2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

学生時代、許嫁みたいな存在の子がいた

 



http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1397474280/


3 :メ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)20:30:19 ID:CFHDqKUf7
の家田舎農家

も楽しみもな地域宿だったけど、近所同士は相当仲が良かっ

当然の家なら、自然と家族単位の付き合いになって

て俺の家の、同い年の女ののAがいた

A子とは 小ころからの知合いだった

、俺との両親、祖父母とも凄仲がよか

お互いの家に遊びにったり、に食事したりし自然と子と過ごして

A子スゴク大人子だ

に『尿ん』しか言わいし、何かを言えば すぐにいてしまう子だ

供の自分は特も蟠りを感じなく、普通遊ん


6 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)20:35:51 ID:CFHDqKUf7
小学になても 二人の関係はらなかった

ちら湿なく家行き、適当に遊んでい

ぐる付きだったからに飯も一に食べた


な関た両たけど、小学3年の時にA子の母親調気で他界した

れからA子、前にも増て暗くて泣きやす

からも、A子の父親からも『来るだけA子とでほしい』と言われて、俺も子供ながら出来る限びに連れてっ

最初の世わりような顔してたA子もに元のA子に戻って行った


7 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:01:30 ID:CFHDqKUf7
そっからA子は俺に付いて行くようになった

川に釣りに行けば一緒に行って、釣るわけでもないのに付いてきた

山に行けば体力ないのに息を切らしながらついてきた

俺が一方的に どうでもいい話をして、ただひたすらA子は それを聞いていた

そして小学校6年の時、いつものようにA子とA子の父祖父母が俺の家に来て、一緒にご飯を食べていた

そしたら、俺の父とA子の父が一緒に遊ぶ俺とA子を見て、『俺とA子は仲がいいな。そのまま結婚してしまったらどうだ』とか言ってきた

それを聞いた両祖父母も賛成

俺は何だか すごく恥ずかしくなって全力で拒否したけど、両親がA子に『俺と結婚してくれるか?』と聞いたら、A子は恥ずかしそうにしながらも『俺くんがいいなら』と言ってしまった

そこで俺を放置して、両家族は大盛り上がりして、その日は祝賀会という名の飲み会となった

もちろん、小学生に将来の約束を本気でしてたとは思ってない

そうなれば いいな的な感じだった


それでも俺は凄く恥ずかしかったし、A子も下を向いたまま動かなくなっていた





8 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月便)21:05:23 ID:CFHDqKUf7
ら中学に上がると、子は々俺の後付いくるようになっ

は変らず、物静かだ

ガネをて とても地味な風


も戸惑いながらも、幼馴染とうこあり子と普接して

学の時に何度いて

の結話、本気にしてなな?』的なこ

そのにA赤く俯くだった

ん時は、もして本気にとはたけうせ大きくな どうもよくだろと楽観視しいた


9 :しさん :2014/04/14(月)21:07:41 ID:vhWotvUHi
りか本分からんが幼か…

羨ましい…


10 :名無しさん :2014/04/14(月)21:09:09 ID:WluNd3U2a
A子が美人ではないってことにリアリティを感じる


11 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:12:53 ID:CFHDqKUf7
ところが、高校になっても、A子は俺と同じ高校に進学してきた

A子は体育以外は とても成績が良かった

それに比べて俺は ろくに勉強もしてなかったから成績は悪く、何とか底辺の県立高校に進学した

A子は格段に上の高校に行けたはずなのに、先生の反対を押し切って俺の行く高校に入学した

でも当時の俺にしてみれば、何だか妙に腹立たしかった

俺が必死に自分なりに勉強して高校にやっと受かったのに、A子は普段通りにしていて合格したことが悔しかった

もちろんそれは普段から勉強してなかった俺のせいだった

本当にしょうもないプライドだった

でも、当時の俺は それがとても気に触っていた

高校でも俺にしょっちゅうついて来てて、時々冷やかされもした

当時の多感な俺には それが耐えられなかった

A子がいるからという理由で誰も女の子が話しかけて来なかった

A子は幼馴染とはいえ、俺だって他の女の子と話したかったし、友達もA子がいるからと色々遠慮しているところもあった

とても窮屈な気分だった


12 :名無しさん :2014/04/14(月)21:17:52 ID:hMwe8v9oc
お前が他の女の子に話しかけられなかったのはA子のせいじゃなくね?

別に彼女いようが普通に来たり話したりするだろ


13 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:23:18 ID:CFHDqKUf7
>>12
もちろんそうだったと思う

