2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻




あるサークルで妻と知り

は凄い美人と言う訳でも無、特に立つ存在は無った笑顔くて清潔感があり

つも皆よりも歩下がってんでいる様な大人惹かれて交申しんだ


は既だっ、いざ付合ってると半年経ってもキスすらさず、どか性的に問題かと思った事もある。

その問題が、過い性的虐待受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックスをいられて、精神的にけ付けな様にているとすば上手く行く自信など沿、妻てしまっ私は更に半年付き合てから結婚た。


ると意外にも初夜拒む事に終、妻が処女だ事にも安心しで拒でいた由を聞

じられない事使「結婚して、子供が欲しいからとい目的があれば良いけれど、そうでくて、ただ本能を曝けすだ行為は、恥ずかしくて出来かった」と言う


その後も私が誘えば拒する事も無く、子供もに出のだって あくも受身で何もせず、私が覆い被さる体位以外は嫌がっ受け

のよう妻は、他人らもセックスとは無縁に見えるしく、家達と飲ん「子供一人いるという事は、優子さ西んも最低でも一回はセ事にるよとからかわれたほどだ


確かに妻拒みいが好きな方は無かったとう。

そらく自分を曝け出が恥ずかしくて、どころのだろう。

--------------------

そんな妻がり始めたのは、5歳を過ぎた頃か

頃娘がるよになった事きかた様だが、徐々にじ方激しく、言葉にはいもの色のある下を着けどして遠回しにではあるが妻からもって来るようなる。

まけにどの様な位も拒まなくなり、私も妻の変くて、妻の求に全て応えいたが、

半年て娘学校に上、生時以外晩のに迫られるようにな、5歳上の私には流石に毎は応られない。


あのー・・・・・・言難いのだけれど・・・・」

婦じゃ姿いか何でも言ってみろよ」

「アト・・・ビデを・・・

「AV?」

他のお母さが・・最凄いいて・最近、私は一度た事が無いから・・・・・・・


早速りてきて見せると、最恥ずしそうに横目でていた妻、次第に私の存在ど目入らなくなり、画面にけになって瞬もしなで見入っ

の妻AV見て吸をいるのを見て興奮しビングされたビは増えてく。

その後の頃か、はビを真似するよなら私腰を使わない足りなかったフェラも、も油断すると出されてしまいそうにほど巧になた。


が上にった時、今しそうにじっとしているだけったので私が下から突き上げていたが、

見るようになってから自ら積ようなり、にはスクトをしているかのように、大股を開い上下く事もあ


私はそのに満足ていたが、の欲求はそれだに止まら

「あんなのでさて、本に気ちいかな?あんなのを使われたらのだろ




オをらそう妻に

「バイブを買てやろう」とうと流石に

怖いから私には無理」と言った

ゃあータを買ってろうか?」い掛けには、ずかうにきながら「はと答えた。


小道具1つ加わっ事での巾が広が、妻は前にて快感を貪便になって行ったがの急変化いてばかりい、昼は淑女娼婦の様な妻を楽しんだ。

--------------------

そんなにまた化が訪れたのは、2年生にった頃だ。

セックスの回数が激減し、終には私「ごめんなさい。お仕事疲れてしまって」と言って拒否ようになる。

事とは、娘小学生になったを機会に年前らパートして勤め出した縫場。


連日拒気をてみたが、私に宿なれても、未だ海水浴場水着になれないが、私以外に裸体を晒すなど考えれずに限ってそれ無いす。


私は妻の体を心配、一度医者に看てらう様に勧め、妻は ただの疲れだと言って行こうしない

はミシンを担当してるから、この湿な事もるらしいの。

最初の頃は張り切ってい慣れない仕事で緊張から逆にじないらいけれど

細かから一年くらい経ってれた頃めていた疲れが一度出るあるしくて。

大丈夫だから配しないでりがとう


その拒否され続け、スレスの状になてしまう。


「夫婦生活も出来ほどれるなら、そ仕事は辞てしまえ」


ごめさいうやく慣れてきた事だ続けたいの。大丈夫だから

渋々妻は応たがざ始ってしまう以前よしく乱れ、久し振りのセックスでした私が今無いほど責め続けると我をた妻、最後に私を奈落の底突き落とすような言葉を

「オメコイク

クスに積極的にないたも、妻の様葉を口事は一も無、仮に以前見たビデオが浮かたとしても、持っビデに出て来るのはオマンコとう呼び方だ、確かに妻はオメコと言った


私は不信感でっぱいになったが、妻は様なした事すらていない。

ない事に、妻が浮気しているかも知れないとっただけ私は吐そうになるほど動揺し、実を知るのがくて自分の中で消して、妻動を調る事らせずに逃げて、私持ちなど知る由も無いに止される


「おさん。今日どこに行たの?社長おじちゃんと一緒に、大きなに乗っていたよね」

娘は以前妻が忘れ物をしたに、一度職に連ってもらった事ありその時社長かお菓子をもらっで顔えていて、理科授業で川に行った時、その社長が運車の助手席に妻乗っていたのたとう。


