2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

媚薬で調教された妻

 

\ シェアする /



私が43で妻が40だった1の浮を知た。

知っと言っても怪しいと感じた, その半年も前なので、自分の中を認たのが1年前と言た方が正しいかも知れな

一応 養子はないが、を看る約束敷地内に家を建てさせてもらっ養子と同じで、妻もその様な感覚

私がこまでし妻と結婚かっ理由は、はなが口元ロが、どこか男好きのすチムした厭らしい体を持ながら、そ姿とはく違て、お淑かで一歩って男を風なころに惹かれから

しかし, それは、猫をっていただけで妻の真姿では宿

て間もなく妊娠しの頃から早くも本性を現し始め、妊娠理由に何もせずに、お茶杯煎れてはくない

それころか、毎のようにマッージをさせる。

馬鹿な私は、結最初先輩にえられな、こは妊娠した事で神的なっいるのだと思ってわなかた。

子の娘がまれ、これで普生活戻れると思いきや、今度は育児疲れをに私をこき使

確か双子育児は変なので、これも妻言わるまま文句も言わ手伝ったが、それがいけな 

娘達が小学生なった頃には、私の意見など全く聞かなくなってい何でも勝手に決めてしい、私が口を出うものなら大変な騒ぎに


結局, 私はたって働て生活費運びも下がっての思退通りに行動していれば機嫌が良

やがて母が亡く、妻が義父の話をになたが、そんなでも怖いのか、義は炊事、洗濯、掃無くこなし、義父の前では私をとしてていたが

やはりこちに戻っくるところかも思ない尿度をとって

「どうて俺結婚?」

「専業主良いとたしを看くれと言ったから」

石に離婚を考えたもあった供達も可愛くて踏み切れな

いや子供託けながら、本当こんな生活変えが怖かったのかも知れない。



な妻に大きが現れたのは1年半前

幼い厳しく育てトラウマなのか父のは家庭を守る良妻を、子供達の事以外で外する事はほとんど無かが、

義父便が体調をして急に弱気になりに対も言殿わなくてかは 何かと理由をつける事が増え下着も化粧も明に派手った


も大きなウエーかけ、一見安いブのママのよう

特に父が入院してかは、それまでさえ付られていた石も取出掛けると綿ることも度で、

供達には義父の病院いたと説ていたが、その病院全看護での事い限り、例え家族も夜9時病室出される。

当然 浮気を疑最初は相手を調べて叩やるとさえ思った、すぐよう気持ちも醒めてしまい、静になれば、どうでくなってしまった。

れと言うのも 妻は好きで、大喧嘩し夜でクスだけは別だとばかに迫てくる。


特に 娘達が中学生になったらは、寝室のような顔をて文句ばかり言っていても、

一旦寝に入西晩のよ撫で声で迫ってくるり、が満足するまで度でてやいと、終わった後に「勤め果たせいのか」と罵倒さた。





それは私が仕くら疲れようわらず、ろうものなら口も利かなくなって、翌日の卓には嫌がうに私の物ばかりが並ぶ。


れが、外出が増えてから使は迫られることに減り、次第にセックスレス状になっいた

普通旦那なら こで不満を漏らし、を追及するだろが、れで良いとのだ。

のよ内面を知ってしまいくら色気があってエッチな下着で迫って来ても欲が綿湧かな

あれれ注文を付けれた、勃維持するのも一苦

