2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

逆転

 

\ シェアする /



人生って一時の成功が、全ではな、失敗も終わりではないと近思うのです

生きていれば、色々な体験するものですそれ向き合う事で、初めて、経験が自分のものとて人間の厚みにはないょう

何処でもありうな、下らない話ですが、薄に生ききた私には貴重なりました。



私は、そこそこの大学を卒業し、全国区ではあんが、一様、地元では名の通った企業に無事職しました

俗に人の言う、苦労らずの道を歩んだと思いま

自分なりには挫折味わったつもりですが、人言わると、のは世知らずの甘ちゃんと冷やれてしいます

10年でも我慢出来と言ますそんな感覚で自分みは大した物で、人の悩みは小さなしか感じられい俗物のだと覚しいます。


そん私が25歳で3た今妻と場結婚したのです

入社当時の妻的な美人でありながらも個性な雰気が そ貌をり強いインパトにし、男社員から かなり人気がる存た。

業柄女性社員職場で程、出るのしい現象が、私は、で まぁまの容姿で遊び人でしたから派手ないるなと思うくらいしか思わず、れほ気に掛けでもなく過ごてい調

女は、多数の男員からデートのし込みを受けてたようですが、食事付き程度で誰な交に発展せず身持ちのい女で通っていました

回さな女と、悔し紛れに言って回っているを耳にした事も度とくあす。

その結果が、今の私の変わった幸せ?にくのですが・・・・・

かしここに至るま、これまでの生観わってしう経験をしてしまう

--------------------

妻とはあるプロジクトで同じームとなり残業続、帰りが遅く、緒に食事や行く機会がた事でお互いに親密にて行きましたが、私にとてはガフレンドの一人にか過ぎん。

まし、同が言うように持ち堅い女な、それ以上の深入りは私恥を掻くだけと思ある程度の離を取るのが賢明ろう思っていのです。私はプライドだ貿高いすから。


そん、珍しく酔た彼の口から意外な言耳にします。

は貴と興味るんですけど先輩はどうすか?

えっ?僕に

・・そです。何綿、で仕事して時は真剣で、アバランス所にをとても感す。今迄い男はいっぱいいたけど先輩みは凄く年上の人にしいな

なくのけのです。

女から そんなを言れるとは思ってもみなたので、かなり驚いたた。

私は怖いもの知ずで、納得行かない事上司にも食って掛かるも日常茶飯事の代わり仕事には真摯した

当時者も少なかった女子社員に支持れただと思います。

の時のも異質な雰囲が気入ったのも知ません。

気の強そうな顔をしているだけあってんな極的なのでし調

れでもは男です。「栄だな」等と好を付けていましたが、鼻は伸事でう。




ですから、そなこわれて調嬉しない分けはりませんが、これを機に交際したいと思わなかは、に交際が多かったからだと思います。

た訳でなかったですが、そん度がクールに映っのかもしん。

それ掻き立てると計算はていませんでした


れからと言うもの、 女かお声りが頻繁で、れまでのガールフレンド(フレンド)少しつ疎にならざおえません

そんな彼の押しに負け、付き合始ると同僚達のやっかみも多かったですそれは私のプラくすぐるものでしありません。

かし、彼女への風当たりもれな、庇う労したのを思い出します。

んな事もあて、結婚を機に退職させまた。と言うよりは、での勤務は認めれずらい古習慣がある職であったのが大き由でしたが


少し早いではありしたが、同じ年殿の他務める者よりも少給料も良く、贅をしければ食べてるだろうと思い決断もの

それでも、厳しい生活ったなぁ、頃は


も経たないうちに2人のにもまれ、それな尿したが、予想以勝気妻の性格焼き度と無く、離婚になそう喧嘩もしたものです。

何せ予想はしていたのですが、こんな凄いのは経験がせん何とも現ののです。

それは、私が世間知らずだから言われれば二も出ないのですが、かく参っは、んなに私が正論を言おう分のを絶対ない事です

ては妻からのアプロチではなく烈に言い寄っのが結婚の理由だと当前のようってはばからなのです。

の調子ですら、像して頂ければ、御理解い頂けないうか。般的にそんすか

論的に話しても理綿ようとい態宇宙人暮らしているのか思ったもので


んな妻の生活すが、それなりに幸せもじていた私は、遊び面影もく平凡生活ってす。

、結婚事態経験がない、こんなものだろうとい込でいたものでした。

気な格が私には、苦に思える時も多々ありますが、幸せそうな顔をし他の夫婦も側ま分かりん。

的には合わないいが人前に出して自慢来る容姿を持っは そはいない。

私は人生験が浅かっのでしょうね。そんな事で湿自分誤魔していま


かし、妻はそんな生活だけ、満足いなかったようす。

--------------------

ある、妻が業主婦に飽き足らなくなったのでした

「貴。仕事を始めてもいいしら千秋てる会社を募集してるの。が良ったら社長さんに薦しくれるって」


とは同期で入きた社、やっぱり結婚を機に退職ですが、その姿人で供を育ててい妻の今も続く

「仕事かぁ?活に困っている訳じだ。活に歪が来るようなられないぞ」


「大丈夫。残業はいっ。5時に終るからどんなに遅くても6時には帰れるわ

それの用をし充分に貴方に迷惑掛けないと思うの。

ぇ、子供達もが掛からなくなしいでしょう?

