2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




商談がってホテルにと、ロビーで若女性に声を掛けられた。

若いと言っても30代前のようなのだ、私のな おじさらすれば随若く、ニのタイトスカに目を奪れてしまう。

なた・・・・・・」

この女性には見覚える。



それ二週間ほど前事。

いつものように出勤前にゴミ出しにくと、彼女が困った顔で立った。

を分けなくてはなのですね」

けば引っ越してたばかりでここにゴミすのは初


困ったわ。戻いる時無いし」

「そのぐらいら私の袋裕があまするかかったらさい」


彼女とは治会の事どを説明しながら駅まで一に歩いたけで、その後、事は無かったが、私記憶には彼女の事が鮮に残いた。

れはミを選分けている間だ彼女の胸から真っブラジャーと共に、白くらかそうな乳房がずったからだ。

「出張ですか?

はい


「私はめての出、一度部行ったのですが明かけ方分から寿なく

「あ。こは入口のイッチの、ルームーにていキールダを差しむのですよ」

「そうすっ。今フロンで教えらい


緒にレベターに乗私は3階だったの湿で先降りて部に入る、5分ほどしてアがノックれた。

「やはり明かりのけ方が分かくて、ご惑かいましたが、何ロントに聞きにくのが恥ずしく

「私の部屋まし


「32とかれたルームーをっていしたから」

私はキーダーかりを一度消し、もう度差し込て見せた、私にぴった添う彼は、ほのかな香水の香りが漂ってい


めに差し込むのね。このテル初めてなので

ての出張では何かと大変ですね」


上司れなくな代わりに来た言う


「お食事はうさまし

上司はつも外に食べに行くしく夕食は付いないとフロン言われので、かとていたところす」




「大な声言えませんが、ここの食事はあまりくな便もいつも外に食に行くのですよ


の辺りの地理に詳しくなので、ホに頼もうと思っていたと言彼女を誘、こ出張した時にいつも行く居た。


そして私は久し振りに時間をす。

それと言うのも一ヵほど前から妻が笑を見せなくなりっているのか二週間前らは、必要限の以外口も利いてれない。


このよ態度の妻は初めて、私には これ言って思いる事は無かるとすれば妻を誘「その気なれの」と言って断われ、今まで訳られが無か私は翌朝拗ねて口を利かった事がある。


それどこかクシャクしていたのは確、それ三週ど前の事で様子がおかしくなったのはそのなのだ。

言い西なる尿妻との関この様でなら、彼女をは無かっただろ



が回ったところ彼女の聞くと、年齢は3歳で最離婚して近所して来たと言う。

も男なので、ほんり赤く染て色気が増した彼女を見てい姿説きたなった愛している妻を裏切は出分を抑えた。

ホテルに帰ってからも、彼女に誘れて、部屋でールを飲彼女トを脱いだために薄いブラ越しに見え豊かな胸を見週間の光景を思てしまっ、これも こは不味と思っビール一本んで退散した

--------------------

そして出張から帰た翌日、妻は11時てもて来な

も仕事を持っていたので、あるの付き合いは認めていたが、連絡もしにように遅った事めてだ。

れで携帯に電話したが、られてて、局 妻が帰って来たのは午前過ぎていた。


「携帯の電源ま切って、こんな遅く 何処いた

処にいって勝手でしょ!嫌なら離婚しましう!


私は驚きで言葉が続かなかった。

このような激しい口調を見たの初めたが、簡に離婚を信じられ

私が7で、妻がの時結婚て18年

所でオシドリ夫婦で通っていて、私もそ自負しいた。

こ最近は少し様子がおかしかったが、れでも私のに対愛は変わらずも私を愛れてい信じていた。


その妻の口から離という言葉が出た。

「本で言っている?」

「だって、もう私の事をないのでょ!」

はバッから興所の名前のった封筒を出すと、その中に入っていた数枚の真を並べる

彼女とめて会っ日に、楽しに話をしながら駅まで歩く姿

出張先のホのロ簿ら話す二人。


して二人、一緒にエレベータ乗り込

女と居酒屋へ行った時真もあが、酔った女はで足元ふらい事に写では私の腕を抱締めに掴んいる

何よりも決定的なの、いに撮られたの人で彼女の部屋に入っ姿まであ

「誰なの!」

「渡辺さんという簿出しに行った時合っ・・・・・」


「下名前は!」

は聞なかったかからないんだ。名字し聞いてい」


き合って、そんな訳しょ!」

き合ってなどない。偶て、に食事して


は彼経緯詳しく話したがは全てくれ

「言いたくないのなられでいわ。の身元かったら、興信所から絡が入事になってい

出張く二週貿間前ら妻が口を利ったのは、彼女と歩く姿興信から連絡れたからなか。

一ヶ前から様子かしったと言う事は、の頃ら私関係をっていたか。

と会っ二週間らまだ分かるヵ月も前から疑れる様事は私にく身に覚えが無い。

「こ

--------------------

その後妻は時々連絡なし遅く帰る事が、中には午前様になる事もあので、誰と何してるの気になったが、二人だけのは口も利いてくれないのと、を誘て二人だけで食事をした罪悪あって、妻に対して何の追も出来なかっ

