2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

みんなの大好きな、みどりいろのあいつの話

 

\ シェアする /



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1364714166/


1 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:16:06.74 ID:l7VywiqX0
これは、みんなの大好きな、緑色のあいつの話だ。

ちょっと読めば、何のことを言っているかわかると思う。

だめな人ほど、緑色のあいつには詳しいから。


あるところに、中古のメイド・ロボット(少女型)を、やましい目的のために買おうとしている男がいた。

みんなが想像する以上に、やましい目的だった。


男は引退したばかりのロックンローラーだった。

しょっちゅう薬や喧嘩で捕まるので、かつては、「この世で最も教育に良くない男」と呼ばれていた。


「住み込みのメイドロボットが欲しい」とロックは言った。

「どういったのがお好みで?」と業者の男が聞いた。

「なにもしゃべんないやつ」とロックは答えた。

ロックは自分以外のうるさいやつが大嫌いだった。

「ああ、それなら、うってつけの子がいます」

そう言って業者の男が連れてきたのは、15歳くらいの、元気のない少女型だった。


5 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:19:59.14 ID:l7VywiqX0
「このロボット、どういうわけか、何も喋ろうとしないんです。でも耳の方はきちんと聞こえてますので、ご安心ください」

ロックは少女型ロボットを見て、一目で気に入った。

すべてにうんざりしてる感じの目が、とてもよかった。


「この子を買うよ。名前は何て言うんだ?」

「19です。ジューク。旦那、ロックの精神を見込んで、あなただけに、ジュークの秘密をお教えします」

男はジュークの細い肩を乱暴に叩いて、言った。

「実を言うと、ジュークはロボットじゃないんです」

「ナマモノか?」とロックは目を輝かせた。


6 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:22:21.75 ID:l7VywiqX0
「ええ。ですとんど械なのでていれば、正体がることません

も ほとんど機然なのいです。

主の憶は、れいに消してありま


ロッはサングラを外し、改めてジュを眺

手足は細く肩にはしたようながあり、やらかい黒髪は、腰くらいの長さがあった

ロックはしばらく悩んだが、ロックンローラの、人身の一宿つや、やといた方が良と思った。


8 :名も無被検体774号+:2013/03/31(日) 16:26:33.40 ID:l7VywiqX0
「ま入った。こいつを買わせてもらう。ただし、こいつが本当は生身であるこに関しては何も知らなったいうことにしとけよ?」

「もちろです。『我々は何も知らなかった』のです」


ュークはとことこ歩クの前立ち、手を差し出妙な動きをした。それは手話だった

は手話で『しくおねがいます』と言た。





10 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:30:35.15 ID:l7VywiqX0
「ああ、よろしくな」とロックは答えた。

それくらいの手話なら、彼も理解できた。

ここ数年で急速に増えた音響兵器のせいで、五人に一人が難聴という時代になっており、手話は珍しいものではなくなっていたのだ。


『あなたのことは、なんてよべばいいんでしょう?』店を出ると、ジュークは手話でそう聞いてきた。

「喋れないくせに、妙なことを気にするやつだな。しかし……自分で言うのもなんだが、俺の顔、相当有名なはずだぞ。テレビで見たことないのか?」

ロックはサングラスを外し、自分の顔を指差した。


13 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:32:33.99 ID:l7VywiqX0
ジュークはしばらく彼の顔を眺めていた。

ロックは確かに、有名人的な顔立ちをしていた。

きれいな金髪の、意地の悪そうな美男子だった。

『すみません、みたことがないです。てれびをみることが、あまりなかったので』

「そうか。俺はさ、有名なシンガーだったんだよ。ロックンローラーの最後の生き残りって呼ばれてた。ロバート・プラントの再来とも言われてな。

まあいい。知らないなら、それはそれで気が楽だ。

俺のことは、そうだな、『マスター』と呼べばいい。普通のメイドロボットなら、そうするだろうから」

ますたー、とジュークは口を動かした。

どうしてこの子は喋れないんだろう?

そうロックは思った。前の持主の趣味だろうか?


14 :寿き被774号+:2013/03/31(日) 16:35:43.97 ID:l7VywiqX0
入り、アを閉め、ロッは一息つた。

引退しとはいえ、スコミ目はそこら中にる。

最近 離婚したばのロックのそのとき支払た慰料の額は、ちょっとしキャンダルになていた

ジュはロックの腕に軽く触れ、聞いた。

『わたしはにをすればいいしょ?』

ロッは辺りをょろきょ見回しそこにことを確認した、言っ

今日らお前、俺のマミーになだ」

……まみー?』ュークは聞きかえした。

そうだ。ジュークは、俺のマ

このひとはなっているんだろクは思った

かれてるのかな


15 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:38:18.34 ID:l7VywiqX0
「ジュークはなにも、特別なことはしなくていい。ただし、俺はときどき、無性にマミーが恋しくなる。そういうとき、俺はジュークを、マミーとして扱う」

そう言うと、ロックはジュークに抱きついた。

らんぼうされるのかな、とジュークは身をこわばらせたが、ロックはジュークにしがみついたまま、じっとしていた。

「会いたかったよ、マミー」とロックは言った。

ジュークは すごく困ったような顔をしつつも、27歳のロックの背中をぽんぽん叩いてあげた。

第一印象とは、大分違う人間のようだった。


17 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:42:10.19 ID:l7VywiqX0
二十分くらいして、ロックはジュークから離れた。

