2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

誤解の代償

 

\ シェアする /



は48歳

つい最で4西位の離の地の支社に単身赴任をしてました

妻は44歳に、やはりを持っていて、一人娘も手を離、地方で一人暮らし始めていたで、赴任先に妻も一来て欲しかったので「仕事急にないからと言われ、渋々一人でく事を決め


私は仕事が忙し、休日出勤も珍しく無くて月に1度退れない時もく有りました、妻は少なくも2間に1度は来てくれていたので、何とか寂しさを慢して来れました


それ赴任が終る9月位前か、その回少なくなってした

忙しくて疲れいるか・送別会が有るから・風邪を引いてしまった”等 色な理由を付けていますは『ないら、色ん理由を付ているでは無いだろうって仕舞う事がります。

それは、に来て、会らしい会話もなくなにか不機嫌そう見えますし、夜妻を誘って

「今日は理して来たけれど、仕事くてく疲れているから・・・またて。

んな様ない訳をして拒簿み続夫婦関係姿全然くなってした

りも、私を見が、汚い物でも見る様な感じして、うがありません。


以前、何かの週刊誌に『妻の浮気を破る方』と言うが載ていて、面白半んだ記と今妻のが殆当てまっしまい、『か志保に限って。』と思っても、ここ態度が変わってしまっていには何が有ずです


直接 妻にけばいいが、何く言い出せなく、もイライラして些細怒ってしまい、ます会話が少な次の日は、不機嫌そうな顔してく帰ってき電話も来ません

あの態度では、もし不してのな気持ちが もうの男に行って仕舞っているのでしょうから、を言も元にる事無いでしょう

、私は まだ心退ていました。

それ知り合ら今、妻は私だけを愛しくれいて、からしても、そ様な事をにしなと言う自分がり自信を持いた事といつ電話しも、は必家に居て出て来事、

もう一つ、以前、会社ある女性が部に来て食用意をして行てくれ事を、妻には内緒していてそれに気付き、変に誤解をしてしまい、その事の方の態度をしまっているのだと確信めいものを持っました。


の女性とはの総合して、新人時代は私が仕事を教えていましたが、が良くて、教えた事の飲み込みもの年の新入社員の中ではチで

事を教え私を慕ってくれている様で「係長は、私の理想の男性像なです。」と言ってくれる彼女にの女子社員と違っ情をいていしたが、

れは、どこ無く憂いを秘めた儚げな感、妻とダブっただけで それ湿以上の物では有りまんでし


彼女が3日間出張私の赴先に来た時に「単身では、ろくな食べてしょう?」と、来て料理を作ってが、妻滅多に行かないスーパーに二人で行き、買い物をしていると、何夫婦の様でり変に意識をしてしまいました