必死に気に入りの女子社や近を思浮かべて、何とか奮い立たせた状態だ

しかし, そんも男としてのあり、妻に浮気されていと分かればってはおけなくなる

それで自の中で妻の浮気して、気いていな夫を演じてたのだ病状いと明されてい義父が入院てからヵ月で他界し、4日の法貿があった昨年の今頃

の妹婦がりで来ていにも拘らず、夜になって友と食事の言って赤いワンピスに稿替えて出掛けたので、浮気を疑えと妹かてしまった。

の者が気付いてしまえば、されても何も言えない情けなだと思われるのが嫌でけず、自でも疑惑持っている事を得くなまう

一旦 自分でしまと、あんな妻心穏やなくて興信所に頼んが、よくよてみれば浮気された悔しさよりも調べ証拠を、妻て強場に立てる知れない湿った

結局無く、揉めて最悪離婚なってしまてもいとさえ思ったのだ

証拠は指定したそのに取れたが、興信所は証拠を確実な物に、退もう少し続けて調べせてと言う

ホに夜時に入り来たのが午前1時

の写あって顔や車のンバーまでもはきり写っているの、これ上何が必要と言うのだ。2人がック湿スしていると言うのか。

退日に証拠取れたとに言ってきただけ、良心興信所なのも知ないが


写真見て、相手は誰一目分かた。

もそのの直属ので北という男なのだ

か奴奥さ寿妊娠中だと聞いていたのでクス出浮気しくなる時期だ

村は状態を、何度かてきてくれ事がったので妻との接点はある。

若い上に, 大学でサッーをやていていかも体力にはが有りそうだか、あい妻の相手調のだ

り道妻にョックを与えるのは、どのやり方なか考えが, 妙案が浮ない


れで、まずは2人付きいが程度のものなのか知ろと、まで興味も無かった妻の携帯を覗にす

帰ると妻携帯 めたま眠っていたので、そっと指いて取りげてると、一応ロックは 掛かってい退たが私をめ切証番自分誕生日そのままだ。

かしんな大雑把な妻にしては珍しくルはこまめに削ているようで、残っていた私が興信の人っている間にやりりされた、今日のメールだけだ


は帰て来たか

まだです。今日ると電話が有りました』

それなゆっくりメール切る。そしても昨日真美たな」

って、あんなのられたら。もうあんな物使わないで。』

「嫌本当に嫌だか?気よかった直に言っろ」

『気持ちよか姿でも怖いか。自分からなくなゃうから』

「そんな事を言て、本は思い出して濡いるだろ?触って確かてみ

『そい。濡らしかいま

嘘だ真美いる に決まっている。正直にわなと、もう逢ってやないぞ」

『正に言います明日逢っしています。あなたを思っていたてきてしまいました

「正ったって、逢うだけいのて欲しいのだろ?しいのなら、明日オマしてさい

『明、オンコして下さい

。明中にの家に行から用意ってろ」

もう家では嫌。夜逢って夜ラブホで抱いてしい』

「明日の夜用が有るし、明後日の夜は友達に会束を。その次の日の夜か妻の実家行くら、それならく我慢てもらうしかないな」

『分かりまし日用意して待っています』

「そよりも明まで我慢出るか?待ち切れずに今夜セックスするなよ。束を破ったら、もう抱いてやらないぞ

しませんに禁止てから、一度も抱かれていません』

本当か今までかれていなのは信が、濡らしていては、今夜辺り危ない

『信じて。なたわれた通ニーもしていません』

「そうか、いぞ今夜から、一度だ湿け逝かせてやろうか?