ジュークは緊張でくたくたに疲れていた。

ロックは十分にマミー成分を補給できたらしかった。

『あの、ますたー』とジュークは手話で言った。

『まみーがほしいんでしたら、わたしなんかより、もっと まみーっぽい ろぼっとがいるとおもいますよ?』

「普通の女じゃ駄目なんだ」とロックは言った。

「俺には、女の前では強がる使命がある。

引退しても、俺はロックンロール・スターなんだ。

でも、お前くらいの少女の前なら強がらなくて済む、素直に甘えられる、情けない姿も見せられる」


へんなひとだなあ、とジュークは思った。

にじゅうじんかくのひとみたい。


19 :無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:46:13.65 ID:l7VywiqX0
ロックは二回離婚したこと名だっが、ジュークはこで四回持ち主に売り飛いた。

ュークは持ち主に限らるのが得意だった

まずい飯を作ったり掃除を雑にったり坊したり持ち主に対して失礼度をとさっと売りばされて、庫にりたらだっ

ジュークは今もそするつもりでい

「マ、夜ご飯が食い」とロクが言ったのジュークはエロン着て、の味し料理をった。


20 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:50:24.68 ID:l7VywiqX0
しかし、ジュークの料理をべたック文句を言うどころか、嬉しそに笑っ

ーの料理おいないなあ

そう言いつつ、残べてしまった。


次にジューク、印象を悪くる狙で わロックの前で何もあくび

ク、眠いのとロックは聞いた

クはこくこくなずいた

初日だから、緊張し疲れだろう?

ック「俺も」と寝支度を始めた。





21 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:54:37.26 ID:l7VywiqX0
ロックはジュークの手を引いて寝室へ行った。

ふかふかのベッドにジュークを寝かせ、ロックもその隣にもぐって、明かりを消した。

「おやすみ、マミー」とロックは言い、ジュークの胸に顔を埋めて寝た。

ジュークは きまりの悪そうな顔で、さっさと寝付いてくれるのを願う一心で、ロックの胸を優しくとんとん叩いてあげた。

はやくひとりになりたいなー。


22 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 16:59:24.62 ID:l7VywiqX0
ロックが寝息を立て始めたのを確認して、ジュークはそっとベッドから出ようとした。

するとロックの手がジュークの腕をつかんだ。

「マミー、ここにいてくれ」

ジュークはしぶしぶ毛布に潜り、27歳児の抱き枕として一晩中機能した。

ますたー、わたしがここにくるまで、どうやってせいかつしてたんだろう?


24 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:04:49.40 ID:l7VywiqX0
次の日も、その次の日も、ジュークはロックに嫌われる努力をした。

掃除機で真空管アンプをがんがんやったり、高級な革ジャンを洗濯機に入れて洗ったり、灰皿の中身をミキサーにぶちまけたり。

ロックはその度に嬉しそうに困っていた。

ジュークに困らせられるのが好きらしかった。

まいったなあ、とジュークは思った。

どうすれば きらいになってくれるんだろう?


あまり露骨に反抗の意志を見せると、記憶を消されるだけに終わる恐れがあった。

あくまで自然に嫌われる必要があるのだ。

「こいつは使えない」と思わせる、とか。


25 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:12:01.95 ID:l7VywiqX0
自分をなまけものに見せる狙いで、ジュークは倉庫に隠れて昼寝をしてみた。

そこにはウッドストックの人形があって、ジュークはそれを枕にして横になった。

「ジューク、どこ行った?」とロックが呼んだ。

ジュークは目を閉じて、寝たふりをした。

倉庫のドアを開けたロックは、変な体勢で寝ているジュークを見つけた。

ジュークはどきどきしながら怒られるのを待っていたが、ロックはジュークを身長に抱えあげると、寝室まで運んでベッドに寝かせた。


26 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:16:24.26 ID:l7VywiqX0
窓から差し込む日差しがあったかくて、ジュークは本当に寝入ってしまった。

『あしたこそ、きらわれてやるぞ』、と決意しながら。

その日、ジュークはおいしい夕食を作った。


ちなみに。ジュークは知るよしもなかったが、ロックがジュークを大事にするのは、始めっから手放すつもりでいたからだ。

どうせなら、元値に近い値段で売れるように、丁寧に扱おうと思っていたのだ。

電化製品には、よくある話。


28 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 17:31:17.88 ID:l7VywiqX0
購入からちょうど100日たったその日、ジュークの記憶を消して、売り飛ばそう。

そうロックは考えていた。

ある意味では、ジュークとロックの利害は、最初から一致していたのだ。


32 :名も無き被検体774号+:2013/03/31(日) 18:21:49.99 ID:l7VywiqX0
ロッは外に出るたび、しょっう喧嘩きた

警察に捕まって、三日くら帰ってないこともあっ

て家に帰ると涙目でジュークに抱きついて、「マミ、ま喧嘩しちゃっよ」と言た。

の度ジュックの怪我をみたり、しばらくックを慰たりしなけばななかった

くくらいならけんかしきゃいいのに。

すたー、とはんかなのにどうてそんに けんかるんすか?』

ラグビー選手と喧嘩して傷らけのロッに皮膚スプレー吹き付けなら、ークは聞いた。




>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:その他,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様