2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

鬼畜

 



酒を飲ながら、昨い出していま一人で過ごした侘しい正使月を。


婚して妻のに入りました。

それは、妻が高校3生の夏にが急死して母子家庭だに、妻の母と妹経済面えての事す。

字こそ変えなかだけ婿養子の形ですが、も妻よく似てて可愛母も妻を1歳ででい麗で、父親と兄2の男所帯だった私には、居地の良い生でした。


の後2の子にも恵まれ、妻は子てとパートで、明く元杯の生活を送ってたのが、の子供が幼稚園の年長になった時、ら帰ると妻はく元気が有りまん。

か有たのか?」

あなの結まで助けてもらったしたに私家族背負わせて来てい辛いのですけど・・来年・・・・大学をてみ


、驚ましたが、の死によりの事も考えて進学を断念して、計をける為に、の勤めている会社使に就職したとい緯があります。

「裕も子育やパートって俺は構わない母さと言っている?

今ま上に、子達の事で世話をける湿ろうから俺より先ずお母んの稿可を得れば」


「実んには既に解を得ていの」


それなら俺は賛成だ。けよ。そうはって合格らのだが」


本当にいの?た、ありがとう。

小学校の教師簿のが供のからた。

でもおさんが死んだ時に諦ずだった。

パートは辞めてしまうけ、大学をしたえ教師理で熟の師でも何でもしてすから」


私には趣味だと言って暇をては、勉強続けいた夢をて切なかたのでしょう。

の日からが始翌年、妻は見事32歳の大生になったです。

尿校の勉強かりしていたらしく、私と付き合うまで遊びを殆ど知、化粧や服装も地味だったのでは女子大生になわらず、ただでさ一般よりも歳回り違う妻が、浮いた存在に成いないか心配でした


「友達は出来ないか?

には一にお茶を飲むと、食事をしてるとかの付き合いはらどうだ

それに、もし流行の服を着た方が良くない

その位の余有るだ?」


「友達とうか、仲間みたいな子達は何人も出来たけ、そな贅沢はきないわ。あなやおんに、これ以惑をけたくな


は、逆の心配をする事になるとしませした

れと言う、2年生過ぎた辺りから、妻の容姿が どんどんって行っです

を長くて明い色に染め、粧も派手った為見た目5、6歳は若くなりました。




服装も若い娘が着ている様な物に変わり、その上、合いだと言っなる度々で、子供を母にせて休日ける事もりましたが、若い時に苦労させた負るのかは何も言いません

私も、ただでさえ7歳も若が更に若くなり、可愛くて仕有りませした。


かし、3年生になるに派手になっていき、身体のラインを調した服や、今パンティーが見えそニスカで穿きしたの、流退に放けません。

おい34で そのスカー短過ぎない?それにそのの大きさを強調た服は何?裕子は人の子供母親だぞ


?ミニスカなん今は40代の奥んだて穿いているわよ」


も短ぎるだでは少し屈んだだけで見えてしぞ。裕子は変わったな。沿だって、まるキャバクラ姉ちゃんたいだし」


似合いると思どなー。それよ、キに詳しそうだけれ行った事が有るの


妻は今って青春を尿してる様でし

そのも妻ゼミンパなを理由に帰宅が遅くなる事が増えて行き 

なある日、飲み会くなって電に乗り遅れた私タクる途中、我が家00メートルほど離所に止いた、白いスポーツーから妻が降りてくるのをにした。


さい。教授も交え仲間と食事をしてが盛り上がってしまって、かり帰りが遅くってしまいました」


うか。それで、どうやってって来た


終電にり遅れたのでタクシーって来ました。贅沢をしてすみ


妻が平然と嘘を吐湿簿した

妻に限出来るはずは無信じていたは、この、まだ妻を疑う尿持ちなどただ嘘を吐を立てていました。


。最近はツードアのツタイプのシーも有るのだな」

残して寝室に行く後を追うて来た妻の目には涙が光っいます。

「ごめさい。嘘を吐きました。本当はゼ仲間に送ってもらまし


「誰


・・清。で変な関係では有りま。3ってもって、たま後になったです


本当か?本当は2でホテルに行りして


私は疑っもいませんでしたが妻の方が男に送ってもた事いるうだったので、からってみると妻は声定しました。


「ホになんかません。彼とは その様ではりません。を繋いだ事も有りません


初めて聞いた激し口調で、2人で会っいたのではないかと勘ぐりましたが、妻性格や同級生だとする彼と歳が10歳以う事を考えれば、変な成るまでは考えられず、仮に2人で会っいたも、遅春を少楽しんだだけだと、多少大見る事いました。


し、の後回数は減っものの日が有り、1週間ほど経つと何故か私合わさなくって会話も何かと理由を付けてセックスも拒むようになって行た。


更に1ヶ月た頃には私と同じ事すらるようにてし、私まで子供の部るので、2人時間は殆有りせん


「どうを避ける?毎日毎機嫌そうなして。何が有ったらはっ言え


避けいません。それに何も満なんて有りませお願い・・・・


のお願いとミで旅行に行くた。

が目撃しの彼じゼミだという事この事を私に言い悩んいた また勘違いしてしまい、これ以前の様な明る妻に戻るのなら、教授や他の生徒も使、2人だけで訳では無いのからと許可してしまい


しから帰った妻明るくなるどころか、に私を避けるよに成てしまいした

くら鈍い私でも、流石に何か有るのでと疑いました

(妻何か有る。浮気いや妻に限てそい。それなら何だ?った俺を嫌いにのだろう

私の葛藤が続き、仕事中も考えてしまようになてしまい、身調子が悪いと違いた上司や部下から心配されたので、きりさせようと早退させてて、大学の前に車止め話しまし


こんな時間に、どうかしましたか?」


「あねた事が有る。お母さんや子供達は聞かせたくないから、ら会えないか?


