2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

本性




、宮本拓仮名、妻、百合子(仮)45歳、大学生の娘校生の息がいます。

付き合いしたの高校の時で、妻は、とく誰にでさしく、真面目で明、クラスでも人気稿り、しないで喧嘩に明けれていた不良私に、どう付き合いをOKしてくれたのか、分で思議したが、使嫌われない様に真面目になろうと努し、のおかげ三流ですが進む事も出来した。


4年の時父母が事故で死に、は思切って大学を辞めて、社をた。

社といっ従業3人の小さ問屋ですが、調なのと1人になった寂から、短大を出て銀行に勤いた妻と、年後にしました

生活は、子宝も恵毎日、何年経も妻への愛はわる、妻が何より私の幸せでした。


が中学年の時、専業主婦だっは、PTAの母親部長を引きし振りにつらつした妻の姿に喜びも有たのですが、

私は、結婚前ら妻が他の男と二人で話をいたり、中学の会へ行くだけでも、心穏やかでなライラ ぐらい嫉妬心が強い為に、方がかっ

かし妻には、嫉妬深い器の小さな男とれるのがで、自分を偽り平静を装いました。


は、会合帰る必ずの日の内容を話してくれ、何回か出席する内に、PTA会長の真一(仮名)いう男の話を、楽しそうにる様した

加藤は隣町にあ大きな工場で業部長をしていて年は私の5つ上で4才年下奥さんと、2人の4人家族だそうで

切で、気さくなと良いだとは言ですが、あまりにも繁に名てくる事、会合夜が多いに心配でが、昔からの癖を見せず快く送り出していま

--------------------

そんなある日、夜の会はずの妻加藤れてり、、副会長に用が来て人だになってまい、

2人だけでは気まずく私も2人だけで会われるのは嫌うからで打せをさせて欲しいとう、加藤か案だったのです。


結局2時ど話をししたが言う通くで話も面白く、何より回ので、での不安は消え、すっかり加藤を信用してしまいました。

後で分かったのすが、今回の事は、加藤仕組んだ事で、あらかめ副来ない日を選んで我て、

どういう男極め事とになったどうい活をいるのか、てみたいという思いかだっのです。

加藤の誤は、私を知らない事と、の前での私か見ないで、妻を寝れても泣き寝りする様さしいだけの大人男とてしまっ


息子卒業が近くなった頃 妻が、

尿なた。月からお勤めにたら駄目かな。」

確かに最近は不況で贅沢は出来、親子4人食べていくのには困りせん

今の生活では嫌か。」


うの。今のは十分満足しているけど、子供も大きくなった事だし何かしてたくて。たのでは無理でし


「ああ、百合子が入1人もらわないとなあ。今そんな薄情来ない・・。それよりこの歳でめられる所は有るのか。」


「ええ。加藤さん、私ならパソコンも来るし、前銀行に勤たので、うち務に来てて。

ら5時までのパートで、残一切無しの束だから、遅くても50分位にはれるからいいでしょ

・・お願い。


加藤んのら心配いか。」





りでいい。ヨシ、宿ぐぞ。」


「やはりお金か


あはは、ば


れも加の『百合子とのまま疎遠なりたくな『何と俺の女にしてやる。』といらだとはずに、妻は ずずると寿の罠にはまって行きまた。

--------------------

めだて、1ヶ月ほど経っ日の時頃、妻からが有

あなた。・・ごめんなさい。・・今日・・する事になってまって・・」

「残業はしない約束ろ。」

「・・尿に1人辞めてしまって・・・私だけるとは言なくて。・・めんなさい

「百子の立場あるから仕方ないか・・。帰りは何になんだ。」

・・ごんな便い。・8にはと思います。・・子供達の事お願いします。・・・・・・ごんな。」


調時の妻のんだ声と、「ごんなさい」という言葉けに多いの気になりました、43歳1日残業するぐらいで、何を心配ていのだと思い直し、話を切りました。


かし、次曜日残業、その次の金日も残業と続き、りも8時が9時になり、10時になりと々遅