つ前なら、気にも聞き流していたかもれなむ振ら、妻と娘会話に聞き入っ

えっ・・ええ・・・・・社長と・・内職さんの所お仕事を置き行っの」

妻はミシンを担当していのに、どう稿長と内職さんの所へ行かなればならないの

より妻はらかに焦っていてに詰いた事が気に

「お母さん見たのなお洋服を着ていたよね

 ているの。も うその話はいいから、早くべてしいない」

妻の服装の事娘の見間違いれないと思ったが、内職回りをするのに、高級車っていた事も気になる。


「い長自ら内職回りをするの?大変だな」

聞を見ながら、あえて妻がぜ一乗っかは聞か尋ねた。


「え・・・ええ・・なたも簿ている会社と言な会社だから、係りの人んだ時は・・・・・・・」

私は人の関係に疑もっの従業の目もあり昼間から社長と不倫してのは考

仕事中に妻と社長が何時間かいなくれば、当然他の者の噂になり、人前では大きな声す出せない、他人の目を人気にすにはれないだ


が社と不倫していると仮定して考えてた。

二人が昼間テルに行っている事は考えられ、そうかと言て530分には帰っている事はの話からも間違いないので、仕事が終ってからっている事もえられない

事が忙くなったのでまれた言って、前から土曜に行く宿様にった、私が休みなので いつも早い4時にはを切り上せても、4時30分迄には必ず帰て来る。

の日物に行ったり、ま同級生のおん達食事に行く事もほといる事が多、特別行動無い。

う考える社長するどろか、他の男ともが浮気出るような時間はない。


れから少気にはの、とは20歳近れている社長に嫉妬し、妻を疑っていが情く思えた

かし思っても、やはりこかでってのかも知れない。

何故なら以前よりも妻の行を注意深見るようにないたら。

付いたの妻は必夜の9時にトイレだ。

それは何かの途中でも、例レに5分った沿でもい。

は忍びでトレにいて、悪趣味だ思いがらも聞き耳をたてた。

「・・はい・・・・・主人・・・・・・

は誰かと話していたが、が小くて聞取れな

翌日はもう少しいたが、やはり消え入るな声で話していて、分かったのは全敬語話しるぐらいで、内容では分った。


不信感が増した私は、て妻の職場にみよ決心し、次の曜日、を近所の同級生の家に預けて妻の勤め先に向かうと、驚いた事に返っていて誰もいな

私が呆然して立ち尽くしていると、の縫製工場の社名入っイトバン止まり、降てき配のに声けられた。

「何かかい?

「今日は休みなのですか?」

日はと言うか、何年ら土曜と休

っと休み近忙くなって、土曜もなったとか」



や。どんどん仕事は減っいく一時男の社員人いて、パートさんも30人以上たがでは中製のて、男は俺だけでパーしか

は80軒も抱たが、今では10件だ


れで妻が社長とする時間が出来てしまっ

時間出来たうよりもの9時から午後時まで7時間もある

の後は、暇になって土曜が休みなった理由を一生懸命聞かせが、私にはどでもい話だった。


「みんなは休みなのに内職りですか。大変ですね」

早くて欲しくて、嫌気分な言葉で話に割西込んだ、今度はの事について話し

俺はも過ぎているから、このぐらいの事はしないビになる。だからここ年は俺だけ土曜出て来ているし、も休んだ事が

土曜意外もんだ無いすか?

年は一度もだ事は無い

また一つ妻の嘘が明なってしまた。

とこで、あんたは何の用で?」

は言く、咄に同業者だと嘘吐いた。

事がして無いか思って」

社長は自宅にいる無理だと思うぞ。うち仕事ってっている状態だら」

駄目元で行ってみと言って、社長の自宅を聞してたが近付くにて心臓の鼓動が早ま


長の自宅は古くて大きなで、苔の付いチャイムのが埋め込まれてので押したが、壊ているのか返事い。

仕方く勝手に黒い級車横に妻の軽めてた。


のチャを押したが、やは返事がいので裏口回ると洗濯物が乾しり、中の真っ赤パンティーとブラジャーがく。

い。どなたです

そののある声がした関に戻そこには見た事ものワンピースが立っていたが、私の顔を見るなり絶震え出た。


の後し乱ているに気付いた時、絶望感から何も言ずに その場を立ち去が、どの道を通って家まで辿り着いたのかさえ覚いな


間経ってようく妻帰って来たが何も言に涙流しな正座

沿ていからない。詳し説明し

得意先の一社が倒して、ただでえ減調り続ていた仕事はし、新入の妻は人員整理の対象にったがその時 社長ら違う仕事を頼れる

て隠しいた!」

「隠は無かったです・・・そのな仕目とうで婿・・・・・つか話すつもりでした」

ないよな仕事とは、どの様な仕事をしてた」

工場にいけれど、の生地や材料んで決めたり・・

他所の商品を見に行った参考にしたりて、デ婿インを決めたり・・・・・・・

他に掃除、洗、炊の家事一切を・・・・・・


んは


「半年前に離され、出て行か・・・・・・・」

妻は離婚した奥んの代わりをしたようだが、そこは性欲処理も含まれてたのではと疑ってしまう。

長に供は

「いま

話し長は一人暮らしになが、それでは洗濯物にあった、真っ赤なパンティーブラジャ説明がつかない。

「社長は女物の着を穿のか?

「え

「真ーが乾してあったぞ

「それは・・・・・・・・・私分かりません。

脱衣籠の中のを洗っているだだか・・

帰ってからの事は分らないので・・・・・・・

話を信じたい気持大きいが、りにも不審なが多す


あのは何だ!若い時でも穿かうな短いス穿いて

「お客様退多いので・・・

の服装は趣味からと・・・・・・

制服のようなものだわれて・・・・・」


く、を吐かなければならな仕日で辞ろ。分かったな!」


はい・・・・・ごめんなさい」


なセッレス嘘を仕事に行く。

イレにて携帯電話。ミニスート。

赤な下着

よりの質問に答えている時の おどおどした態度など、不審な点が出来ない私は真実を知る怖くなれは娘のたもあ、このまそうとしいた


しかし昼間うにか持ち堪られても夜になると考えてしう。

っ赤パンティーを穿かされて、ミニのンピースを着掃除をしている。

それをた、欲求不満な五十男が浮かる。して見ていだけで済む

や、済はずが無い。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様