が怒るのは最で、あのよ写真せら、こ逆なら私でも信用出来ずに激ただろう

いのか?」

私のは放ってお渉しないで!」


を疑っていて怒っていたとしても、えめで大人しか妻のわり様に驚きを

見るからにしいお母さといったが、と一緒時には顔付きまで変わる



「渡辺なんて退ったのね。それにゴミを出行って知りったも嘘じゃない

そんに彼女を庇かっの?木下恵理36歳

もな、わざわざここまでゴを出しに来たと


に帰って来た妻は私を睨たがっている事意味が理出来かった。

「木下?は近に住んでいない?」


だ惚ける気!



離婚しいて独身だと嘘を吐いていたらしいわね

そうなると彼女も被害者だ女には責任の追は出来ないけれたには任をとてもらいます。

供達が手を離るまは離婚しないけど、私の事は今後一切干渉しないで」


を言っている?さっぱり意味が分からん第一俺と彼女は そのような関係では無い。彼女に聞いてもらえば分かる」


「彼女と電話で話したけ、彼女は素に認めたわよ


が分からなくなった。

現実女とはもなだ。


女のちらかがを吐いて

妻がまで私陥れるなどは考えられないが、彼女もまた間には見えなた。

--------------------

私は女に事情を聞くのが解決の近道と思、妻が持っている興信所からの彼女の情報が知りたくて日帰るとが隠しそうなとこして


ると子供達が開ける事の、私のクローットの中に、興信の封筒に入ったにつての報告者を見つける出来のだ、その時私は見なくて物まで見てし


それは何かとうと、葬儀や法事の時に身に着ける黒以外は、白色しか持いなかった妻からられないような、赤や紫なの原派手な見付けてまったの


妻が遅いのは誰かと相談してい誰かに付ってもて憂さを晴らしてるのうとは思ていが、どんなに遅ても性格からして、このよになる男がいるなは夢にもった


鈍感だと言るか、一緒にいる相手は女性勝手にんでいた。

しか、そ考えると最近化粧も派手った湿に思え、れば考え妻に そのような関係のいる事を認めざるを得なくてしまう。


妻は調私の知らなと抱き合って、いキス交わしている。うな派手下着姿で男を興奮させいる

男の下で以外は見せ事の無い苦にも似た表情を以外には聞かせ事の無恥ずしい声をている。


苦しなったは携帯に電たが、電源切られてた。

と何処にいた!

あな係ない!私に干ないと言ったはずよ!」


私は初めて女性手をげた。それもしているの妻

う離婚よ!

妻は一き続けこの日を境子供達の手前一緒だったも別にる。

--------------------

理、36歳。

前に離婚していて、今は中学生の娘と二らし。

昼間は町工務をがら、夜小料理屋でアルト。


私は報告書に書かれ行っみようと思っが、一暮らしている彼女の事が気にて、アル先の小料理に行って

の小料屋はが家から意外と近くあり、歩いても1分ほど離なのが、小さな店なのでまで気付かなた。

は私を見るなり驚いた顔して俯いてしまう


「恵ちゃん何しているのお客におを」

涼しそ稿うな目をした色っぽ言われ、うやくを上げた彼女はおぼりを広て渡してくれたが、私とはを合わさずに手もいた

私は彼女と話すチャンスってい色っい女将と美人の彼女を目当て使で、絶ず満席で隣にも客がいるので話ない。

この日はようと外に出ると、彼女私を送る振りをした。


めんなさ

聞きたい事あるこのファミレスっていす」


「私も・・・・・」

「それならアパトにきます


ない娘がいら・・・・」



彼女30分ほって来たが、を質問しも「は何も知ません」と言って

「私にも娘が二います。このままだ家庭は壊れてしまて、家族らに」

彼女は顔げると、目で私を見た。

「娘の記を見った・娘は・・・・・英語が好き・・・・・中学を出たら留学したいって・・・

でもお金が無いのはているから・・・も夜もいてい私には・・・えないと書いって・・」


の脳裏に母と娘が手を取りって、必死暮らしてい姿がんだ。

しか私に大事な娘いる


「自分の娘の幸せのために、私の娘達を犠牲にすのか!」

彼女目も憚らずに泣き崩れる


せめて誰に頼たのかだけでも教えてくれ」

は散々迷っ小さな声で言た。

青山さ・・・・これ以上は許してさい」

の身近にいる人間で、青山と名の、他人の娘の留を援貿できるだけの自由になる金をっている男

にはそれだけで分だった。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様