またが ほと笑顔を見せくなっので初は疲れからだと思っていまたが、流石に何かあると思い、

次の曜日の8時頃に会社へ行ってみると、工場暗でした務所にはが点いていて、人影も何か見え、取り越し労だのかと帰うとした

駐車に妻に気付いて、妻の携帯に電したが源が切られてて繋がりません。


思え、そのまま張り込んで決着を付けていれば、私にとっ番屈辱的な場所での、今でも頭ら離れないの姿見なくて済んだのですが

そのは気して、どうしら良いのか分かに、急い家へ戻って妻の帰を待ちま


1時帰って来たまでき、

今ま行っていだ。

「エッ。・・会社いまた。

俺は今日8時頃に、お会社に行っんだ。そうした前の車は無し、携帯も繋がらなかった。おまえは何で何をしていたんだ。

しばらく妻、無したが、目に涙を溜

「コン ニにみんなの夕食をいに行っていました。・・・も仕事のは切てい そのれていました。・んなさい。

妻が精一杯嘘を吐いいるの、様ら分りましたので、その後 色々問詰めましたが、何をも ただ謝るで、何も訊き出せません。

は、なかなか寝付

『もも浮気では無かっら、俺は百合子に何て事言ってしだ。』

百合子に限って浮気て有り得ない。百合子でも私を愛している。

何か訳が有るに違いない・・し私えない訳って何。』

『そう言えば、残業日は帰る直ぐ風呂入っている・・・。夜もれたらと言って・。』

したら手は誰だ。・加藤寿。・・・・いやそれは有り得ない。』


の考えていった事を加藤から知りした。

「ご主人。度は申し訳御座いませんでした。

残業は させない約束に、遅くまでさせしまって。おまけ弁当まで買いに行かせて。

しばく残業を稿いしたいですが、来る限り早く帰って頂すの、宜しくお願します。


「分かりまた。」


返事を、こちらから携帯りました

妻は吐いている。う事はも嘘を吐る。』


『加藤は弁い訳までってい私の帯番号まで知っている。間違い。加藤妻は親しい関る。


『妻と藤だけの秘・・・だ。それしかない。


『あ私を裏切った。れも相手用していた加藤。


、目が真っ暗になり、そ場に座した、暫くし妻と付き合う前のた頃のが囁きた。


『悲貿しんでいる場合か。復っ殺。』


私が囁きます。

『い寿のお前に疑だけでやるのか。・・・証拠だ。い逃れ出来ない証拠を掴むんだ。』


直ぐにでも稿り倒したい感情をえ、まず証拠をる事にしましたが回の事警戒なか尻を出さい可能性も有と思い、から罠を仕る事にしました

--------------------

度、今金、土、日曜日と、息子は部活征、は友達

子供達には知らたく無いの、私の慢も長く続きそうも無かったので、の日か無いと思い。

「百合この間はごめん。仕の事でイライラて、変なをかけて。

「いいえ私こそ心配をかけてごめんさい。」

後ろめたい事が為、妻は俯いままです

急で悪いが、今週金曜ら いつもの釣り仲間と、2泊で釣りに行って来る。

気を付け

ああ、仕事を忘れて楽しんで来




しかし、これだけでは完全で有りません。どうし、妻から進んで浮気しているとは思えったからです。

らかので加藤されて関係を持っるとすればが留守にする事加藤に教えない可能性もあるとい、

の日 加藤話して、昨日電話を貰った時の態詫び、の話と趣味の話に持ち、今週末は、妻以もいない事を、それと無く告げました。

そのまで、妻を問い正したい、殴り殺したいという気持ちえ、悟られなを装うの気が狂いな程苦しかったです

--------------------

ついにその日が来ました。

私と2人きの時、笑顔を見せなくなっていましたが、妻が出勤る時けるえると、久し振り少し微笑みました。

きっと私と顔を合わせている事がっと辛かったのでしう。

から日は、その苦しみから放される微笑だったと思います

私は、車に釣り道具とラを積み、家を出てかレンタカーを借り乗り換え、サングラス、帽子、イバルフをって、殿が終るのを早くら待っている

