2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

突然の海外赴任

 



3人幸せに暮らしてた私に然の話が持がったのは今から4年ほど前


と何日もし合ましたが、赴が地球の裏側と遠事や期間が事、

、娘に行き出してからめていた銀行比較的近い所に有る支店にパートとて雇っらえた事な

ついいと言らない妻をして、単身で赴任する簿いう私の意見を押し通しました。

--------------------

初、1年ぐらい頼むとていた赴任でしが結局半年延びようく帰国出来た、私43妻 智子3、結5年目にやっと授かった娘、理香が8歳になったでした。

空港に着いて、必要なを詰め込んーツケースをけ取っそこには家族沿や知り合いの人迎に来、大勢の人達で ごいましたが、私を迎に来誰もいまん。

それその筈、海外赴任終った使事や、私が今日帰国、妻や身内には誰にも知らせいないのです

は、私が赴任して7ヶ月ほど経った頃かかってきた、私のからのの電まりまし

帰っれないのか?暇ぐらいは有るのだろ

それは無理。ここはの裏だぞ本までけかかると思っているんだ?お金だってかかる。」

旅費ならが出から

お袋、だうた?何か有ったか?」


の話によるとほど前から妻行動がわったと言のです。

残業と言、帰の遅が何日も有り、先週の土曜日は休日出勤にたと言って娘を

の後、友達の相談にいて遅くなったから泊もらうと電話有り娘を迎に来たのは日曜昼近ったそうで

「智子と嘩でもしたのか?それも理預かが疲れるのか?

