しばらく雑談をしていと、彼が急になことを言出しです。

この前の木曜だがどうしてこの店閉まってたんだ?」

・・何時ごろのとです?」


あ・何時だったか・・昼の二時くらいたと思うがなあ。

ちょっとを出て、この店のを通がかっに、の戸が西ている見えんだよ。

いてみ ど、誰もかったうな・・・

(おかしいな・

は思

昼のといえば、ま娘を幼稚園に迎えいく時刻でもなく、店に妻の寛子と勇次

かが何かの用が出来たにても、残るひとりは店番をしるはず

妻からはも聞いてません。

さんはなかっかのように話題をえ、しばらく雑談しましたがの頭先ほど引っかかったていました。


その、わた間でレビを見ながら、台所で忙しく食事の用意をなさ装ってした。

「この前の木曜昼に、の前を通りが田さ店が閉ってようだったと言ってたんが・何かたのかい?

あ・・はい、娘具合わるいとから連絡があった、勇次くんに車を出してもら、ふで迎えに行ったん

いてない

「たたこはなく結局、病にも行かだっのであなたには・・」

妻はり向くこともせず、明しました。

わたしはきび家事をしてい妻の後ろ姿を眺めながら、んやと不安が胸に広がっていくの感じした

心の中では、妻の言うことは本当だ、張す声が響いてたのでが、の一方、本当だろうか、とぼそぼそ異議を申したのです 

結婚してはじめいをもっ間でした。



し、寛子が嘘をているとして、それではそのとき寛子はをしていのか簿

一緒にいた勇次は? 

さか・・いやんなはずはない。

勇次では年が違いすぎる。

の中吹きていたが、顔は平した表情でわたしは妻を見


妻の寛子は、のおとなしい性格沿と同様にい、やさしい顔便です

こかにまげな雰囲気を残していましたが、スタイルはよ豊満でした

甲斐もないとら、当時のわたしはに三日は妻抱いてい

はいえ、妻は野の花のよ誰にでもるものはない。

しがかれるようにい勇次が妻女性に惹かれるようなことはな

う言いかせた。


--------------------


んなある日です。

妻は体調がすぐなそうだたので、ないとでたが、わたし娘を幼稚園に迎えに行きました

のとき、幼稚の先生から妙こと殿言わです。

「昨は奥うなされたのですか?」


「え 何です?」

・・ああ、は

昨日は普段宿宿時刻になっても奥様が来ら。一間遅でお見になりましたが、娘さんは待ちつかれてねむになってました


「・・・そうすか・・・あのつかぬことをお伺いしすが、この前木曜に娘が具が悪くなて、迎えに来たというはありまし


・・わたしのにはせんが・・奥がそう仰っか?


「い、違なんありません。すみません

たしはうやむ打ち娘を連れ、家路につきました。

ぼんやりとした疑、はきりと形をってくるのを感じ、わたしは肌が立つ思いでた。

妻は間違いなく退嘘をつてい

そのとがわたしをました


これまで夫婦で苦しいときもつらいきもふたで切り抜けてきまし

まの形でっていけているの、妻の内助のかげだとっていまし

そのが・・・。

までついて妻は何をしているの



たしはそを考えまいました。




し、考としても、脳裏に・・そして勇の姿がわしく歪んだ姿で浮かんでくるのです



「店長!」

いきり声かけられて驚きました。

です

たしとの姿偶然 見て、駆けきた、と彼はわらいた。

いま、学校へ行く途

勇次はそう言うと、娘ほうをみました。

娘も勇次になついいま。娘と戯る勇

かし、ふりをるわ表情姿暗かことでし

ただ、いまの姿を見が妻と浮をしていなどという想像はおよ現実的にまし

むしろのような不穏な想像をしてい自分ずかくおもえてくるほど、勇次ははらつと、陰りないでし

どうしたす? 長。でもわるですか」

何でもないよ・・・ちょっとれただ

く帰っゆっくり休でくだいよ可愛んが待ってるじゃですか

を言っんだ、まったく」

たしのとき、勇ととにわした中にはびっりといていました


--------------------


しが幼稚園へ娘を迎えに行き、先話からの疑惑を深めたそのことです

くち刺すうな安と、爆発しそ憤りなが、わたしは妻問い詰ることは出来せんでした。

になれず、鬱々とした呂に入り、食事とりました。

妻は、もともと口数の少なその日はわた嫌にづいてためか、とさら無口

ころが、寝るになって


明日は、昼かっと外へてもいいで」と言いました

は水殿で、店番はわたしとめるす。

「どうし? どこかへ行く退のか?」

いお会お・・・」

なく歯切れの調です。

妻を見るわしの顔は、筋張ったようでした。

いついに行んじゃないのか・・・!)

ずそうびだろでした。かし胸中のもいを押し殺して

「いいよ。店番はおれがするから、ゆっくいで」

ました。

のと、わたしはとつの決してました。



「幼園のお迎えの時刻まには帰ってきま

妻が店を出たのはの一時をまわっ刻のことでし

たしは普段変わらない様子で妻を見妻の姿見えなくなると、すぐに店を閉めました。

そしは妻、見らないように慎重につていきました。

妻はわ行くと言ていた前と湿はまるで方向へ歩いてます。

分ほど歩い、妻はある古ぼアパトにってきまし

前夜、わしは勇り出しての現住所をメモして置いたが、確認するまなく、そこは次のむアパートでした

たし然とそのアで立ち尽くしていました。

が、こうしてばかりもないとおもい震える前夜つけたメから勇次の部屋確認した後、たしは中した

中は不安と絶望、そて怒りニック状た。

これかしも浮の現場を押さえとして、わたしはどう行すべきだ

勇次を殴り、妻を罵倒し・・その先は? 

れで妻と生活も終わってしまうのだろう

どうなってしまうのだろうか。

たしはそんなやもやした考えではちきれそうだた。

興奮と緊張れそになりながら勇次の部まできたわた次の瞬間に凍まし

妻の声が聞こえたのです

それも寝室でしか聞とのな

高く細く、そしてしいに稿強めながら、啼いてました。

たしは思わず、部屋の手をまし

鍵はかかていませでした。

たしはそろと屋へ忍び込みました

いアパートの一す。

間兼室は戸が開き放しでした。



いまし

素裸で、四ん這いの格好そり窺うわたに尻を向けてい

その尻に、これまた全裸の勇次がとりつき、腰を激しく妻の尻にちつけています



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様