は、では無く4時ぎにに乗り込み駐車場した


今までが金曜日ばかりったので、逢うなら今日しかいと思っいました、まだ何処か間違いで有っくれう望みをっていまし

しかし行をすと、妻は小さな公園の駐車場に止めがて加った黒まり

妻は、あたりにしながら後部乗り込んだので、私の微かな望みも絶れ、直ぐに怒鳴り込沿みたい衝動を抑え

い逃出来な様に、ホった所捕まえようと尾行ました。

ところが、気付かれない様に3台後ろをていで、で信号機に捕まい、不覚に加藤の車を見失ってしまっ のです。

焦る気持ちを抑え、

『こ先にはモーテルが4、5軒あるこに違いない。

して、全てのモーテルを調べまし加藤の車は何処にも有ん。

『あの時捕いれば・・・うなったも何も無い。車所で捕まえぶっ殺す

--------------------

全に切まい公園婿いで戻りましたが、そこに無く、代わりに加藤が止てあります。

が、らずに、1時間半程待ちましたがってん。

『今頃 加藤は百合子の身体を・・・。クソ

『しか、どうして乗り換えんだ。西行け所。

『小さい車と行ない所・・・。いや、家へ戻・・れも藤と。』

『そうにいな。今沿は家も帰て来ない。の車で加隠れて乗って行け近所気付ない。』

『し、いくら何でも百合子がが家へ男を入れる西うか。

なり古いのですが、敷地が塀が高いうえに趣味で結大き庭木があ、表かでは中の子が分からず

前にを止めてポットにナイれ、カメラ手にってって行く、玄関横の客間と、客間の横の部屋から廊下で繋が、離れに明かりが点

離れは私達の寝室す。

合鍵で中にり、カえて そ客間のドアを開ける、そは妻のと下が脱ぎ散らかして

あいつ俺たちで。許さん。っ殺。』

宿と憎しみ、嫉妬と寂しで体が震えて、ーに座り込み、

『2人とも殺すのかは ま愛している。それにの世でも一緒になられて。』

もしも加藤に脅さいるとすれば・・・・。を聞いてからも遅ない。』

し、加藤だけそう・不倫の証拠真だけでも撮っけば罪も軽くなるだろうか

気付かれい様に足音を忍ばせて寝室のアの前まで来中から声が聞えました。


よく聞こに、ドアに耳を当てると。

〜・・イ〜・・アッ・ア・気持ちイイです〜」

れ、百合子お気入りの、大きのバイ替えてあげ。」

ヒィー・もう・もう・ません・・百合子の・・大好な・チン○・くださいア〜ン・・アッ・ッ・んなしたら・ッちゃうー

「おっと。イクのいぞ。」

イヤー・・ヤメない

「何だバイブイキたかっ。」

「違い・オバイは・・ア・アッ・アッ・・合子は・・大好なチン○でイクー」

そうか、そうか。も、もうこれ遊ぼうな。」

私はまるで他人を盗聞きしている錯覚に陥り、聞き入ってしました。

「アッ・ッ・・イイ気持ちイイー・・アーン」

子、たら駄目だぞ。イッたは、百合子の大好きなチン○やらない。朝までバイブだけでいいのか。

アッ・アッ・ダメです・アーン・出来ません・・

百合は本当に俺のチン○が好きだなーしよし今入れてやる。・・だし尻の穴な。

「イヤー・・イヤはイヤです・・百合子・・マン・百合○に・・入れさい・・ア

「本当は百合子もの穴に入れて欲しいんだろ。この前は指だけでもヒーって、歓じゃないか。」

嘘ですー・・ろはイヤア〜調

だ。逆らて嘘を付に、この部屋ですのを嫌がっ

「アアン・ごめんなさい・・ごめんなさい・・アッ・アッ・ごめんなさい」

「最近に従順だったに、し振りに逆らっ仕置きをしないとな。」

ごめんない・・ア・アーもう逆いまん・ンコ○に・・子のにくい・アッアッ」

「いくら謝ってもだ。百なに駄々をるから、バイブを持っ来るのがやっとで、ビデや他の道簿って来だろ

「アア〜ン・めんな・アアンごめなさアン・・アーン・・

ら、ない様に百合汁を塗っるから、バイブを自分で持て、っと尻を突き出せ。

「イヤ・・ごめんなさい・アッ・・ア・・は・ア〜ン



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様