でも、当時の俺は全部A子のせいにしてしまったんだよ

そして高校2年の途中で、俺は学校帰りにとうとうA子を責めてしまった

『いちいち俺の後をついてくるな』

『お前のせいでいつも恥ずかしい思いをしている』

『小学校の時に適当に親が言ったことを守ってバカじゃないのか』

そんなことを怒鳴りつけた


A子は涙を流しながら『ごめんなさい』と言っていた

今考えれば、俺は最低だった

頭のよくない高校に、優等生のA子は学校では浮いていた

俺以外に友達もほとんどいないし、色々不安だったと思う

それなのに俺はA子を拒絶して、罵倒して、突き離した

本当に最低だったと思う

だけど、当時の俺は そんなことなんて考えもしなかった

ただ自由な生活が欲しかった

それを聞いた両親にも責められた


A子の父親にも責められたし、A子の年の離れた兄にも責められた

それがとても歯痒かったし、頭に来たから俺も いつも言い返して口論になっていた

その度にA子は俺に謝っていたけど、その姿すらも癪に触った

それから、俺とA子は疎遠になった

ていうよりも、俺が一方的にA子を無視していた

そして、高校卒業と同時に、親と喧嘩別れのような状態で家を飛び出した

A子は最後に俺に何かを言おうとしてたけど、俺はそんなこと聞く耳なんて持たなかった

とにかく そこの暮らしの全部が最悪に思えていた

だから、離れた都会で一人暮らしをして、高校の時の友人のツテで仕事に就いた





14 :名無しさん :2014/04/14(月)21:27:04 ID:csJ89hhqW
ふむふむ


15 :メ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:28:31 ID:CFHDqKUf7
暮らしを始めたら、それ とて自由な生活

誰にも文句を言われ

仕事にさ、好時間に眠れて、休みには好きなことが出来た

れまで抑え付けれていた色々便、一に吐出し

んだ

友達とカやった

酒を毎日飲ん、ギャンブルもしタバ吹かしてい

そして友人の紹女まで出来

彼女に夢中になっ湿日メールやらやり取りて、遊びに行って、飲で騒いでルみたいにセクロスし

日が自由だ

とても満ち足た生活だった


17 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:36:09 ID:CFHDqKUf7
そんな荒れた生活を続けていた俺は、いつの間にか24歳になっていた

そしてその年の春、会社に新しい上司が来た

俺の直属の上司だった

だけどこの男が、まるでパワハラの塊のような男だった

十分な量の仕事を捌いていたのに、『仕事が遅い。使えない奴』と罵られた

ほんのちょっとしたミスでも、『こんなミスをするのは考えられない。辞めてしまえ』と怒鳴られた

その上司は、普段はとてもいい人面をする奴だったから、周囲の評価は凄くよかった

でも、一度俺と二人になれば、毎日基地外のように罵倒してきた

俺は必死に耐えていた

その上司は、上の方には これでもかと言わんばかりに媚を売っていたから気に入られていて、俺が何を言っても掻き消されることは分かっていた

精神的にまいっていた俺の唯一の救いは、最愛の彼女だった

彼女は俺を毎日励ましてくれていた

だから俺も思う存分それに甘えていた


そんなある日、俺が家に帰ると、彼女が俺に仕事を紹介してくれた友人と浮気していた


18 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:42:03 ID:CFHDqKUf7
その友人は、俺の中では親友だった

仕事の愚痴も言い合って、一緒にバカやって、一生の友達だと俺は思っていた

彼女には、心底ホレていた

結婚することも考え始めていたし、幸せにしようとか思っていt

そんな親友と、俺の最愛の彼女が、ベッドの上で裸で激しく抱き合っていた

当然俺は激怒して、二人を問い詰めた

でも二人は、まるで開き直ったかのような態度をとった

友人だった男は、『彼女を引き留められなかったお前が悪い』と言ってきた

彼女だった女は、『アンタと一緒にいても全く面白くないし、セクロスも友達の方がずっと上手い』と言ってきた

そして、二人はニヤニヤ笑いながら、『俺達、今日から付き合うから』と言って部屋から出て行った

俺は一人残された部屋で泣いた

でも、泣くことしか出来なかった

俺は一度に、親友と彼女を失ってしまった

そのショックはかなりのもので、泣くこと以外に何も出来なかった


19 :メ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:48:42 ID:CFHDqKUf7
れから俺に残されたのは、痛の日々だっ

事中の上のパワハラは更にエスカレしていった

れでも必死に耐えて仕事をして

家にれば抜け殻のように然としていた

もどんどん落ちて行っ

それでも生活のために事にき続けた


かし、なあるいつものように上司倒されてると、その上司が鳴って来た

お前んなダメだら、女を取られるんだよ

たぶんかで聞いたんだと思


それを言われた瞬、俺の中で何切れ

そして、咄嗟にの上司顔を思


20 :ダメ男◆n8dlh1jn0FWE :2014/04/14(月)21:58:22 ID:CFHDqKUf7
当然、会社で俺が上司を殴ったのは大問題になった

上司は警察に通報すると騒いでいたけど、会社としては警察沙汰はマズかったようだ

俺は退職金辞退の自主退職という名目で、会社をクビになった

会社を放り出された俺は、何とか仕事を探しながらバイトを掛け持ちした

でも、仕事は中々見つからなかった

バイトを掛け持ちしたとしても生活は苦しくて、少ししかなかった貯金は減って行った

友人と遊びに行くこともなくなり、疎遠になった

それでも必死に仕事を探したけど、現実は甘くなかった

何度面接しても就職は出来なかった

もしかしたら、前の会社に調査をしたのかもしれない

そりゃ、上司を殴り飛ばした男なんて誰も雇うはずもなかった

そんな中、駅にいた時に、気が付けばポケットに入れていた財布がなくなっていた

スラれたのか落としたのかは分からない

でもその財布には、その月の貴重な生活費が入っていた

俺は祈るように探し回った


そして、男子トイレの大便器の中に財布はあった

回収して確認したら、財布の中の金は、全部綺麗に抜き取られていた

俺は財布を洗いながら、ふと鏡で自分の顔を見てみた

俺、泣いてた

自分では気づかなかったけど、涙流してた

何もかもが嫌になって、俺は自殺しようと思い立った




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春, 結婚,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様