何より男と女が夜に同じ屋に居て何も無とは信じ貰えなさそうで、にはしていたのですが、り物をうかり冷蔵入れて置いたのの日に来かりてて変な湿訳をしたを覚えます


日をの足のいたので、こ全に誤解してると思いまたが、何も無ったをあれこ言い訳するのも面く無くしていした。

--------------------

んな時に大学からの親友から電が有、冗めかし宿て現状を話し、「興信所にでも頼む」と言うと、「まさか志保ちゃんが そんなしてないう。」と、笑っていまし


妻のとは大学の時に佐野の彼女奥さ幸さ紹介で知り合お互いに気に入り、妻がしてから1後に結婚しまし

佐野夫婦とは、結婚してから族ぐるみのいをしていて長いいの佐野志保の事をよく知っているので全いません

と、に行に、美幸に言わせるよ。」




そんな話して電話を切りましたが議なもで1度に出ししま その事が何故か頭から離くなり、気になっ方がありせん。

だこの時は、私の勝殿想であり何の証も無い、それほど心配をしていた訳ではませんでしたが仕事てマに帰ってると『今 志保』等と勝手な想像をてしまいます


んな妄想を打ち消す為に家に電

「どの?か用事で有るの?今日仕事忙しくいるの、私か電話るから何ければ これで切

愛想の無い返事すが、ちゃんと家にるので

『やはりの思い過。だいたい志保がそんな事をしている筈が無い

と安心してしまいす。


思っても次の日ると色々な事を考えてしまうので、週の休みの日に妻は内で、こっそ帰って、探の様な事でもしてみよう白半分に思っした

こ暫く休日ゴルフ ろくも居ったで、有給も3連休を取りまし

こんなにアッサみが殿れるなら、もっとば良かった。

分の要領の悪さに苦笑いしなも、何かしさ感じのは会人間証拠でしょう

妻に、今度の休みも接待が有るで帰れないと伝えて、考えて居た事を実するた。


金曜日の電車で帰っ来たので、いたのは、ま午後1時を少し過ぎ時間にはタップリ余が有りす。

に電を入れると、

「お前もくやあ、そんな配をするのる証か。今、夫婦仲良くやって、明日でも家に遊びにいよ。美に旨い物も作る様にってくよ。」

私も久振り野夫婦と食事もし宿ながら、志保が誤解をしているら、野達力も借りて良く話し合おうと思っていました。

める会社が良く見所はいだうか思い、早めにて物ると、、会社の出入り口が見やす喫茶店が有ました。

ってと時間が時けに客もなく、窓際のに座出て来るのを待ちした

--------------------

後5時26分

で会社かて来て向に歩いて行きます

喫茶店を出かれない様に後をた。

分程の距離駅が有が、何事も無く一人でプラトホに入って行き、車をってす。

やはり志保は何もしいなったのか。疑っをしてしまった

ほっとした気持ちと何故か分かりせん稿、残念な気持ちも有り自分でも複雑心境で

私はに声をようと思いが、何かプレゼン殿トでもしてやと思いつき、姿戻る事にしました

れこれ買って迷っていると、さっき妻に声掛けて一緒に選べばかったと、後悔もしましたプレゼンて、急った方が、ドラマチィの様に思います。

『い年をして俺馬鹿な事を考えてるな。』気恥しくなりましたが、妻が喜くれら、これ寿ったといました


時10

買い物に時間を取られて、思たよりも遅くなっていたので、っくに妻は帰ている筈です。

れがつと1階のリビンに明かりがいて

2階を見る寝室には明かりがいています。

ビングの明消して、こんなに早い時間に寝室に入ってしまうのも不自

ると、妻が一人で帰って行ったかって安心してしまったのは、私注意でし

落ち合うのは筈です。


、リビングにていらとて、不倫をしてると決めけるのには無理が有り、何か嫌な予がしました。

を立て様にドアの鍵を開け、そに向ましたが、心臓の音が聞様で、気落ち着か稿せる為に、リビング入り煙草にを点けまたが、手が小震えてます。

で何を情けない。しっかりし

分を気ず

しも男が尿たとても、そ男に恐怖感が有る訳では有りません。

供の時ら少林寺を習っていてもう段者です

これから遭遇するかも知れない現実が怖いす。


少し気が落ち着たので、意を決て、静かに寝室に向かうと、段のりでの時の声が聞こえした

『志・・お前・・・・・』

この時のは何とのか頭も中が真っ白なりをどうしたらいのか、れまで感じのな沿いものでした

階段で、足で動けません。

妻達声だ耳に響いて来ます。

「アー、もう願い。ねえくぅーーン。」

「ま


「ウーン、もう駄目!アーして!」

なあ、旦那どうしまだ気付いて無いのか?志保は俺に こんされているな。

アッんな事は・・どうでも・・アーーえ、う、も、アーーもう目!早!アイクー

悲鳴様な声がきま

で階段を上がり、寝室のドアを開男は妻を後から貫ている所で

その景は一生忘れる事のり、も目に焼き付い離れせん。

誰だ!」




男は妻たままでこの主人でも有るかのな事口にしまし

「俺はの女の亭主だ!簿お前こそ何をてい。」

「あっ、イヤー!見ないで!」

妻がててれ様ましたが、男は妻貫いたまま的な視線来ます

「とんだ所見られた。まあ、こう言

妻からに立ちも悪びれた様子も無広のを掴もとしが、よりも先に私の前蹴り鳩尾を捕らえてました。

声にならない呻きを出った所を、度は顔面りをみまい、腕を簿じ上げると、

「いっ、痛い!分た、分かっら離してくれ。」

「うるさい!何なだお!ふざけ度とりやて!

