2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

なにかと縁のあるバレンタインデー

 

\ シェアする /



り、俺はいつの公園に呼び出れた

「ね賢ちゃん・・私ね、っと・・好きだったの。」

いつも男い佳が、頬を赤らめ調俺に小さな紙袋の中に、可愛くラピンされコレート

手作りなの・・・、たべれると・・・うれしいんけど」

可愛い手袋をした手で、不器用にに差し出すなりのことで動揺してしまい、俺はだそれを受るだけだった

返事・・・、ホワイトデにちょ

そうって、俺にくっと背を向走り出



当時中2だっ俺達の幼馴染

家も近所で、ら一緒に育ってきた佳織からのきなり告白。俺は、どうしていいかわからなくなっ

は頭が真っ白にて、何もられなかたが、頬を涙が

だ、菓子を作るのが得意な佳織がったチョコは、俺も一緒に溶けてしまうんじゃないか思う美味しかった。

しでも佳織の考えると、俺は壊れてしまないようした

家も近いのに一緒に学校に通わなくなった



ん冷静に考えらるようになったときにはうホワイトデー

断った。断らなければならない理由があった


時、俺はていた。

因は、とある男子が子に告白したころ、俺が好きだう理由らし

受験心配してなのか、表普通に過ごしているが毎日のよに裏で受ける暴・・

や背中には たくの痣や傷があた。それにむわけいかなた。



情けなくて自分みっともなくて、お尿かえしキャディーを渡しん」とい後すぐ走り出し、自分の部屋で泣た。


その日の夜、織かがあ理由きたと。俺は、本当こと言えなかった

「お前のと、ほんとに大切な・・・親友だと思てるんだ・。だか

『だいったものの、その先は何も思いつかない。受話のむこうから、佳織泣き声が聞える。

・・ん・。」

「・・退・・謝らなくいいよ、私こそごめ・」

「・・・から、普通に喋ってくよ。」




ん・・・


話を切った後、俺泣いた。

女っぽい行為かもしれないが、佳一緒にゲーム西ターで取ったぬいぐるみを抱ながら泣いた。涙が枯れるまで泣いたと思う。

カーテンのすきまからは朝込んいた、新達の単車の音も聞えてき

その日、俺は学を休んだ。泣すぎ酷い顔をしていたからだ


ぎこちい感じこあっものの、日に日に織は前の織にっていった。前とに接すことでき



それからは何も無く俺達同じ高校に進学した。

少し距離があ、いじめから開放るために遠くの高校に行きたった。

佳織は将夢をなえために、その高校選択した


入学式、俺達は然くたていない制服を着て校し

――あ、同じラスゃん

ね、クサ(笑)」

「そうとか言いようないな・・・西

んなブツクサら、同教室に入る周りのと絡もうともせ俺達好きアーティストについ盛り上が


「で、あのアルはやっぱハズレうんだ

ああそれ俺もおったないよな」

そうそう!!やっぱあの賢ちゃんが一番最初に聴かせてくたアルバが・・・


していると、俺子数人が来た。


湿、何?」

「○○だよ」

「へ〜・・・き合ってんの?」

俺達一瞬硬直した。は何も言いったので、佳織にかせようとおった

俺のチラったが、そんなんじゃよ。」と織はかわす。


分かったのに、「うか、俺なにもな・・・」妙に落ち込でしった


その後は普いろんな奴と「あいさつまわ」的な会話を交わし。いんなやつと喋ったがやっぱり佳織と2で居ほう落ちな・



それから月は流れ俺達3年生にってた。

2年ラスがはなまた3年で同じクラスになれては嬉しかった。

身長は日を重ねるごとに俺の方が高くなり7cm、俺は179cmで、おいに随分目ようになっ

スケ中で、恋愛の事でいろい件があったり・・・


3年には4回織は5回告白けたりしたが、全てった。俺気持ちは、あの時と全然変わっていなかったからだ

織の気持ちがどうなのかはわからなかったが、俺は受験がら告白しよと思って


