2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻




あるークルで妻と知り合た。

妻は凄い美と言う訳で無く、立つ存は無った、笑顔が愛くて清あり、

つも皆よりも一歩て微笑んいる様な大人しい性格にかれて交を申んだ。


妻は9歳だたが、い付き合てみると半年経ってもキスすら許こか性的に問があるのかとさ思った事もる。

その題が、過去に酷い性的虐受けたか、き合ていた男に暴力的なセックを強れて、精的にけない様になっていとすれば上手くやって行く自信など無たが、妻に惚れてまっていた更に年付き合ってから結婚した。


と意外にも初夜拒むムー終わ、妻が処女だっ安心して今まで拒んいた理由を聞く

信じられない事に「結婚して、子供が欲しいといがあれば良いけど、そうではなくて、たを曝け出すだけの為は、恥ずかしくて出来った」と言う


そのも私拒否する事も無く、子供もす出来たのが、何経っては あくま受身せず私が覆い被体位以外は嫌受け付けない。

ような妻は、からもセックスとは無縁にるらしく、家で友人達と飲んだ時に子供が一人いいう事は、子さ低でも一はセッをした事になよな」とからかわれたほど


確かに妻は、みはない好きな方では無かった思う

おそらく自分を曝け出事が恥ずか楽しむどころで姿かったのだろう。

--------------------

んな妻が変わり始は、35歳ぎた頃らだ。

娘が自部屋で眠るように事も大きかった様だ徐々に感じ方が激しくには出さないものの気のある下着簿けるなして回しにでるが妻からもるようになる。

まけに位も拒くな、私もその様な妻の変しくて、妻の要求には全て応えていた

半年もして娘が小学校上がった頃にはの時以外毎晩のようにれるようになり、5歳の私には流石に毎晩は応えられない。


あのー・・・・・言い難いのだけれ・・・・

「夫婦じゃないか。何でもよ」

「アダル・・・ビデオを・・・・・・

AV?