「いや、智子さんは良くくれるし、理ちゃんを預かれる事は嬉しよ。」

もうやておけ。の思い過ごだ。」

時、後ろから父の声が聞こえ、電話は切られてしまいました


が何を言いたかっのかは、想像がつきましが、その様な事は とても信じられる事ではりませんでした。

妻の両親は、妻が小学生離婚しそれも親の力が原因だっ、怖い思をしたが残

母親と姉の女だけの家庭で女子高子短大、男性恐怖症とまでは行きませんが、男性には 人した


会社有った銀行の口に座っていた制服なけれ校生も通りな、童顔で可愛宿は反比例するかのように制服ち上いるギャ惹かれて交際を申込んだが、

なかなデーじてもらえず携帯も無かったの半年以上手紙の交換がきました

の内容では私に好意持ってくれているようたのでが、初めトを承諾しくれたは半年上経てからその時も 私の横ではなくてし後ろを歩いてのを思い出し

2人で逢なってか、見掛けだではなくて妻の真面目で可愛い性格に惚れ、後も妻真面目で誠実な湿 変わる事が有りませんでした。


妻が気をする事など想も出来ませ

何より、を愛てくれてるという自が有りまし

任する前日の夜に妻後、




絶対に浮気はし

もし浮気しら離婚します。いいなたと相手を殺しに行き

は何があてもあなたを事は無いから。あなた我慢してね。」

う言っていのは

そのな訳で、そ時は母話し一笑に伏、あり気もしまんで


私達夫婦には、家のローンも早わろうという目があた。

地は、親から貰ので、私の退職金まにしなくても良いとっていまたが

凝った作りしまったお金、退職金の一部も充にしなけばならなくなっしまいました。

し、娘 老後を見てもらう事は考えず、退金は、全て残そうという事なり、妻勤めに出たのです。

の様な訳で 海外赴任色々な手当ても使ずに、来る限り節約掛けていたの日本に帰る事もしないで電話も極力控てEメー我慢ていまし

--------------------

沿ら数週間経っ頃、私様に単身赴任して来てい関連会間達から、女買いに行こうと誘われましたした。

決しての海外買春えるような大それた理由ではなく、妻を裏切る事が嫌だったのです

しかし、は、男と情け無な風潮が有ったで、家ローンを由にしたのですが

本とは違千円も有分楽しめるとく誘われて、その様な事から遠ざかていた私は少迷いながらも結局 断でした


1人で宿舎に戻妻の事を考えてい時、忘れかかっいた電話を思しました

て何年かは妻からめる有りませんでしたが、が生まれては 徐々に積極的になり出し、妻から求て来る事も珍しなり

海外赴任決まっ頃に普段の大人しいじのからは想像出来なほどセスを様になっていした。

以前 使うとした時は嫌がってんなを使ったら離婚するわれ、決して使わえなども、

頃に、一応 最初は嫌がるりを見せ口だけで、いざ使い出れだ何度も気を遣ど感ました。

んな妻を思い出している私が我慢している様に、も我慢しているはずと思いがらも、少し不安にり出し、

妻にて浮気など無いと自分にい聞かせがら、海外電話なた事の母が、苦して電話をけてきた事が気なりました。


それで年が過ぎたには、考えたで これていてうにで、妻を信事にしようと、そんな時に母から また電話がかかり。

「まだ帰して貰えないのか社長に頼んで1日湿せてってく

た?また智子のが可しい言いたいの


の話では、あら妻の服徐々に派手、次第粧も濃く髪も明るい栗て、見た目5歳くなったと言うです

の上、残業だとて 帰りが遅い日もえ、も休日出勤だとか、娘役員だとか言て、を預けて外る事が増え出し、

最近で泊ま旅行が有り、相談に乗って帰れないから子供を頼むと電話して来て朝帰した事も何度か有るそうです。

--------------------

それからの妻の浮、会えないだに身を切る様な思いをしていました

いた持ちも有りましたが、浮気でなかた時の妻の母が告げ口したと知ったの、母との関係と出来ません。

違いだった時は、妻の気持ちを逆に裏切になってまいす。

かと言っこのまの気ちでは笑って妻に逢えないと思な帰国なっしまったの

り継ぎの時外は、ほど眠っていて、日本着いたのは朝だったので大した時

港をとレンタカーを、赴任する時に携を解約していたので新しい携を買た。

の方入れて間、来週の月までは出社しなく良かったのでが、万が宅に電話でもれて国した事がにばれない様に、便会社帰国の挨拶に行っ、連絡は全て携帯にしてもらうように頼で来まし

--------------------

の日時前には、妻勤めている銀近くにめて見張ていると、5少し過ぎた頃銀行出てきた妻は、くのバス停で立っいます。

確か、妻に似ているが妻だかと戸惑湿ど、若い時からずっと肩までった髪より長く伸栗色に染め、眉も細し、アイシーも濃、唇は濡れたようンク尿ップを塗ていて、1年逆になり 若った様見えますが、

だ服装は手なは無く、バスを待っていも おかしな素りは有ません

妻の心れてまっも知れないと少いた私は、すぐ妻前に寿出し行きにでも妻愛をかめたくなっしまましが、そんちをぐっとして、先回りしました。

の実家はが家から200メートル程しか離ん。

実家は兄夫婦が跡を継ぐ予定だったのが、兄が遠くに転勤にた為に、は両親が二人けで暮らして近くにあた土地をて家を建て私達、面倒を看てます

倒をてい言っめに出だしてからは、娘の幼稚まで送り迎えや、学校にがってからは終ると、娘はに帰るという活だったの

昼間娘の世話は ほど母や父がてくれていて、こちらが面倒を見てもっている湿状態でし

娘も その様慣れしまい、最近で1人で家に泊まる事もしい事ではうです


見える所車をめていくして妻が入って行き、すぐに娘の手を来また。

「理。」

思わ娘の前を呼んまいましたが、離れてい人には聞えるん。


て行けば抱き締る事も出来る、今夜はで楽しくすごせると思ましたがしまっては妻をらさなければませ

まで調べて、何も無け方が良いの

の浮気確かめた当は潔白いのと自に言い聞かして我慢ました。湿

--------------------

の日も 妻に疑い行無く、その夜ホテル帰ると

〔休みは後2日差ぼけはど無いと綿ても、疲れは有るの明後日も、な事をるの

日間の内何か行動をこすとう保証いしに不可解な行とった、素人の調事がろうか?

り、聞いた俺の誤かも知れない。

そう考えてと急に馬鹿鹿してしい、明日の朝は家に帰り、残日間くり過ごしてら、は追々問いただ決めて眠につた。


朝にって我がら近い駅に有るレー屋に返し、2日も前に帰っていなら連絡もしないこのをしていた後ろめ綿ら、

電話をして迎えむ事に、後で車で取りに来ようのロッカーケースを預ける事がばれた時のを考えながら、我が家に向かって歩いていまし

すると、その途中、うから妻が歩いて来るではりませんか。




は 赤いシャツミニスートと、今で見た無い様な格好だったの気付くのが遅くニスになりそうだったのです

慌ててンビニにだ事など、私が日本るとは夢にも思っていない妻は全くんでした。

は、今にもパンィーえそう短いスが気になってが有りません。

何故なら妻は若いから普通のミニスカーでさえ、穿いていた事便度も無かったです

私は雑誌で顔をしながが通り過ぎるの簿を待って後をつけるは駅に行き、切符を買って改札を通って行きます。

ームにる階段行くは、前く男達視線は全簿妻のお尻に向ていした。

妻は婿に持隠しているつもりで歩く度に左右に揺で、より近くを歩い男達ィー時々ていのかも知ません。

おまけに、ニスカトはタイト気味に、お尻の形や 恐らで有ろパンテの形まで、はっきりとかっしまうの

こん気持ちで尾行していでさえ、相手にも関ず 男ベ心が出てまい、 お尻や白くッチリと腿に行ってしまいます

が乗った時はドア閉ま直前だったので 妻と同じ車になってしまい、少し離れているとは言っても 平日と違い較的ていたの尿で 見つから心配まし、妻私に付くどこか車両の隅の方にって、ずっと退顔を隠す様に俯い