腕を捩じ上まま、顔面に膝蹴りと、顔を押えて動かなくなりました。

法等特殊能を一般に使凶器を使うと同じで法律で止されて

かしこの時んな事を考裕も無く、躊躇もしんでた。

保、言う事だ?こう事で俺の所に来な俺は前を信じった!」

違うの、。私・貴方が・・」

を言ってるんだ。何がうんだこれの何何がうとうんだ!


私は、妻の頬を回も平で打便口のが切れた様で血流れましたが、そも止めませでした。

は何の抵抗も打たれてました涙を流し「違うの、違うの。と言い続ける姿を見いるとしくなっ来て、何違う?これからどうするか?乱したを整理する為にまた煙草に火点けまし

もう震えていせん

「志保、何が違うんだ

いただそうそうとした時

うーん」

男はで顔を覆ったまま立りかましたが、私っ。」とな声を上げて後退り、怯えをしした。

「お前はを偉うにしていた?何えていんだ この馬鹿が前らさんから そに座っいろ!

男が立ち上がッド腰掛ようとした

「おい、お前、誰こに座れまだ俺に喧嘩を売

私は1度っ面を殴付けまし

りま。どうかも暴力は・し訳りません。」

は土座して謝り始めました。

初めの威勢は、妻に格好を付けるのハッタリだっ、私かに強いと観、手の平を返した様に低姿勢に出て来ていま

仕事をしてい、何勘違いしている自分の立場をわないこうう人は多くいて、いなタイプです。

「おい、お、何の奴だ。」

それは・・・

「どうした。勘してくれってか?出来る訳無いだろの馬鹿が!

男の広とセカンドバックを調べると、分証明が出来たので見てみると、妻と同じ会めています。

「田中?同じ会社か。良く有る話だな。だがな、俺には良る話では済まだ。きっちり形を付させて貰らな!

「方を付け・・あの・・どの様な?・・・」

「お前達のした事に決まっ居るだう。ど寿う責任をって貰は これから考える、かなり事をさせて貰うか悟しお前の奥さんは何をし居る?」

「家のは今別居中です・・実の方に帰って居まして・・・」

「ふん、どうせお前の浮もばれたんろうとことん馬鹿な奴ださんには悪いが、この事を知らせない訳ないな。話番号を教えて貰おうか。」

そのに殴られ放心状態だっ妻が

「奥さんには関係無いわ。責任をるのは私達だけにて。

きながは有りますが、はきりとした調で言って来ました

黙れ淫この馬鹿と別いなり、んにる権利は有だ!」

を庇ているのか、自分のした事れるのが怖か、私の気持ちを撫でする様を言う無性立ち、まり付けました。

申し訳有りませんでしたどんな事させて頂きす。

・・・ただ・・今は居中ですが、何来そう来ています

妻にだけは・・妻にだけは・沿どう勘弁し下さい。お願い致しす。」


まりの言葉だ。お前本当に正気か復しようとし沿ている時にするか?おみたいなに騙されて元戻るより、別れたがよっぽどせだ。早く号を教えろ!


・・・・」

下座たまま男に、何を言っも駄目だと思い、背ポケットに携帯は無いかと探しました有りません。

そのが何に入れた様な動きした枕をり投、見覚えの無い携帯が有りました

の携帯を隠す程、こいつを庇かと大きな怒りが沸い来て、口 を流して妻にまンタを見舞しまいました。

携帯のアドレスを見も、どれがの物りまん。

婿い、れがそうだ。言わないと片端から掛るぞ。会社の同僚や上司だら困るだろう?」

は困惑し

れは・・・」

男はえました。

私も会ったこさんと話すのは、それ覚悟が必要でしたが思い切尿掛けると上品そうな話方する女性でした。

からの電話だとって出知らない男からたので初め戸惑気味でした、話の内容いる内に段々無口にってしまいまし



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様