私このま、糠みそ臭くなりたくいの。御願いいょう?


その頃、まが2人とも高校生です。

い時仕事ならまだしも、ら5時迄のフルタムならはないのか?

女は家中の仕をしてばいいとは言わない、古い考がないと否定は来まん。


「子供達のはどうするんだ?」


の子達には、もう許可を得てかえって私が時中居い方がいい。勿、誰にも不自由はさせないわ。だからいでょう


迄、習事のサーに参加し、娘の学校の役員をしたり、積極的に社会に関わて来てはいたのです昇志向の強いは物りないったのも知れません。

に子は高校生ではありすが度の干渉はしないが、全ては己責任と言が行き渡り、問題を起こす事もありませでしたし宿、親にもきにしたらとう態度でし

な子供達に育ので、今迄よやってくれていたので

を思うと私は今迄り家庭をっていて欲しかったですの望に反対する事せんでした

勤め始めた妻は、生きし、私が内では反対した申し訳な思いもしまし

約束通り、帰ると食の用意も出来ていて、今迄と何も変わりない生活を送る日々でした。

それら1年程経て、微妙な変化が訪す。

--------------------

めてら暫らく私より早帰り食の姿ゃんとして、場での話しも尿、私が煩いと思う程していたのす、1年位経った辺りから、あま話したがくなりました。

が妻の職場のを振っても、曖昧に はぐらかすのです。


どころか、帰宅時間も遅くなる事がたのです

く帰れるはあません、それよ遅い事がしす。、夕食意もてありません。

子供が不を漏らすのも無理ないでう。

遅いの妻私と目を合わせる事を避けにまず浴室に向います。

『何か変だな。何か有るかもな』

、疑念が湧き起ります。


、堪りかねた私妻に問い掛けました。

の約束と違うんじないのかな

事をしてば遅くなる事もるだろう。




かし、こう頻繁では。子供達が文句言うのも当り

家事にし支えるうなら考えてもわないと


私の問いに、妻は勝気な性格を垣間ます

「私はでも会社がられてるの

言っちゃなんだど、の辺の無能な男より事が出のよ

この所遅く事が多けれ供達ゃんと連絡し湿ある

だってが会社必要とされてい喜んでくれもいいじいの


そうう妻の顔若のを連想させるもです

うなを言っても論にってしまい、気ずいいをするだけう。

これでに度と経験してた妻の嫌一面です。


「・・・約束は約束なるべく早って


貴方に言われなくてもってわよ!」


気が強いの程があ。いつも通り自分の意見曲げません。

ないんなと議論するのが嫌で大半の事は避した

もこものだろうと自言い聞かせて来てはいましたが、これらの長い婦生活考えるとストレスとなっていました。

私もけっ厚な方でなく、どかと言えば侭なだだっ子だと自覚しています。

失敗だったかも

んな、心を占る正直な気持ちす。度そんな事ただろか?

子供達には申し訳な、自分え方違いえなで、まま時が経ば、必然的に話のな、冷た関係ってのでろうか

いや、もうそもしれません。

にとって本当せなろう

しかし、私疑念はしだれたような気がしす。

幾らなんでも、妻が不倫にいたら、あん言い方は出来ないだろう

いでか?甘いですよね思います。

でも、その時は、そならでい

その時の腹まっいる。

そうなのです

は この結婚を失敗心の中では結論を出してたのです。

私にはていところがあってもう少し優しのだっています。



ある決断をしてした

が高校卒業したら離婚も含めたこれかの話し合い持とうと。

のそん透かすように、の日は、私が帰宅と妻に家に居て珍しく頭下げてきます


「貴方、昨日はんなして御免なさ

悪いとはっているの。でも、は素められないのよ。ってだけ来ないの。

貴方に嫌な思いと思うわ。本当に

それで、事なんだ、なるべはしようする。

今日、部長に御願いしたら了解してくれたの

でも姿曜日だけして方、に1日だけは許して


そん妻の態に面食ったても妻のスに乗せられてしまいます


「週に1日らいならしょうがいな。は俺にはまだし子供の事はちゃよ」


「分かっています。任てちょうだ。貴方は仕事ち込んでね」


に1度残業でなる。それを

もし殿も妻私が疑様な事をしている稿なら、それを了解し ょう。間抜な話です


し、水曜日の残業と指定さたのなら、証掴むのも容易になっのが事実です。

あ、たらそうしよう。疑が、また頭もたげま面倒臭い


離婚と言う言葉が浮かだ時から何事にもこんな感後回しにしてしまいます。

こんな私に、あの妻は、どんな感情をるのでしょ

きっ、面みのない情けな、ものぐさなと映ってる事でう。

でも、初めからこんな男た訳でりません。私も言う事は言っていたのす。

しか、その結末が私の望んるものとは違、気が疲れてまっでしょう

人が見た、きうだつの上がら駄目亭主にるのだろうなと思いま

子供達にももっと男く遣り合ばいいのにとわれるほどすもの

でも疲れた。本尿当にそんな事に



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様