他のん達・・最近のは凄いと話していて・・・・最近のも何、私は一度もた事ら・・・・・・・・」


速借りては恥ずそうに横目で見ていた、次第に私の存在ななく、画に釘けになって瞬きしないで見ってい

、AVを見て呼吸を乱してるのをて興、次第にダビンれたビデは増えていく

そのの頃からか稿、妻はビデオを真似するようになり、今も腰使わない物足かったフェ、少しで姿も油すると出されてしまいそうになるほどになった。


上に時も、かしそうにじとしているだけったのでから突きいたが

オを見るになっらは極的に動ようになり、時にはスクワットをしてるかのように、大きく股開い上下に激く動事もある。


はその様な妻に満足してが、妻の欲求はそれだけに止まらな

「あんなのでれて、本当に気持ちいいのな?あんな使ら、どの様な感じなのだろ




ビデオながらそう妻

「バイブを買っろうか?うと、流石に

「怖いから私には無言ったが

じゃあローをってろう?」とう問い掛けには、恥ずかそうにきながら「はい」と答


道具が1つ加わった事でセッの巾が広がり、妻は以前増して快感を貪る様になって行ったが、妻の急激な変化にりいた私も、昼は淑女で夜は婦の様なを楽んだ。

--------------------

そんにま変化がれたのは、娘が2年生になった頃

今度はセックの回激減し、には私がても「ごめんなさい。事で疲れてしって言っ否するようる。

仕事というのが小学生なったの会に前からパートとし勤め出縫製工場。


日拒む妻に浮気をってみた私には大胆にな未だに海水着になれない妻私以外に裸体すなど考えらず、妻にてそれはと打ち消


逆に私は妻の体を心し、一度医てもらう様に勧めが、妻はだのれだと言っない

はミシンを担当からこの様な事もあるらしいの。

の頃張りって事で緊張ているかに感ないしいけれど、

細かな仕事だから一くらい経慣れた頃に、根を詰めていた疲れが出る事があらしく

丈夫ら心配いで。ありがとう」


しかし その後も拒否れ続けセックスレスの状態尿なってしま


殿も出来ないほど疲ら、そんな仕辞めてしまえ」


い。ようやく慣れてきた仕事だから。今日は大丈夫だから

渋々は応じたざ始まってしまう以前よりも激れ、久し振りの宿ックスで興した私が今迄いほど責めける、我忘れた妻は後に奈落底に突き落とすよう葉を叫ん果てた。

「オ〜」

セックに積極的にっていも、妻がその葉を口にした事度も無、仮に以見たビが浮かん 似をしたとしても、持っているビオに出て来のはマンと言う呼び方だが、確オメコと言っ


私は不信ぱいになったが、妻な言にした事すら覚えてい

けない事に妻が浮ているかも知れなっただけで、私は吐きそうなる揺し、実をくて中で必死にち消し妻の行動を調べるすらげていたが、私の気持ど知由も無いに止めを刺される


母さ今日に行ったの?社長じちゃんと一に、黒くな車に乗いたよね」

前妻忘れした時に職場に連て行らった事があり、そ社長からをもらったので顔をいて、理科の授業で行った社長が運転する車の助手席に妻がっていたのを見たと言う


 持つ前なら、気にないで聞きていた、私は新聞を読婿りをしなが妻との会話に聞きていた。

「えっ・ええ・・・社長のおちゃんとさんの事を置きにたの」

ミシンを担当してるのに、どうして内職さんの所かなければらないの

よりらかに焦ってい、言葉に詰まっていた事が気になる

「おさんは、見た事のないお洋服を着いたよ?」

「何を言いるの。 その話はいいら、早てしまいなさ

妻の事は娘の見間違知れないと思っ内職回りをするのに級車た事も気にる。


「いつも社長自職回りをするのか?大変だな」

見ながら、えて妻がな緒に乗っいたのかは聞か尋ねた


えっ?・・・ええ・・・あなってい退に、会社と言っても小さな会から、係りの人んだ時は・・・・・・・・・

は2の関係に疑問をもったが、他の従業員の目もあり、昼間から社長とていは考辛い。

仕事中に妻社長が何時間かいなくなれば、当然他の者の噂になり、人前では声すい、他人の目を人一倍気にる妻にはいだろう。


妻が社長と倫していと仮てみ

人がからホテル沿行っる事は考えられず、そうかと言て5時30分には帰って来ている事は娘の話からも間違いないので、仕事が終ってからいる事も考えられい。

仕事が忙しくったので頼まれた言っ、2ヶ月前から土仕事ったが、私が休みので いつもよい4時には仕事を切り上げさせもらって、4時30迄には必ず帰って来る

休みの日は買い物に行った、まれの同級生のお母ん達と食事に行く事もあが、ほとんど私と事が多く、特別怪動も無い。

う考える長と浮気するどころか、他男とも浮気出うな時間はない。


から少気にはなったものの、妻とは20歳近く離れてる社長に嫉妬し、妻を疑って自分が情けく思えた

し そうは思ても、やはどこかで疑っていたかも知れない

何故なら、妻の行を注深く見うになてい

そしのは、必ず夜の9時イレに入る事だ

は何中でも、例えレに前にたばかも変らない。

私はび足イレに近付いて、悪趣味だと思いながき耳をたてた

・・・・・い・・・・主人とは・・・・・・・

妻はと話してたが、声くて聞き取れない

日はもう少近付たが、やはり消えるよな声で話してて、分かった敬語で話しいるで、まで分かなかった。


信感が増し私は、て妻の職場に行みようと、次の土曜日、娘を近所の同級生家に預けて妻の勤宿め先うと、驚い事にまり返っていて誰いな

私が呆然立ち尽くしていると、その縫製工場の入ったライトバンが止り、降りきた年配の男に声を掛けられ

「何か用い?