来てを告ずに言うと妻は何か察したらしくすぐ返事が出来沈黙が続きます。

「実は、ゼミに資料を手伝しい言わていて、今日は少し遅くなります終り次第帰りますか話はでは駄目ですか?」


が嘘をいてると感じた私は、その場で妻が出て来るのを待っていると、白いスポーツタイプの車が横を通り過ぎきました


その車、見覚えの有る大きなステッカーが貼って有たので、だとのですが、ンドウは黒く中く見ませ

もしかすると、妻が手席に乗っているかも知れなと思い、うと駅前のレスに入って行っすが予想に反してて来真面目そうな若者1人だけた。

(待ち合わ?)

どちらにしても普帰るなここの前の道るはずなので、その若者の後ろの席座ってコーヒんでると、後ろ声がしました。

「清じゃないか。今日はこで裕子奥様とち合わせか


「俺は別に・・・


隠すな子奥様付き合ている事は、う皆が知っている事だ」


なんて・・・・・・・・


なって。こ人で行に行ったのドラ清水と子奥様を見掛けいる。その夜、つが貸して欲しいCDが有ったの、携に電話うだが、出なかしいな。裕子奥とアレの中だったのか?




するともう1人のが。

「何も知らなかったので、電話してして悪かったな

実はその後に出いので何かたのかと心配で宅に電話してしまった。

とお袋さんが出、ゼミで旅に行っているゃないか。

じゼミな調に俺だけ退と思っ、慌てて こいつに話したらも2人だけのゼミ旅行と聞


え、血の気が一気引いて行きました。

までに味た事程の辱感襲われ、この清に対意すら覚えま

かし、そんな私の気知らない若更に私を奈落の突きような話を続けま


「裕子便奥様はだ?


「どう、何だよ


「セクスに決まっているろ。あのムチム身体では、2度や3度逝位では満足しないだろ?


「・・・・・・・・」


「俺以前人妻と付き合っていたが、にセスがいので別れ尿い男は、続けて度でも出来ると思っている。人妻は たに、裕子湿あの身湿行なんかった、朝せて貰えなだろ?らいさせら


「俺は、そんな・・・・・・」


俺達の仲でても綿ないか。様の、オマンコ締まり具合はだ?


「俺はあのポッテリとし唇に興有るなんなたら、そで何度でも出し しま。当フェしてるのだろ?


俺達調に・・・・


「ここまきて隠すな。噂では清水だっと聞いたぞ。最初が人妻で良かったじないか。おろしは、ている女にリーして貰う。精々卒に、裕子奥様に色教えても


立っも居られくなり、らの振り向いて睨み付けした、丁、妻てきたの彼らも一斉に入り口を見たに、私が睨んでいる事には気付きせん


「おっ、裕子だ。今からラブホか?それにしても、あの太腿堪らな


「あんな澄まし顔をしいて、あのどんな声を出すのか、今度ゆっり教えてくれよ。さ、邪退散するか」


2人の若者は妻に軽く頭を下げると、厭い目付きで全身めるよながら出て行きました


「待しまてごめんない」


「メルに、事な話いてあったけれどかさないでよ」


実は・・・・・もう2人は会えない。私辛いの。」


「ど?俺事を嫌い?」


「そうじゃな。でもこ上主人調吐いて、裏切ている事が辛いの


私が何か付い、彼と関係を清算しようと思ったのでしょう。


「俺り旦が好きなんだ」


「困らせないで。主君に対すいは違うのには供だっ


駄目だ。何を言ても俺は別れないえ嫌いになっと言われても


「違うわ。私は彰が好き。でも主人とはれられないの。この2人共不幸る」


の言葉方が好も子供の為に家とるとえます。

以上聞いていられず席をつと、人のテーブルの前に立ちました。


「あな

っ・・・・・


子、無くても俺から別れてやる。の事も、俺てるから心配。おい、清水とったな俺のを壊した責任は重いぞ。一生纏わり付いて、潰してやる」


う言い残て車にと、涙を流しら止めようと振りて家に帰りましたがには負け犬の遠吠ええたかも知ません


さん、どうしました?こんなに早


の問い掛けにも答えず室に行く彼にで送てもらたのか、すぐに妻が入て来ました


なた、ごめんなさい。許して下


泣き下座しまたがせるはずが有りん。


「許す?許せる訳が無い。今有る通と印鑑ャッシドを全て出


許して下さい。お願いですから話を聞


「まず俺のったを先にしろ


私は妻が出してきた物全てをケッに入れした。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, これはひどい,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様