も佳得意分が同じだたために、俺たちの志望校もじだった。おいの家教えあ、たまスケ抜きしながら受験勉強にだ。

そして、ラストスパートをかけ時期になり、と家を往るだけ退を送った


沿な中しぶりに佳織からメールがき

、賢ちゃん家行くか居てよ。

一方的だが、なんか可愛


何でるんだ・・・?と、疑問にっていた。


「おじゃします。」

「あらゃん久しぶりじゃ!あが賢、部屋にるから

ありがと


んな声が玄関から聞え、部屋に入ってきた。

「やっほう。」

」と俺は、参書を開き

、どうだよきなり。宿事でもあんか?

そういうけじんだけど。」

ゃあ強しろよ(笑)」

カレンダーぐらちゃんと見ろ!馬鹿!!」


そういって、に紙袋を突き出す。


「・・・あ?・・ああ。」

バレンタデーだ。勉強の事でっぱいでっかいた。




本命?」とにやけなが冗談交じりに聞く。

「・・だったどうする?、佳織。

ー、・・・OKするに決まってるじゃんか」

「冗談はもうい(笑)」

冗談じないて。本


と佳見つめるが真っになってる。そして、ポロポロとを流しめた。

「だって・・・・だって、あ時だだっていったから・・今日ばろー帰ろうっもってたの・・・・。

ちゃのこ胸に閉新しい恋しようってったりもした・・・で・・無理、私、賢ちじゃないと・・だ・・
・・それでもいいの?」


は、本に佳織を抱きした。

「俺好きだっずっと。

も、たちといろいろあってられてたから、それに前をみたくなかったん

ごめん・・

・・、そんな話聞てなよ!」

じゃんだ


は、胸の辺りに残る痣を見せた。

声をあげて泣いた。はそれを強くきしるしかな便かった


織の気簿まってきた頃、俺達はスケッルを持って空のなか園に居た。

・・でも意外だったな、ことがあったな

佳織が俺にパする

こんなこと言うの かっこわりいだ

いつら○○高校の連中と仲良かったからなさすがの俺でも抵抗す気にんなかんだ

・・お前に言った、○○たちぶ飛ばきそうだしさ(笑)」


わしがら、ゴ

「そんと・・・・しないわけないゃん。(笑)」

ボールを、佳ドリブルをめる。胸が走て、そに目しまう。

して、佳織と目が合った。段ならなでもないだが、やり意識してしまう

「・・佳

なに

「付き合うのか?俺

ん〜・・・」

織はポイントシューを決め

「ナイス!

「・・・・あのね、。付き合うの、終ってからにしない?どうせすぐだし、今付き合っちうと・・なんか・・・・・。」

「・・・ああ、そうだ



あと3ゲームほどしてクタクタ、『そろそろか』なんいながら自販機で温かいのを買おうとしたら、ものセでアクエリを買ってしった。


「ふふっ、ね〜」

「最近バスケやてねえ、体がやりたがってだ多分(笑)」

「私よ・・・完璧にちゃってるよね。」


そんなとを話しながら、いの家に


部屋に戻紙袋からチョコを出す。と銀っ赤み紙・・・あのときとじラッピン。そ中身も同じだっ

四角くカットされたョコをつ、口に入れる。があてきた。甘くほろ苦くて、でも溶けて広ると幸せな味・・

バスケ部の長とお互使頑張った最合も、文化祭普段学校生活も、俺はあいが居たら頑張た。

あいつが、ずっと俺好きでてく張れかもしれない

俺はめた受験が終たらすぐ、プロポよう



日の俺と佳織は電車受験会場へとかった。

そした後、会場でこうた。


ょっ、飯いにいかねぇ

いいよ、私もおなかすいた・・

「俺おごるよ」

「ありがと!」


レなアンの店入って、俺達はピザとパタをした。

こで告白ようと思っ退、どちらかいてしまう店に迷惑だろって

そして家帰ろうとすると、織が足をめた



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:ほのぼの, 胸キュン, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様