が降りたのは、銀に一番近い駅だで、やはり休日出勤かとも思いましたが、私からでは、スの方が遥かに便利が良く、バスなら券もている筈お金払って電車に乗る事西えられませんでした。

が駅のトイレに入っ行ったで、離れの陰で待ったのですが、

まで、妻を見失い様に、妻に見ない様に必死だった私の気持ちに余裕が生れると、

年半に妻に何が起こたのか、の様な境の変化での様な姿で人前に出れる様にったのか、不安で押し潰されそうで

は、の目にすで、私は色気も有って丁太さ思っていチリとした太腿や、私が尿慢の豊満な胸でさえも、

してればコンプレッのほ何者無く、出来限り その事を気付かれなを選んで着てい

娘を連れて海水浴に行時もになる嫌がり、1人日傘を差して辺に座って見ていました。


が、ワンサズ小さいのを買ってしかと思えな、今にも胸のボタンが弾け飛そうなツを着ていて、かもそシャツは人目を引赤なのです

い人でも余り穿いよ、今にィー見えそうなほど短いスカー子供のいる38の妻が穿コンレックスだった太腿目にさらしているので

当然の様な姿を近所の人達にもられしょうが、以前の妻死ぬほど恥ずい事だったに違い有りませ


暫らくし、トレから出てサン寿ラスまし

妻が私の方に向かって歩いてきたのは柱に隠てやり過ごしたのすが歩く度に片方つお尻がスカートに張付いた様な状態になり、穿いていパンテ男子が穿く水着の様な、超ニの物だと分かりまた。

妻がレで穿て来たかと思いました使が、上がて行時に、簿りと下着の形が分かと言うのの思い違

私の距からでは下ラインしらず、私知る限りではこの様な下綿着は持っていなかっ稿た為に、勝に上のラ想像して、頭の中で作ってしまっのかも知れません。

にしても、これは前黒い翳ずに、パンテら、は出てしまていしょ

この様ィーを穿い事からも、に何ると確私は絶望感を覚えしたが、か尾行を続行すると

やはり妻は向か駅をで銀行とは逆、私れなつけが、他人から見れば、ストーカーと間違えらないか心配でした。

--------------------

らくて行くと妻は4階建ての部屋6ほ小さなア綿トに入っ、私も入って行こうとたのですがり口がオートロッってる事が出来ません。

ここ不審な行重なると、否が応事実を受け止めなけばならなくなった私、貧こしそうになり、その場に座り込んでしまいた。


るとグラをかけてドフした坊主頭が、頭でズムをとりながて来て。

さん、大丈夫か?救急車るか?」

葉使いは茶苦茶です、それでもしゃがで私と同じ目線話しくれ、親切な若感じたので。

ありとう。それよも今入って行った女事を知ら?今日たとか、よ見掛けるとか、部屋行ったとか。


おっさんは?そんな訳いよ張り込みで顔をして座込んでしまう刑事なん事がな。それ?その顔だといな。どっち人のごたごに巻まれるのは嫌だから。じあな。


私にを向けて、手を何度か振って去っうとするに、1万円札を出して

「これで何とか頼む。

り向いた若者は。

。そんな技を出されたら断れない。ここで西し辛からかいの喫茶店にでくか?」

喫茶店に入って話を聞く、妻とは前かよく階段ですれ違うとてくした。


「どこの寿部屋に入ってか分らないか?」


「俺の丁度 真下に住んでいる、1人暮らしの親父の所さここら見えるろ?2階右端の部屋さが30沿。」


いく位のだ?


「親父の歳は分かり難いからな。おさんのぐらいじゃ無のか?やあが来る時は、きちんとしているが、の女時は髪もぼさぼさで昼間でもジャマまま新聞を取に来冴えい親さ。」


若者が指差した郵便けをみる01所に稲って有りました。

から見ても、おそらく独身の1人らしか単身赴任者が借りアパートの様で号の所に前が貼ってあるの稲垣だす。

「あの親は見張りなのか、てやる。俺 そんなが有ったらっと広いアパートに引っ越すよ

ちらしても あ女と宿無いな

女はいつもサングをしていて、俺時は必ず俯いているし人で掛け時は決ま出て、あたりロキ渡して女がてくる

そうが、父もと一 夜でも必ずサンラスをしてい乗り込むでは外さない

、よく有る不倫の関係といな。


の顔がる蒼ざめ行くが自分でも分かりました

の動揺を察は1をテーブルに置く

「本おっさんが あ女の湿ろ?そんな血の気の引い顔をされたら、可哀想でこれ貰えない。


「ありがとう。これは取っいてくれ。また何かに来るかも知れないか、その時は本当にありがとう。

--------------------

だ若者と話してい時はよかったのですが、彼が出て行った 1人になと足が震え出意識すればするほど、震は大きくなっまい止まりません。

り、悔し望感



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様