今日は休みなか?」

今日はと言うか、何年休み

と休み?近忙しくなっ、土曜も仕事なったとか」



。どんど仕事は減ってく。一時は男の社員が4人いて、ートさんも30人以上いたがでは中国製の安いに押れて、男パーさんも7湿しかいない。

職な80軒も抱えていたが、今では10件だけだ


で妻長と気す時間出来てしまた。

が出来たうよりも、朝の9から4時まで7時間もある。

の後は、暇になって休みになった理由を一生懸かせてくたが、私にはどうでも良い話だっ


「み休みなのに内職回りですか。大変すね」

終わってしく、嫌気分な言葉で話に割り込んだが、今度そのついて話し出す。

「俺定年過ぎているかららいの事はしないとクになるらここ2年は俺だけも出て来てい日も休んだ事がい」

「土曜意も休んだ事はいで?」

「だこ2年は一度も休ん事は無い

妻の嘘が明らになった。

「ところで、あは何用で?」

は言い同業を吐

「仕事が無く何か回して頂け無いって

は自宅にいると思う、無理だと思うぞ。うちも仕事って困ってだから」

ってと言って、社長の自宅を聞きて向ったが、近付くに連れて心臓の鼓動が早ま


社長自宅は古くてきな一軒家で、の付いた古門柱にチャイムのボタン埋め込まれいたので押が、壊れてるのか返事が無

仕方なく勝手に門を入、黒い高級車の横に妻の軽四が止めてあ


関のチャイムを押したが、やはり返事が無い裏口にると洗濯が乾してあ、その中の真っ赤パンティジャーが惹く。

い。どなたですか?」

その時の方聞き覚えのある玄関に戻ると、そこには見も無いミニのワンピースた妻が立ていたが、私見るり絶句し震え出し


の後ろ髪が少し乱れてのに気いた時、何も言え姿場を立ち去っ、どの道を通って家まで辿り着いたのかえ覚えていない


1時間って、ようやく妻は帰ってたが、何も言わ流しながら座す

「泣いては分説明しろ」

一社産して、たださえ減りけていた仕事激減し、番新りのは人員整理の対象になったの時 社長から違う仕事まれる。

「どうして隠していた

隠すつったす・・ただ・・その様な仕事は駄目と言われそうで・・・・・・・いつ話すつもりでした

「俺ないよな仕事は、様な

場にはいかないど、新しい商品の生地や材を選で決めた・・・・

の商品を見にたり雑を参考にしして、デザを決めたり・・・

事なの家一切を・・・・・


「社長さんは?


前にて、て行れたの・・・・・」

妻はした奥んのりをしてたよが、そ欲処理も含まれていたのでかと疑っしまう。

「社長に子供

「い

の話しだ社長は一人暮になるがでは濯物の中あった真っ赤なパンーとブラジャーの説明がつかい。

「社長は下着を穿?」

「えっ?

「真赤なパンティーが乾てあったぞ

それ・・・・・・・・・私に分かませ

は脱衣籠の中の物けだから

てからのは分らな・・・・

じたい持ちきいが、余りに審な事がすぎる。


の格好はだ!若いも穿なかたような短スカート穿いて

も多いので・・・・

私の服装は趣味が悪いからと・・・・・・

制服ようなものだと言われて宿・・・・・・・」


とに婿かく、嘘を吐かければなうなは今日でめろかったな!」


「はい・・・


なセスレス。嘘を吐い行く

に隠れて携電話スカート。

乾してあった真赤な下着。

何よ私の問に答えいる時の おした態度な不審な点多すて信来ないが私は真実くなりそれは娘のためでもある言い聞かせて、ま済まそいた。


しかし昼間はか持ち堪えられても夜にしまう

っ赤なパンティ穿かされてミニピースを着て掃除ている

それを離婚したな五十男が浮かべて見ている。はたして見ていだろうか

いや、済む無い



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様