『オナニーしてもいいの?』

駄目だ。今からを掛けら、携帯をバブにしてからクリを剥て当てろ逝けらメー

逝きした

「やけいな。携帯のバイブをクリに当てただけでは無くて分でコも触っただオナニーは禁止してあったのに、れでオナと同だ」

『ごめんなさい』

「明日はお仕きだ


私は目を疑

こんな従順なではずだ

こんな、下手にばていでは無いはずだ。

知り合った頃のよ沿うにた猫を被っいるの




私はすぐに告げるのをや、2人為を見てみたくなった。

、北の予定を見ると、午後に大事な商談るだけで挨拶程度の得意入れない。

は出社てすぐに営業に出た稿、私理由を会社を出る。


離れた場に車置いて自かうと、案の定社の名前がった稿車があった

私の勤先を知っている近所のは、では私が帰ってい思って疑なかっことだろう。

この家の主であるはの私まるで泥棒のよう音をたてずに鍵を開け、ドアを閉めるにも秒以の時間を掛けて入って行った何処にも人の気は無い。


度は隣の父が住た家ろうとしが、関は鍵掛かっいてペアキーもていなので口にまわる。

の家、裏口の鍵がれたまになっている知っていた

殿音を立てずに細心の注意を払いながら摺り足でって行と、当の2人私の苦、ドタドっても気づかないほど大で、風呂でキャャといでい 


やめて、が濡れちゃったわ

「うる尿さい!どせ違お汁でしてくせに。俺のり方が帰るぞ

急にのトーンが落ちる

ごめんな。真が悪かったです」

あのが13才も年の若造に怒られ反発もしないで素直にっている。

れどろかように、自分のを可愛く真美と呼ぶ

が奴に迫り、上司の妻だという立場を利用してを続けと思 っていたがを聞く限りそうではなさそうだ。

とのセクスあったように、行為は我侭妻主と思っていたが、これもでは無い妬よりもその事が不で堪らなくび込んで行のをめて、もう少し様子沿うと寿った。


ほら、の方が乳首もンコもけてえて、裸よりもずっく見え

今日は下ます

、もっーションを垂らて、早

に話し声えなくなった近付いて耳を澄と、姿ャヌチャという音がえてきた、妻何をされてのか想ついた。

今日は時間がないら、洗いしてに移れ」

ここにはシャワーがないのでお湯を汲んでかけるがして、その音がと今度はチパチュパと棒の付いた飴でも舐めいるような音が聞こえてくる

っと唾液をめて激しく・・・・・もっと まで入ろ」

「ウッ・・大きいから・・れ以上は入らない


そのチュグチュとよりこえ

ウウ出したくなっ殿、何処に出せばいのまか?

「・・・・・・・・

使真美は何ためにピルを飲んでいる?」

「あたに・・・自由に使ってるよう・・・つで・・・中で出してもえるように・・・・・」

それなら何処に出いい?」

「・・・・・・・・」

聞こえい!

真美のオマンコに

「よし。団はいてあるだろ

えっ・・またあの部?あそこは嫌。こで・・」

昨日禁止してあナニ、あで 待!のお仕置きだ」

してお布団をいてきます。あのでもいいか、待て!の置きけは


が濡下着を着け身体拭きな飛び出してきで咄嗟にを隠した妻の慌てよを見て、"待てのお仕置き" とはか気なって仕方ない

し振りに見る下着張り付いた妻の裸れていと、西パンツを穿いた北てきたが石にサッカーをていただけあ、太腿とふくはぎの太さが目を

は暢に鼻歌を歌いな部屋消え行ったが、そこは十畳の仏間だ

にとっては好都合。

そこ障子の下がガラスにないて側の廊下から十分覗ける。

少し遅れて近付くと、妻の鬼気迫る声こえてきた。

「お薬はイヤ・・・・・・れを使うのて」

穏やかではなてて目けを出して覗い、妻の真ん中に敷かれた布団の上で、四ん這いの格好でじっと動かずに胡坐掻いてっている北村に、小さなビンに液体をンコに塗り込められていた

どうこれすぐいてくるだろ

「熱い・アッアッ・アッ・・・触っ・・熱いの・・


は お激しく振ってせが、北の蓋を閉めなら笑ってる。


もう触っ退もいのに、どんどんが溢れてくる

・・・アッ・熱いのちょう・・・早く・ちうだい」

入れてやるが真美。昨夜オナた罰として待て!。い?」


から入れた、私は他簿事を覗いるかうに、止るの硬くした。

での行為を引いているのか、媚薬と思われ薬が効いているのか分からない村が数回出しれしだけ、妻は早登り詰めようとす

アッッ簿・・アアッ・うイク・・イクイク・イク」

「駄。まだ待て!だ」



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, SM_調教, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様